米国ナスダックマーケット05(木)

コメント(2) (0)

110501.gif

米国ナスダックマーケット05(木)

                        

THE WALL STREET JOURNAL

REUTERS ロイター・マネー 

Investing.com

日経米国株概況

            

chartmark.jpg

                                                 

ボトムスキャン ・ マーケット開始2分後の表示

1105BS2.gif

ボトムスキャン無料ユーザー登録 で 1週間無料トライアル 基本メソッド

           

    

           

ロングサイド

              

 

 

SAVE1105.gif

SAVE +360ドル

1000株単位銘柄なので、まずは利益確保。

スピリット航空はアトランティックシティ、ラスベガス及びバハマを目的地とした娯楽のための旅行パッケージを提供するチャーターツアーの運航社としてデトロイトを本拠地に、チャーターワンとして1980年に設立。米国、カリブ海とラテンアメリカの56の目的地への300以上の便を運航している。路線ネットワークは、北米、中米、南米、カリブ海地域全体で56空港、約151の市場を含んでいる。アルバ、バハマ、コロンビア、コスタリカ、ドミニカ共和国、エルサルバドル、グアテマラ、ハイチ、ホンジュラス、ジャマイカ、メキシコ、ニカラグア、パナマ、ペルー、セントマーチン島のほか、プエルトリコなどへの運行サービスも運営している。

 

 

GOOG1105.gif

GOOG +480ドル クアトロセットアップ   

本来50株だけど、値幅の少ない銘柄なので100株。 

グーグル社(Googleは)100以上の言語で50以上の国、地域と地域でその製品及びサービスを提供。インターネットのデバイス画面で、パフォーマンスの広告やブランド広告の両方を提供している。パフォーマンス広告は、広告主と利用者間で関連性の高い広告を作成し配信。ブランド広告は、様々なデバイス間で実行、動画、テキスト、画像、およびその他のインタラクティブ広告を介し、製品やサービス、ユーザーと広告主との親和性を向上させる目的で提供されている。

   

 

     

ショートサイド

   

 

 

239d295c913b6a5479cc6786e311402dbda23f9f.gif

QCOM +3110ドル  クアトロセットアップ

ハイローバンドがトレンドライン。

見事に下げたQCOMがスマッシュヒット!

クアルコムは符号分割多重接続(CDMA)技術を応用したワイヤレス通信機器開発、設計、製造、販売。さらに技術サポートなどのサービス展開。携帯電話、データ通信、衛星利用測位システムためのCDMA端末用モデムチップセット、RFチップ、パワーマネジメントチップ、ソフトウエア、テスト機器を携帯端末メーカーや通信事業者に提供している。メインとなる製品は、モバイルデバイス。ワイヤレスネットワークで使用されるOFDMAなどの技術に基づいた集積回路やシステム・ソフトウェア開発携帯電話の普及が追い風とな成長過程にある企業だ  

              

             

            

ロングサイド銘柄は +840ドル

ショートサイド銘柄は +3110ドル

                         

マーケット開始後2分の時点での

ボトムスキャンのパフォーマンスは  +3950ドル       

             

       

米国株式市場、ナスダックの日足は下落、ダウはDOJIで終了。

雇用統計の発表を翌日に控え、警戒感が広がり、米連邦準備理事会(FRB)による年内の利上げ観測とあいまって、マーケット開始直後は軟調でスタート。

だが米連邦準備制度理事会(FRB)が短期金利をゼロ近傍に据え置く一方、12月会合での利上げの可能性を示唆した後、マーケットは急速に上げ足を速め、日中高値を更新する展開となった。         

                 

            

 

10銘柄全てにエントリーすると?

1105BS2.gif

      

ロングサイド・クイックマジックで5銘柄 +550ドル     

DXCM -170ドル

MAR -60ドル

FTNT -60ドル

SAVE +360ドル

GOOG +480ドル

    

ショートサイド クイックマジックで5銘柄 +2860ドル

QCOM +3110ドル

KHC ブレイクイーブン

CHTR -110ドル

FOXA -120ドル

DLTR -20ドル

    

両サイド10銘柄で +3410ドル

     

2本目が反対サイドに動いたら次の足の頭で手仕舞い。   

ルールをシンプルにするため。

慣れれば、カットロス幅を150ドルあたりにしてもOK。 

                  

  

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(2)

更新おつかれさまです!

QCOMすごい下げたんですね~
自分もちゃんと入ってたのに、残念。

先生のSAVEの手仕舞いの判断に

> 1000株単位銘柄なので、まずは利益確保。

とありますが、1000株単位のものだけ
何か特別な理由があっての事なのでしょうか?

いろいろ過去の記録を見たところだと
目標利益が関係してのことの様な気もしますが・・・

差し支えなければ、ご教示いただければ幸いです。


※こちらでこういった質問をしても大丈夫でしたでしょうか。
問題があるようでしたら、今後はメールで質問させていただきます。
どうかよろしくお願い致します。

1000株単位銘柄というのは、目視での値幅が、計測してみると意外にあるケースが多いのです。

この場合も4本目のアタマで出れば、400ドル近く獲れる可能性が高かったわけです。
ですがこの時点でロングサイド銘柄で十分なゲインのある銘柄は皆無。
そのためまずは利益確保のため、手仕舞いする、という作戦はよく使う手です。

質問は大歓迎。
出来るだけ多くのトレーダーへの、情報のお裾分けも出来ますからね。

QCOMはずっと見てましたが、1本目でレンジアベレージ越え!
ナスダックは、日本株と違ってストップ高ストップ安がありませんからね。
なので、こういう風に獲れるわけで、あんな無意味なルール止めればいいのに。
トレーダーは稼ぐためにマーケットに参入しているわけですから。

コメントする

2015年11月

« 前月 翌月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ