カテゴリ: 感想報告

以下のようなご質問をいただきました。

エグゼキューショナー ・パーフェクトマスターセミナー参加を検討しています。

いくつか質問させて下さい。

①トリプル・タイムフレーム・クロスと呼ぶチャートシステムとは、セミナー期間だけ使えるのでしょうか?

このセミナーは、デイトレードネットのチームの一員としての参加を希望する人をメインの対象としているのであれば、このチャートシステムの使用も限定的なのでしょうか?

(チームの一員にならないと使えない)

1・差し支えない範囲で参加された期間・ご自分のトレード歴・参加に至った動機や背景。

参加したのは5日間 トレード歴はHLBGPがシュミレーションで約1年 イントラデイがシュミレーション、実トレ合わせて3~4ヶ月程度です。

参加の動機はコマンダーの視点を知る事、このトレード方法ならやっていけると思えるトータルで勝てるトレードの兆しを掴むこと、後は1日の時間の使い方、リズム、神戸の住みやすさといったトータルでのエ グゼキューショナーの雰囲気を知る事。

  

  

2・トレーニングを受ける前の印象と、受講しての印象の比較、具体的に違っていた点。

そもそも負荷をかけるのが思った以上に難しい。

コマンダーの銘柄選択が優れているのが分かっていても、チャートを見て躊躇してしまったり、執行銘柄と注目しておく銘柄の違いが自分にはよく分からず、執行遅れ、未執行になることがとにかく多かった。

 

 
3・受講で勉強になった点、得たもの、収穫、判明した問題点などもあれば。

頭で分かっていても執行と絡めると上手くいかない。

複数保有で負荷をかけながらだとなおさらでした。

要領が悪い自分には治すべき部分がたくさん分かってても、一個ずつ確実にネガな部分を潰して行くの が合っている気がします。

 

  

4・一人でのトレードとグループでのトレードの違いや、感想、メリット、デメリット。

一人でのトレードはモチベーションの維持が難しいと思います。特に負けている時。

グループでのメリットはモチベーションの維持、努力がしやすい環境を構築できやすいところですかね。

専業でやっていくという志高い人が集まるので、向上心を煽る刺激をビシビシ受けます。

コマンダーとエグゼキューショナーという視点では、どれだけ同じ考えでトレードできるかだと感じました。

ルールを守りつつ、マーケットのトレンド、利益等によってコマンダーが意図してる部分に柔軟に対応す  るのはなかなか難しいと思います。

今はトレーニングで負荷をかけて欠点を表面化させて、検証、修正していくことが目的なので、どうしても そう感じてしまうのかもしれません。

 

 

5・銘柄の複数保有についてのご感想、問題点。

入ってすぐに利益が出始めればストレスも少なく管理しやすいですが、逆に動くと個別のプロフィット、フォーメーション、ユニットトータルでのプロフィットを考えながら管理するのは今は難しいと感じました。

負荷をかけてトレーニングを積んでいく中で慣れれば、利益というメリットの割合の方が増えてくると思います。

 

 

6・トレーニングでのトレード中のストレスや楽しさ面白さ。

せっかく早く多くの情報を得られているのに上手く生かせないのはストレスでした。

 

 

7・ご要望・ご希望

コマンダーとエグゼキューショナーのずれを少なくする方法が確立されてくるとより早くパフォーマンスは上がってくると思いました。

特にマーケット半ばや後半になって、今までエントリーした銘柄もチャート表示しておいて高値抜きしたらエントリーしてくださいといったエグゼキューショナーに任せる部分もあると、自分で銘柄探してエントリーする癖をつけて、保有銘柄、保有数にずれが多くなる感じを受けました。

トレーニングとしてはベストではないかもしれませんし、コマンダーの負荷が増えてしまいますが、とにか くエントリーだけは指示したものに限定するといった縛りみたいなものを設けてもいいかなと思いました。

 

多くの方がまずぶつかる壁がここのところなのですね。

 

今までエントリーした銘柄もチャート表示しておいて高値抜きしたらエントリーしてくださいといったエグゼキューショナーに任せる部分もあると、自分で銘柄探してエントリーする癖をつけて、保有銘柄、保有数にずれが多くなる感じを受けました。

 

このチームによるトレーディングでは、トレーダーの数が増えてくると、誰がいつどの値段でどの銘柄に入っているかが、コマンダーにはわからなくなるという問題点が出てきます。

そのため自己申告で、わからない点や、ここで出ていいか?など必要に応じて声を出すということが大事になるのですが、余裕がないとその声すら出せないという事態になります。

入りそびれた場合などの含めて、銘柄の数は常に十分あるようにガイドしていますから、トレンドとローソク足フォーメーションを見ながらホールドすればいいので、どの銘柄に入っても、コマンダーが選択した銘柄なら、慣れてくるときちんと利益を出せるようになります。

これは検証でのパターンを見ていただければ、よくおわかりになるはずです。

この方は初めてでしたので、5日間だけのトレーニングでは、負荷を掛けたときの問題点が浮き彫りになるという状態ですから、特にホールドが難しく感じられたのでしょう。

昨夜の米国マーケットのような地合だと、複数銘柄保有のメリットが大きくなりますね。

揉み合うマーケットでは難しくなりますが、良い展開の時でも、どこかのユニットでは、それなりに揉み合うわけですから、プロとして継続してゆくには、この難しいところをどうやって克服するかが課題となるわけです。

そのために、トレーダーの皆さんは、神戸へ移住され、日々トレーニングを続けられているのですけどね。

継続することでトレーダーの脳内データベースに、様々なパターンが蓄積されることになり、やがてそれが噛み合って勝てるようになるのですから、トレーニングを継続させることが大事になります。

機会があれば、是非継続して参加してください。

 

 

 

 

 

金曜日のマーケットの詳細はこちらのような不作でした。

マーケット開始直後の、最初に選択した銘柄が、突発的な動きとなり、大きなマイナスからのスタートという、今までほとんど起こらなかったアゲインストのスタートとなったのですが、コマンドレベルの指示で2000ドルに届かなかったのは、トレーニング開始後初めてでした。

この日は下記のレポートでも書かれているように、先輩とお二人で「スポット参戦」というカタチでトレーニングに参加され、お二人とも+700ドル前後の利益を出されましたが、大したものです。

この感想を書かれたご本人は、時々受講者用掲示板へトレード際のチャートを投稿されているのですが、堅実で手堅いトレードスタイルが印象に残っていた方です。

 


昨夜は不躾な見学のお願いををお許しいただいたばかりか、皆さんと一緒にデモ・トレードにまで参加させていただき、感激と興奮のうちに時間が過ぎてしまいました。

ただ、マウスを握らせてもらえるなんて、あまりにも私の想定外の展開だったので、先生のコマンドが飛ぶ様子や皆さんのトレードの様子を背後からそっと見られればいいな…くらいに思っていて何の心の準備もしていなかった私は、かなり緊張してしまい、あたふたと散らかっている間にトレード終了となってしまいましたが(笑)

トレーニングを間近に拝見した率直な感想を述べさせていただくと、コマンダーの指示に従って行うトレードは、これまで私が経験してきたトレードという孤独な作業とは全くの別物なのだと強く思いました。

1・差し支えない範囲で参加された期間・ご自分のトレード歴・参加に至った動機や背景。

半年前に日本株を始めて、朝起きるのが苦手ですぐ辞めた程度。

デイトレードネットをずっと見ていてエギュゼキューショナーって面白いと思っていた。

4月にデモアカウントを取得してボトムスキャンとネットエイドを契約して先生の指示通りに売買したら、4月16日から負けなし。

これは神戸に移住するしかないと思って参加した。

 

1・差し支えない範囲で参加された期間・ご自分のトレード歴・参加に至った動機や背景。

ゴールデンウィークを利用して二日間の参加。

トレード歴は主にデモで三年間、最近トータルではそんなに負けなくはなりましたが手数料を勘案すると

明らかに資金が減少する状態。

好不調の波が大きすぎるので、何かのきっかけが欲しくて参加しました。

参加のご感想

コメント(0) (0)

1・差し支えない範囲で参加された期間・ご自分のトレード歴・参加に至った動機や背景。

 参加期間   5月3日 から5日の三日間
 トレード歴  ほぼ5年
 参加動機   いつまでたっても利益の出ない自身のトレードを少しでも改善したいためです。

参加のご感想

コメント(0) (0)

1・差し支えない範囲で参加された期間・ご自分のトレード歴・参加に至った動機
や背景。

参加期間は一週間です。  

トレード暦は4年程度、しかし日本株をちょっと売買して負け、半年くらい休むなど中途半端に手を出している程度。  

今回トレーニングに参加した動機は・・・

一言で言うと直感が行けと告げたからかな・・・・・。

5日間単位での参加者の方がジリジリと増えている。

一日、二日参加された方が、改めて継続参加されるというケースも少なくない。

0412ExecuttionerB.jpg

とにかくガイドの通りに同時ホールドをしながら、1時間で30トレードほどすると、最初は1000ドルから2000ドルのレンジでロスを出し続けることになる。

頭の中がパニック状態になるからで、いってみれば当然のこと。

まさに息つく暇なく売買を繰り返しながら、横ばいで動かないときには、4銘柄以上を同時にホールドし続けなければならないため、まさに大リーグボール養成ギブスを嵌めた状態になるからだ。(笑)

こちらで書いた、有料の銘柄配信を有料メルマガ「まぐまぐプレミアム」で4月1日から開始しているのですが、この件についてです。

http://www.daytradenet.com/Cool/archives/2009/03/310959.php

4月8日に書いた、「素朴な疑問」のバックテスト結果が出ました。

http://www.daytradenet.com/Cool/archives/2009/04/082227.php

9時5分に寄りついた「注目銘柄」を「大引け」つまりマーケット終了時に手仕舞いした場合と、「前場引け」という午前11時の前場終了前に手仕舞いした場合の比較をバックテストしたのですが・・

3月も今日で終わり。

明日からいよいよ4月になるのですが、今日のインパクトのあるタイトルにはワケがあります。

それは先週大阪から神戸へ引っ越され、現在も毎日トレーニングを受けられているトレーダーが連勝に次ぐ連勝を続けられているのです。

0330ExeTrainB.jpg

昨夜30日のナスダックマーケットでも千ドル近いゲインという結果でした。

では彼が連勝するコツというのは、何にあるのでしょうか?

月別アーカイブ