はっち3ギャッププレイのパフォーマンス - ハイローバンド・ギャッププレイ

はっち3ギャッププレイのパフォーマンス

コメント(0) (0)

スイングスキャンプロのHマークが出たときにエントリーをしてマーケット終了前に脱出するという単純な方法です。

 

マーケット開始後40秒ほどで表示されます。

 

現時点でのパフォーマンスを検証。

https://www.daytradenet.com/Service/robot/index.htm

最低限のベンチマークという意味で、この数字を元にして1月25日の時点での成績で計算してみました。

 

 

こちらにある前回の成績とは大きく変わっていません。

https://www.daytradenet.com/hiloband/archives/2008/01/200705.php

ハイローバンドギャッププレイを徹底解説」をご覧いただければおわかりになると思いますが、実際の成績はもっとよくなります。

というのはこのシミュレーションでは始値でエントリーをして、終値で手仕舞いをした場合の数値で計算しているためです。

つまりエントリーと反対方向へ動けばそれだけ利益幅は大きくなるわけですが、その違いを先週の記録からチェックしてみると・・

25日 +1596ドル
https://www.daytradenet.com/hiloband/archives/2008/01/252357.php

24日 +1836ドル
https://www.daytradenet.com/hiloband/archives/2008/01/242343.php

23日 +1236ドル
https://www.daytradenet.com/hiloband/archives/2008/01/232354.php

22日 +2088ドル
https://www.daytradenet.com/hiloband/archives/2008/01/222356.php

21日は祭日のため、4日間しかありませんでしたが・・

 

ネットエイドの裁量判断では機械的なシミュレーションと比べて +6756ドル

今後も実際のマーケットでの裁量判断によるこうしたパフォーマンスの違いについての検証を続ける予定です。

 

毎日コンスタントにトレードを続けることさえできれば、これだけのゲインを手に入れることができるのです! 

必要なソフトウエアや、口座開設など、具体的な詳細を知りたい方は、是非一度セミナーへご参加ください。


 


 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2008年1月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2008年1月

月別アーカイブ