サポートの重要性

コメント(0) (0)

トレードでは、必ず揉みあう場面に遭遇します。

ここを巧くこなすには、ストップの位置決めを間違わないことです。

まず見るのは 0.236のフィボナッチのガイドライン。

そして自分がエントリーし対置から反対サイドへ動いた150ドルの位置。

では実際の例で説明しておきましょう。

下は9日の米国マーケットで指示を出した銘柄のチャートです。

まず最初の例はストップには全く関係なく上がりました。

2010-06-09 22:32:02 はっちshadow VECO
2010-06-09 22:32:31 はっちshadow VECO

0609VECO.gif

1000株で +540ドル

長い陽線3本の後ですから、当然この位置で利益確定ですね。

 

2010-06-09 22:32:06 はっちshadow GENZ
2010-06-09 22:32:46 はっちshadow GENZ

0609GENZ.gif

1000株で +140ドル

これは、エントリー位置から、マイナス150ドルの位置がストップ。

その手前で、ローソク足本体3本によって、かりやすいサポートが形成されています。

 

 

2010-06-09 22:33:37 はっちshadow BMC

0609BMC.gif

1000株で +620ドル

35.907ドルの +0.236 ラインがガッチリとサポートとして役割を果たしています。

 

 

2010-06-09 22:52:34 はっちshadow AKAMのびてきた

0609AKAM.gif

1000株で +1140ドル

素晴らしいゲインだったAKAM

41.57ドルにある +0.236 のラインがしっかりとサポートになっています。

 

  

2010-06-09 22:53:12 はっちshadow NIHD

0609NIHD.gif

1000株で +740ドル 

これは揉み合いましたが、無事上昇!

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2010年6月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2010年6月

月別アーカイブ