銘柄入替えのコツ

コメント(0) (0)

トレードでは、エントリーのあと、必ず銘柄を入れ替えなければならない。

大きなロスを出す前に、可能性の高い銘柄へスイッチできるかどうか。

これがトータルでの損益に大きく影響することになる。

基本的には抵抗線が形成され、そこをブレイクしそうな銘柄をガイドしているわけだが・・

基本的に抵抗線をブレイクするパターンというのは、大きなゲインが期待できることが多い。

なぜなら、メジャーサポート、メジャーレジスタンスをブレイクすると、そこでパニックが起こるからだ。

月曜日のマーケットの例をあげてみよう。

 

下は前日のサポートラインをブレイクダウンするところで指示を出している。

2010-12-13 23:38:39 はっちshadow ALTR GMCR ショートサイド

ALTR1213.gif

1000株で +800ドル

長い陰線4本の後で買い戻しがあり、そこからさらにブレイクダウンしたわけだ。

もちろんすべての例で思惑通りに事が運ぶわけではない。

ダメなら、逃げればいいわけだ。

 

下の例もその前のローソク足4本でサポートができている。

そして5本目でブレイクダウンしたわけだ。


2010-12-13 23:38:43 はっちshadow TROW

TROW1213.gif

500株で +150ドル

脱出は下ヒゲトレンドラインが切り上がった位置。

チェックシートへ、ヒゲの状態を記入していれば、下ヒゲトレンドラインには気がつくはず。

  

  

 
2010-12-13 23:42:06 はっちshadow GMCR

GMCR1213.gif

1000株で +630ドル

これもサポートを切ると、大きく下げている。

ゲインがある程度大きくなれば、あとはどれだけホールドできるかが勝負となるわけだ。 

20MAがダウントレンドライン。 

 

2010-12-13 23:47:55 はっちshadow LULU

LULU-2-1213.gif

500株で +320ドル

これもレジスタンスをブレイクすると、上昇している。

レジスタンスとなっている抵抗線が目に入るかどうかだ・・

つまり動いているローソク足を見るのではなく、確定しているローソク足が形成するパターンをしっかり見ることが大事になるわけだ。

そのためにチェックシートへ記入し、余った時間で、こうしたパターンに目を向ける必要があるのだ。

  

  

2010-12-14 00:12:54 はっちshadow VECO

VECO1213.gif

1000株で +670ドル

これもレジスタンスを見事にブレイクしている。

 

エントリー後は、チェックシートで自分が保有している銘柄を比較し、入れ替える銘柄を決められなければならない。

だがそれだけでは不十分だ。

 

大事なのはチェックシートを使うことで余った時間を利用して、次に入れ替える銘柄を探せるかどうかだ。

コマンダーは、このように抵抗線を含むカタチを見ながら、可能性の高いパターンを探し出し、指示を出しているのだ。

ということは、指示の出ている銘柄というのは、何らかのフォーメーションが形成されていることになる。

そのフォーメーションを見抜けるかどうかが、銘柄選択の鍵を握っている。

 

このフォーメーションを見る時間を作るためにも、チェックシートへの記入というのは大きな意味を持つのだ。

このように正しい手順を踏んでいるのであれば、動いているローソク足を眺めている余裕などできるはずがないのだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2010年12月

« 前月 翌月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2010年12月

月別アーカイブ