明石焼き

神戸といえば明石焼き、と言ってもいいだろう。

もちろん明石まで行けば、本場のものを食べることができる。

だが三宮にもおいしい明石焼きの店がある。

 

20120718tachibana01.jpg

三宮センター街という便利なロケーション。

 

20120718tachibana02.jpg

11時半開店だが、すぐに満席になる。

「ところてん」もあり。

 

20120718tachibana03.jpg

これで二人前。一人前600円。

 

20120718tachibana04.jpg

中には大きめのタコのブツ切りが一つ入っている。

卵がたっぷり入った明石焼きはだし汁でいただくのが普通。

 

20120718tachibana05.jpg

薬味は三つ葉。テーブルには、甘辛2種類のたこ焼きソースも置いてある。

 

明石焼きは、明石の樽谷町の住人が91年前(大正8年)に明石焼きの屋台を引いていたのが始まりだという。

その後、口コミで評判となり、大阪から業者が見学に来て、大阪で誕生したのが「たこ焼き」なのだという。

つまり元祖「たこ焼き」が「明石焼き」というわけだ。

 

たちばな

兵庫県神戸市中央区三宮町3-9-4
078-331-0572

営業時間:11:00~19:00
定休日:第1・3水曜日

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする