ハイローバンド・ギャッププレイ: 2011年5月アーカイブ

2011年05月 の一覧

東京マーケット31日(火)

コメント(0) (0)

0531JNKC.gif

東京マーケット31日(火)の日経平均指数は薄いギャップダウンで開始、日経平均株価の日足は長い陽線で終了。

株価はかろうじて9600円台へ上昇、売買高は概算で22億9177万株。

寄り付き前に発表された鉱工業生産指数が堅調だったため買いが優勢となり、米格付け会社が日本国債の格付見通しを引き下げたため円が売られ、輸出関連株が強く、後場には新設住宅着工戸数が市場予想に反してプラスになったことが追い風となり、マーケットは全面高で取引を終了。

東京マーケット30日(月)

コメント(0) (0)

0530JNKC.gif

東京マーケット30日(月)の日経平均指数はギャップダウンで開始、日経平均株価の日足は短い陽線で終了。

株価はかろうじて9500円台を維持、売買高は概算で13億8093万株と低調。

今夜の米英株式市場が休場のため、外国人投資家の不参加による出来高の減少の警戒感から売り先行で開始。内閣不信任案提出がらみの政治情勢不透明感のため、積極的な買い材料がないまま、値幅の少ない攻防で終始する展開となった。

東京マーケット27日(金)

コメント(0) (0)

0527JNKC.gif

東京マーケット27日(金)の日経平均指数は大きなギャップダウンで開始、日経平均株価の日足はDOJIに近い陽線で終了。

株価は9500円台を維持、売買高は概算で15億1219万株と2ヶ月ぶりの低調さとなった。

円高に加え米中景気の先行不透明感から輸出関連の主力株の一部が売られた。来週は日米で主要経済指標の発表が相次ぐため、後場は週末要因とあいまって、見送り気分で値を消す展開となった。

東京マーケット26日(木)

コメント(0) (0)

0526JNKC.gif

東京マーケット26日(木)の日経平均指数は大きなギャップアップで開始、日経平均株価の日足は陽線で終了。

株価は9500円台へ上昇、売買高は概算で16億1643万と相変わらず低調。

前日の欧米株式市場が堅調だったため、警戒感が和らぎ、東京市場も朝方から強く始まり、午後のアジア市場も強く終始アップトレンドの展開となった。

東京マーケット25日(水)

コメント(0) (0)

0525JNKC.gif

東京マーケット25日(水)の日経平均指数はギャップアップで開始、日経平均株価の日足は陰線で終了。

株価は9400円台を維持しているが2ヶ月ぶりの安値水準、売買高は概算で16億763万株と1ヶ月ぶりの低水準となった。

米国や中国の景気減速や欧州の財政懸念の影響で、主力の輸出株が終日軟調で推移、目新しい材料に乏しいため商いも低調のマーケットだった。

東京マーケット24日(火)

コメント(0) (0)

 0524JNKC.gif

東京マーケット24日(火)の日経平均指数はギャップダウンで開始、日経平均株価の日足は陰線で終了。

株価は昨日1ヶ月ぶりに9500円を割り込み9400円台へ下落したが、今日も9400台で推移、売買高は概算で16億5332万株と低調。

前日まで3日続落のため、割安感による買い戻しのため買い手優勢で終始したが、欧米の株式市場が軟調のため地合い悪化懸念から、値幅の少ない上げ幅となった。

東京マーケット23日(月)

コメント(0) (0)

0523JNKC.gif

東京マーケット23日(月)の日経平均指数はギャップダウンで開始、日経平均株価の日足は陰線で終了。

株価は1ヶ月ぶりに9500円を割り込み、9400円台へ下落、売買高は概算で18億2739万株。

格付会社による長期債務格付引下げのギリシャの財政問題で前週末の米国株が軟調だった影響に加え、中国の景気減速懸念から、市場全体の投資家心理の悪化で全面安の展開。

東京マーケット20日(金)

コメント(0) (0)

 0520JNKC.gif

東京マーケット20日(金)の日経平均指数は薄いギャップダウンで開始、日経平均株価の日足はDOJIで終了。

株価は依然9600円台、売買高は概算で16億8303万株と3週間ぶりの低調さ。

決算発表が一巡、さらには米国マーケットの先行きや、復興に向けた政策の進展などに、目新しい買い材料がないまま、週末要因も加わり、揉み合う方向感のない展開となった。

東京マーケット19日(木)

コメント(0) (0)

0519JNKC.gif

東京マーケット19日(木)の日経平均指数はギャップアップで開始、日経平均株価の日足は陰線で終了。

株価は9600円台で、売買高は概算で16億7082万株。

朝方発表された実質国内総生産(GDP)速報値が市場予想より悪く、年後半の景気回復期待が後退したうえ、官房長官が東電向け債権放棄の必要性を示唆したため、、マーケットは終始ダウントレンドで推移する展開となった。

東京マーケット18日(水)

コメント(0) (0)

0518JNKC.gif

東京マーケット18日(水)の日経平均指数はギャップアップで開始、日経平均株価の日足は陽線で終了。

株価は3営業日ぶりに9506円台へ、売買高は概算で18億3474万株。

国内企業の生産正常化期待や、復興に絡む追加補正予算検討のため国会会期延長案の浮上などが材料となり、朝方から幅広い銘柄が買われ後場も流れは変わらず、強い展開で終始。

東京マーケット17日(火)

コメント(0) (0)

0517JNKC.gif

東京マーケット17日(火)の日経平均指数は大きなギャップダウンで開始、日経平均株価の日足は陽線で終了。

株価は依然9500円台、売買高は概算で18億8282万株。

前日夜の米国マーケットが軟調だった影響で、大きく下げて始まったが、ドル円やユーロ円が円安傾向に進むにつれ、後場はアップトレンドとなったが手がかりが少なく上値の重い展開となった。

東京マーケット16日(月)

コメント(0) (0)

0516JNKC.gif

東京マーケット16日(月)の日経平均指数は大きなギャップダウンで開始、日経平均株価の日足は上ヒゲをつけたDOJIに近い陰線で終了。

株価は大きく下げ9500円台へ下落、売買高は概算で18億147万株。

前日夜の米国マーケットが大きく下げたため、大きく下げて始まり、ダウントレンドの商品相場やギリシャの財政問題、さらには対ユーロの円高基調を背景に、終日狭い値幅での軟調な展開となった。

東京マーケット13日(金)

コメント(0) (0)

0513JNKC.gif

東京マーケット13日(金)の日経平均指数はギャップアップで開始、日経平均株価の日足は長い下ヒゲをつけた長めの陰線で終了。

株価は反落し9600円台へ下落、売買高は概算で28億3074万株。

前日夜の米国マーケットの堅調さを受け、小高く始まったが、東電福島第1原発の事故処理の行方の不透明感から軟調となり、さらには枝野官房長官が東電への公的資金注入につき、金融機関の債権放棄の必要性に触れたため、後場にかけて大手銀行株が売られ、マーケット全体が大きく下げて終了。

東京マーケット12日(木)

コメント(0) (0)

0512JNKC.gif

東京マーケット12日(木)の日経平均指数は大きめのギャップダウンで開始、日経平均株価の日足は長い上ヒゲをつけた陰線で終了。

株価は3日ぶりに反落し9700円台へ下落、売買高は概算で20億1489万株。

好決算発表のトヨタや日立が上昇、下げ渋る場面があったが、終盤にかけてはダウントレンドが継続し、安値引けで終了。

東京マーケット11日(水)

コメント(0) (0)

0511JNKC.gif

東京マーケット11日(水)の日経平均指数は大きめのギャップアップで開始、日経平均株価の日足は陰線で終了。

株価は4営業日ぶりに9900円台へ上昇、売買高は概算で20億6899万株。

円高が一段落したため強く始まったが、主要企業の業績や景気の先行き不透明のため、ジリジリと値を下げる展開となった。

 

東京マーケット10日(火)

コメント(0) (0)

0510JNKC.gif

東京マーケット10日(火)の日経平均指数はギャップアップで開始、日経平均株価の日足は陰線終了。

株価は3営業日ぶりに反発し9800円台へ上昇、売買高は概算で19億970万株。

前日の米国マーケットでで商品市況が大幅に反発上昇し、東京市場も朝方から買いが先行したが、ドル円が強く、円高懸念から下げに転じる場面もあったが、後場は強いアップトレンドが継続して終了。

 

東京マーケット9日(月)

コメント(0) (0)

0509JNKC.gif

東京マーケット9日(月)の日経平均指数はギャップアップで開始、日経平均株価の日足は陰線終了。

株価は9700円台へ下落、売買高は概算で16億9876万株と低調。

朝方は前週末の米国の株式マーケットの堅調さを受け、強く始まったが、ドル円の80円台高止まりを嫌気した売りに加え、政府による中部電全原子炉停止要請が、製造業の重荷懸念となり、軟調な動きで終始する展開となった。

 

東京マーケット6日(金)

コメント(0) (0)

0506JNKC.gif

東京マーケット6日(金)の日経平均指数は大きなギャップダウンで開始、日経平均株価の日足はDOJIに近い陽線で終了。

株価は9800円台へ下落、売買高は概算で19億1168万株。

前日の米国株式相場が軟調だった影響で、大きく下げて始まったが、売り一巡後は6日の米国雇用統計待ちでの手控え模様に加え、円高が一段落した地合いを受け、底堅い展開で終始。

 

東京マーケット2日(月))

コメント(0) (0)

0502JNKC.gif

東京マーケット2日(月)の日経平均指数はギャップアップで開始、日経平均株価の日足は陽線で終了。

株価は1万円台へ上昇し約1カ月半ぶりに1万円の大台を回復、売買高は概算で18億3403万株と低調。

前週末の海外株式相場が堅調だった影響に加え、昼休みに国際テロ組織アルカイダのウサマ・ビンラディン容疑者死亡のニュースで午後から幅広く買われる展開となった。

2011年5月

« 前月 翌月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ