神戸空港

コメント(0) (0)

神戸空港は人工島ポートアイランド沖南側にある日本で97番目の愛称「マリンエア」と呼ばれる2,500m滑走路1本を持つ海上空港。

KobeAirport01B.jpg

空港島の造成や連絡橋(神戸スカイブリッジ)等を含めた建設費3140億のうち90%以上を神戸市が拠出して運営する、いわゆる市営空港。

2006年2月16日に開港。

 

KobeAirport02B.jpg

今の季節は幌を下ろして走るには絶好の季節。

 

KobeAirport03B.jpg

なわけで、天気がいい日には、神戸空港までのんびりと走ることがあるのだが、この道はホント気持ちがいい。

 

KobeAirport04B.jpg 

連絡橋の利用はすべて無料で、とにかく道が空いているのだ。

 

KobeAirport05B.jpg

途中にはイケアや、ガソリンの安い行きつけのガソリンスタンドなどがあり、何かとよく利用する道。

 

KobeAirport08B.jpg 

空港から自宅のあるマンションビルまでは約8キロの真っ直ぐな直線距離上にあり、空港から自宅まではクルマで約20分。

KobeAirport06B.jpg

上の写真では、自宅のあるマンションは、正面右側の佐川急便のビルの向こうに見えている。

 

KobeAirport07B.jpg

成田や羽田、シアトルタコマ空港ンドと比べても、これほど街へ近く便利な空港は類を見ない。

 

5月に始めて始めてこの空港を利用したときの強烈な印象は、未だに脳裏に焼き付いている。

神戸を離れ東京へ戻った際、羽田からのモノレールでの移動で感じた東京という街の持つ味気なさは、決して心踊らせる類のものではなかったことを、何故か思い出してしまう。

成田から電車に乗り一時間以上かけて都心へ戻る際の、殺風景な味気なさもまた然り。

 

シアトルタコマ空港からは、車での移動に加え、自然の豊かさにおいては、神戸に勝るとも劣らないため、フライトでの疲れの残り具合は遙かに軽微に思える。

だが神戸空港から街へ近づくにつれ、山と空が織りなす対比の美しさが揺り動かす感動は「今という瞬間は二度と来ないのだ」という想いを強く抱かせてくれる。

六甲山系へ真っ直ぐに向かう車中からの景色は、リゾート地と呼べるレベルの自然の持つ魅力に溢れ、天気が良ければ、あたかも、魂を癒してくれるかのような錯覚を、存分に味わわせてくれる。

嗚呼・・

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする