ハイローバンド・ギャッププレイ: 2011年6月アーカイブ

2011年06月 の一覧

東京マーケット30日(木)

コメント(0) (0)

0630JNKC.gif

東京マーケット30日(木)の日経平均指数は大きなギャップアップで開始、日経平均株価の日足は短い陰線で終了。

株価は9800円台へ上昇、日足チャートはアップトレンド領域で、200日移動平均線の真下まで上げてきている。取引高は概算で19億263万株。

前日夜の米国マーケットが強く、ギリシャ議会でEUの金融支援条件となる財政再建計画が承認されたため、強く始まったが、後場に入るとアジアマーケットの堅調さと週末要因との持ち高調整とが交錯する乱高下風の展開となった。

東京マーケット29日(水)

コメント(0) (0)

0629JNKC.gif

東京マーケット29日(水)の日経平均指数は大きなギャップアップで開始、日経平均株価の日足は下ヒゲをつけた短い陽線で終了。

株価は9700円台を回復し、日足チャートはアップトレンド領域に位置している。取引高は概算で16億7003万株。

前日夜の米国マーケットが強く、ドル円の円安傾向とあいまって底堅い動きとなり、後場からは明確なアップトレンドが継続し、最後は高値引けで終了。

東京マーケット28日(火)

コメント(0) (0)

0628JNKC.gif

東京マーケット28日(火)の日経平均指数は大きなギャップアップで開始、日経平均株価の日足は短い陰線で終了。

株価は9400円台へ下落、だが日足チャートでは依然アップトレンド領域に位置している。取引高は概算で17億199万株。

前日夜の米国マーケットが堅調のうえ、ギリシャ財政支援策の進展期待から強く始まったが、後場に入るとアジアマーケットの軟調さで株価指数先物が売られ、弱含みで推移する展開となった。

東京マーケット27日(月)

コメント(0) (0)

0627JNKC.gif

東京マーケット27日(月)の日経平均指数はギャップダウンで開始、日経平均株価の日足は陰線で終了。

株価は9500円台へ下落したが、依然アップトレンド領域に位置している。取引高は概算で16億3253万株と3日連続の低調さ。

前週末の米国マーケットが軟調で、さらにはギリシャ経済問題が予断を許さず、買い手は様子見状態で、一定レンジでの上げ下げが交錯する展開となった。

東京マーケット24日(金)

コメント(0) (0)

0624JNKC.gif

東京マーケット24日(金)の日経平均指数はギャップアップで開始、日経平均株価の日足は陽線で終了。

株価は9600円台で、アップトレンド領域に位置している。取引高は概算で17億6117万株と昨日に引き続き低調。

債務危機のギリシャがEUやIMFと5年間の緊縮財政計画で合意したニュースをきっかけとして、底堅い展開となった。

東京マーケット23日(木)

コメント(0) (0)

0623JNKC.gif

東京マーケット23日(木)の日経平均指数は大きなギャップダウンで開始、日経平均株価の日足は上ヒゲをつけた短い陽線で終了。

株価は9500円台へ下落しtが、株価はアップトレンド領域に位置している。取引高は概算で17億2603万株と低調。

前日夜の米国株マーケットが米連邦公開市場委員会(FOMC)絡みで軟調だった影響から、大きく下げて始まった東京マーケット。意外に底値は堅く前場は強含みだったが、後場は材料不足のため揉み合う展開のままで終了。

東京マーケット22日(水)

コメント(0) (0)

0622JNKC.gif

東京マーケット22日(水)の日経平均指数はしっかりとした幅のギャップアップで開始、日経平均株価の日足は短い上ヒゲをつけた長い陽線で終了。

株価は9600円台へ大きく上昇し、3週間ぶりの高値となり、一気にアップトレンド領域へ。取引高は概算で19億1193万株。

前日夜の米国株マーケットが強く、さらにはギリシャがEU(欧州連合)と国際通貨基金(IMF)による支援を受けるための財政再建策の可決へ前進したことを受け、終始アップトレンドが継続する展開となった。

東京マーケット21日(火)

コメント(0) (0)

0621JNKC.gif

東京マーケット21日(火)の日経平均指数は大きなギャップアップで開始、日経平均株価の日足は長い下ヒゲをつけた陽線で終了。

株価は9400円台へ上昇したが、まだダウントレンド領域に位置している。取引高は概算で16億194万株と昨日に引き続き低調。

前日夜の米国株マーケットが堅調だったことに加え対ユーロでの円安を背景に強く始まったが、前場の終わりにかけて円がやや強くなったため少し戻したが、その後アジア株の堅調さから再び買いが優勢となり、高値引けで終了。

東京マーケット20日(月)

コメント(0) (0)

0620JNKC.gif

東京マーケット20日(月)の日経平均指数はギャップアップで開始、日経平均株価の日足は上ヒゲをつけた陰線で終了。

株価は9300円台と先週末とほとんど変わらず、3ヶ月ぶりの安値付近に位置している。取引高は概算で16億2503万株。

前週末のダウ平均の上昇を受け強く始まりが軟調さに加え、ギリシャへの金融支援策への期待感から前場は堅調に推移したが、アジアの主要マーケットが軟調のため後場は、ジリ安で推移する展開となった。

東京マーケット17日(金)

コメント(0) (0)

0617JNKC.gif

東京マーケット17日(金)の日経平均指数はギャップアップで開始、日経平均株価の日足は下ヒゲをつけた長い陰線で終了。

株価は9300円台へ下落、3ヶ月ぶりの安値となった。取引高は概算で19億4417万株。

前日夜の米国マーケットの軟調さに加え、中国の景気減速懸念、さらにはギリシャの債務問題の不透明感から、後場に入ると明確なダウントレンドで推移する展開となった。

東京マーケット16日(木)

コメント(0) (0)

0616JNKC.gif

東京マーケット16日(木)の日経平均指数は大きなギャップダウンで開始、日経平均株価の日足は上ヒゲをつけた長い陰線で終了。

株価は9400円台へ下落、トレンドの目安となる20日移動平均線の下へ、再び割り込んでしまった。取引高は概算で17億9285万株。

前日夜の米国マーケットの軟調さを受け、大きく下げて始まったが、ギリシャの財政問題に対する懸念に加え、ユーロが急落したため、、前場は持ちこたえたものの、後場に入ると明確なダウントレンドが継続、結局安値引けの展開となった。

東京マーケット15日(水)

コメント(0) (0)

0615JNKC.gif

東京マーケット15日(水)の日経平均指数は大きなギャップアップで開始、日経平均株価の日足は長い下ヒゲをつけた短い陰線で終了。

株価は9500円台を推移、2週間ぶりの高値水準となり、取引高は概算で19億7790万株。

前日夜の米国株式マーケットが好調な経済指標の影響で強かった影響で、大きく上げて始まったが、景気先行きの不透明感から積極的な買い手不在の展開となった。

東京マーケット14日(火)

コメント(0) (0)

0614JNKC.gif

東京マーケット14日(火)の日経平均指数はギャップなしで開始、日経平均株価の日足は長い陽線で終了。

株価は9500円台を回復、取引高は概算で19億4215万株。

前引け後に発表の中国消費者物価指数は市場予想通りで、懸念材料が出尽くしたとの観測でアジア株が強くなったため、東京も買い安心感が広がり、後場は大きく上げる展開となった。

東京マーケット13日(月)

コメント(0) (0)

0613JNKC.gif

東京マーケット13日(月)の日経平均指数は大きなギャップダウンで開始、日経平均株価の日足はヒゲをつけた陽線で終了。

株価は9400円台へ下落、取引高は今年に入っての最低を記録、概算で14億3637万株。

前週末の米国マーケットが弱かった影響で売りが先行、後場は手掛かり難から膠着状態となり、狭いレンジの小動きで終始する展開となった。

東京マーケット10日(金)

コメント(0) (0)

0610JNKC.gif

東京マーケット10日(金)の日経平均指数は大きなギャップアップで開始、日経平均株価の日足は長い上ヒゲをつけた短い陰線で終了。

株価は9500円台へ上昇、。売買高はSQのため膨らみ、概算で24億1680万株。

前日の米国マーケットが強かった影響で大きく上げて始まったが、韓国中央銀行の金利引上げが発表されたためアジア株が下落。

マーケット開始30分後から買手不在となり、以後終日ダウントレンドのままで推移する展開となった。

東京マーケット9日(木)

コメント(0) (0)

0609JNKC.gif

東京マーケット9日(木)の日経平均指数は大きなギャップダウンで開始、日経平均株価の日足は下ヒゲをつけた陽線で終了。

株価は前日と同じ9400円台で推移。売買高は概算で18億5974万株。

前日の米国マーケットの影響で売られて始まったが、円高が一服すると株価指数先物が買い戻され、後場の後半から強いアップトレンドが継続し、最後まで継続する展開となった。

東京マーケット8日(水)

コメント(0) (0)

0608JNKC.gif

東京マーケット8日(水)の日経平均指数はギャップダウンで開始、日経平均株価の日足は長めの下ヒゲをつけた短い陽線で終了。

株価は前日とほとんど変わらず9400円台。売買高は概算で16億6375万株。

前日の米国マーケットの影響に加え、円高傾向のため売られて始まったが、後場には円高が一服したうえ、割安な銘柄に買戻しが入り、アップトレンドのまま終了。

東京マーケット7日(火)

コメント(0) (0)

0607JNKC.gif

東京マーケット7日(火)の日経平均指数は薄いギャップダウンで開始したが、日経平均株価の日足は陽線で終了。

株価は4営業日ぶりに反発、株価は9400円台へ上昇。売買高は概算で17億5826万株。

米国の景気減速懸念は依然残っているが、前場で底値が確認されたあとの、後場では一転して買いが優勢となり、高値引けで終了。

東京マーケット6日(月)

コメント(0) (0)

0606JNKC.gif

東京マーケット6日(月)の日経平均指数はギャップダウンで開始、日経平均株価の日足は長い陰線で終了。

株価は3日続落で、2ヶ月半ぶりの9400円割れ、売買高は概算で18億9569万株。

米国の景気減速懸念の煽りを受け、さらには東証の斉藤惇社長による「法的整理による再建が望ましい」との発言で、売り手一色のダウントレンドが継続する展開となった。

東京マーケット3日(金)

コメント(0) (0)

0603JNKC.gif

東京マーケット3日(金)の日経平均指数は薄いギャップダウンで開始、日経平均株価の日足は長い上ヒゲをつけた陰線で終了。

株価は7日ぶりに9500円割れとなり9400円台へ下落、売買高は概算で16億6641万株。

米国の景気減速懸念のため主力株が売られ、今夜発表される米国雇用統計待ちに加え週末要因のため、買い手不在のマーケットとなり、終日ダウントレンドで推移する展開となった。

東京マーケット2日(木)

コメント(0) (0)

0602JNKC.gif

東京マーケット2日(木)の日経平均指数は大きなギャップダウンで開始、日経平均株価の日足はDOJIに近い長さの短い陰線で終了。

株価は9500円台へ大きく下落、売買高は概算で20億7081万株。

前日夜の米国株式マーケットの急落の影響で、大きく売られて始まったが、昼休み中の菅首相退陣意向表明にも反応せず、内閣不信任決議案の採決結果待ちの安値圏膠着が続く展開となった。さらには中国やアジア株も軒並み軟調のため、買い手不在のマーケットとなった。

東京マーケット1日(水)

コメント(0) (0)

0601JNKC.gif

東京マーケット1日(水)の日経平均指数は薄いギャップアップで開始、日経平均株価の日足は長い下ヒゲをつけた短い陽線で終了。

株価は9700円台へ上昇、売買高は概算で19億7892万株。

前日夜の米国株式マーケットが強かった影響で輸出関連株が買われたが、政局動向や今夜発表の製造業景況感指数などの米国景気指標待ちのため、積極的な買い手不在で、半月ぶりの狭い値幅での展開となった。

2011年6月

« 前月 翌月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別アーカイブ