有馬街道

コメント(0) (0)

自宅から有馬温泉までは、車を使うと有料道路を乗り継いで30分から40分。

arimabike00B.jpg

だがバイクで有馬街道を走っても、やはり30分から40分。

有馬温泉は朝6時半から温泉に入ることができるので、6時頃に家を出るとちょうどいい時間に到着する。

そして30分ほどゆっくりと温泉で暖まっても、自宅へは8時までに楽勝で戻ることができるのだ。

arimabike01B.jpg

6時頃の神戸市内の道路はご覧のようにガラガラ。

arimabike02B.jpg

西に向けて走り有馬街道へは右折することになる。

arimabike03B.jpg

行きのほとんどは登りのため、フルスロットルでも速い車に追いつくのがやっと。

arimabike04B.jpg

だが、景色の美しさを楽しみながら走るのが一番。

 arimabike05B.jpg

このトンネルを越えると右折。

arimabike06B.jpg 

トンネルを出るとすぐに右折。  

arimabike07B.jpg

美しい郊外のワインディングをヒラヒラと走るのは実に楽しい。

arimabike08B.jpg 

有馬温泉に近づいてくると、勾配は緩やかな下りとなる。

arimabike09B.jpg 

早朝の光は息を呑むような美しさを見せる瞬間がある。

arimabike10B.jpg 

車で走れば、有馬街道を何度か交差する有料道路を走り抜けることになる。

arimabike11B.jpg

緑が多くなって来ると、もうすぐだ。

arimabike12B.jpg

空気が冷たく、カラダが冷えてくるから、これからの季節はジャケットが必要。

arimabike13B.jpg 

この交差点を右折すると有馬温泉街。

arimabike14B.jpg

早朝30分ほどのバイクライドは、カラダをシャキッと覚醒させてくれる。 

arimabike15B.jpg 

週末の駐車場は結構クルマが多い。

arimabike27B.jpg

お湯が流れる音を聞きながら、のんびりと、湯に浸かるのは至福の時間。

オーナーなら温泉に入るのは、無料。タオルやバスタオルも無料で貸して貰える。 

arimabike16B.jpg

帰りは冷えないよう、これからの季節はバッグにジャケットを入れておく必要があるだろう。

温泉から出たばかりの時は、カラダが暖まっているから、ホカホカしているけどね。

arimabike17B.jpg 

夏の暑い時期でも有馬温泉付近の早朝は、肌寒いほどの涼しさ。

arimabike18B.jpg

帰りは太陽を背に走ることになる。

arimabike19B.jpg 

温泉街を離れ、有馬グランドホテルのそばを抜けて、有馬街道へ。

arimabike23B.jpg

朝は1時間ほどの違いで、光が全く変わるため、行きとはまた 違った風景が楽しめる。

arimabike22B.jpg 

空の青さからも、空気の澄み具合がわかろうというもの。

arimabike20B.jpg 

街へ戻っても、7時台だとクルマはまだ少ない。

arimabike24B.jpg 

正面にクラウンプラザが見えれば、もうすぐ自宅だ。

arimabike21B.jpg

走行距離はやっと4000キロ。

満タン(約5リッター)で、有馬温泉へは4往復ほどできる。

arimabike25B.jpg 

一番奥が駐車スペース。

東京ではこうやって走る機会はあまりなかったのだが、神戸は緑が多く、また山道は絶好のワインディングロードのため、バイクで走るのは実に楽しい。

涼しくなってくる秋は、絶好のバイクライドのシーズンだからね。

arimabike26B.jpg 

バイク置き場のスペースがあまりないため、ここが定位置。


 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする