CQG日本語ガイド >

インストールと設定

CQGのチャートレイアウトやページ、マクロボタンなどの情報を複数のPCで統一したい、あるいはセミナーでつかった画面レイアウトを自宅のPCへ表示させたい場合の設定方法。

使っているCQGのバージョンが何なのかが確認できる簡単な方法

CQG ICにログイン後、最初にタイムゾーンの切り替えなどのシステム設定を行います。
セットアップが完了したらログインして動作を確認します。ログインのためのアカウント(ユーザー名、パスワード)を用意してください。

CQG IC (CQG Integrated Client)のセットアップ手順を解説します。

CQGのWebサイトです。CQG ICの利用を希望される方は、日本語ヘルプサイトから問い合わせ先をご確認ください。

画面構成とカスタマイズ

ページを切り替えるボタン表示の位置を変更する方法

チャートの作成と変更

チャートへティッカーシンボルを打ち込むときには注意する点がある。

フィボナッチガイドラインの太さや色の変更方法

サイズやスタディーを設定したチャートと同じものを、コピーする方法。

マーケットが始まる前に、先物を表示させ、その日の始まりが、ギャップアップかギャップダウンかを知りたいときの設定方法。

秒足チャートをローソク足で表示させる方法。

ローソク足の陽線、陰線の塗り色を変更するには、ローソク足にカーソルを合わせて右クリックしModify Cndl...を選択します。

チャート・ウィンドウの各部を右クリックすると、機能に合わせたメニューを表示します。

チャート・ウィンドウから、不要になったStudyを削除します。

チャート・ウィンドウに、売り買いを検討するためのStudyを追加します。

新しいチャートを作るには、ツールバーの Chart ボタン(チャートボタン)をクリックします。

ページの管理と保存

検証のためのチャートキャプチャー用ページや、買い候補の週足銘柄をまとめたページを作りたい、などという用途別ページの作り方。

Symbol 銘柄コード

ティッカーシンボルを打っても、「Working...」の表示が続いてチャートが表示されないことがある。

チャートへティッカーシンボルを打ち込むときには注意する点がある。

CQGNetで使用できる銘柄コード(Symbol)を調べるには、ツールバーの Symbols ボタンをクリックします。

チャートの銘柄コード(Symbol)や時間軸(Time Interval)を変更するには、チャート・ウィンドウのEntry Fieldに入力します。 表示しているページのチャートをまとめて変更することもできます。

トラブルシューティング

キャプチャソフトのショートカットキーとバッティングする場合の変更方法。

ティッカーシンボルを打っても、「Working...」の表示が続いてチャートが表示されないことがある。