2015年07月24日 金曜日

072401.gif

米国ナスダックマーケット24(金)

                    

THE WALL STREET JOURNAL

REUTERS ロイター・マネー 

Bloomberg.co.jp アジアマーケット

日経米国株概況

                  

chartmark.jpg

                                                       

ボトムスキャン ・ マーケット開始2分後の表示  

0724BS2.gif 

トムスキャン ・無料ユーザー登録 で 1週間無料トライアル  基本メソッド

            

  

           

ロングサイド

    

 

   

CELG0724.gif         

CELG +450ドル  

大きなギャップなのでリバーサルが発生しやすいパターン。

1本目は神風ギャッププレイパターンより少し長め。

400ドルオーバーのゲインガナイス。

       

セルジーン・コーポレーション(セルジーン)は、バイオ製薬企業。遺伝子とタンパク質の調節を介して癌および炎症性疾患の治療のための治療法の発見、開発、商品化がメインの事業。主要な製品は、レブリミド(レナリドマイド)、注射用のABRAXANE、POMALYST / IMNOVID、のVidaza、アザシチジン(のVidazaのジェネリック版)、THALOMID(米国外THALOMIDまたはサリドマイドセルジーンとして販売)など  

 

 

  

ショートサイド

  

    

  

SBUX0724.gif 

SBUX +440ドル

ゲインの少な銘柄だが、これだけギャップが大きいと、やはりリバーサルを喰らうようだ。

これも1本目が長めだが、1000株単位の価格帯なので、400ドルオーバーのゲインとなっている。

 

スターバックス社は65カ国で展開する、世界で有数のロースター、スペシャルティコーヒーの小売業者。直営店舗を通じ手作りのコーヒー、紅茶、他の飲料、新鮮な食品と一緒に提供。さらにティーバナ、TAZO、シアトルズベストコーヒー、などのブランドで商品やサービスを販売している。

 

 

AMZN0724.gif

AMZN +110ドル

これも大き過ぎるギャップがリバーサルを誘発している典型パターン。

これだけ株価が高くなると、ゲインは少なくなりがち。 

 

Amazon.com社(Amazon.com)は、電子商取引企業。ウェブサイトを介して製品やサービスを販売。ベンダーやサードパーティの販売業者によって提供されるものの中から再販のために購入した商品やコンテンツを含む消費者向けWebサイトを通じて提供されている。さらに販売のためのウェブサイトを設計し、Kindleの電子書籍リーダー、タブレット、テレビ、エコーと電話などの電子機器を製造・販売している。

 

 

SWKS0724.gif

SWKS +2650ドル

流石、神風ギャッププレイ。

手仕舞いは、下ヒゲ先ガ形成するトレンドラインが上昇しているため、わかりやすいパターン。

   

スカイワークスソリューションズ株式会社(スカイワークス)は、アナログ半導体を生産。自動車、ブロードバンド、携帯電話インフラ、エネルギー管理、全地球測位システム(GPS)、産業、医療、軍事、ワイヤレスネットワーク、スマートフォンやタブレットのアプリケーションをサポート。増幅器、減衰器、バッテリー充電器、サーキュレータ、DC / DC LED(直流/直流)コンバータ、復調器、検出器、ダイオード、方向性結合器などの分野で使用されている。 

 

       

典型的なギャップアップリバーサルパターンで開始。

つまりショートサイドが狙い目となるオープニング。

何と言っても神風ギャッププレイのSWKSが素晴らしいゲイン。                  

                 

                                                                                               

ロングサイド銘柄は +450ドル

ショートサイド銘柄は +3200ドル                     

マーケット開始後2分の時点での

ボトムスキャンのパフォーマンスは  +3650ドル      

       

     

米株式相場は4日続落。

ダウ工業株30種平均は9日以来およそ2週ぶりの安値。

原油や金など商品先物相場が軟調に推移、収益悪化への警戒が残る素材やエネルギー関連株が売られ、マーケットを押し下げた。 

金先物相場は約5年5カ月ぶりの安値を付け、ニューヨーク原油先物相場も約3カ月半ぶりの安値圏に下落。

商品相場全般は軟調に推移している。  

 

2015年7月

« 前月 翌月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ