米国ナスダックマーケット29(水)

コメント(0) (0)
072901.gif

米国ナスダックマーケット29(水)

                    

THE WALL STREET JOURNAL

REUTERS ロイター・マネー 

Investing.com

日経米国株概況

                  

chartmark.jpg

                                                       

ボトムスキャン ・ マーケット開始2分後の表示  

0729BS2.gif 

トムスキャン ・無料ユーザー登録 で 1週間無料トライアル  基本メソッド

            

  

           

ロングサイド

       

   

FOXA0729.gif   

FOXA +110ドル

ギャップダウンというロングサイドへの典型パターンだが、呑み込みパターンが不足。

ゲインは株価相応ということで、1000株単位の価格帯だが、基本的にゲインの少ない銘柄だ。

21世紀フォックス社は、世界的なメディアやエンターテイメント企業。ケーブルネットワーク・プログラミング・セグメントは、主にケーブルテレビシステム、直接放送衛星オペレータ、通信会社とオンラインビデオ店を通じてライセンスされたプログラムをサービスしている。テレビは、米国のネットワークプログラミングへの放送とケーブル放送を通じて放映されている。娯楽映画分野では、世界中のすべての娯楽メディア、および世界的なテレビ番組の生産とライセンスでのすべての形式で実写やアニメ映画をライセンス契約に基づき配信されている。直接衛星放送テレビは、衛星、ケーブル、およびイタリア、ドイツ、オーストリアなどで加入者に対して直接ブロードバンドを介し番組をサービスしている。 

          

      

      

ショートサイド

      

  

    

FANG0729.gif

FANG +320ドル   

ギャップアップ + 呑み込みという見逃せないパターン。  

途中揉み合ったが十分我慢できる範囲ではないだろうか。

ダイヤエナジー社は、独立した石油・天然ガス会社。西部テキサス州とニューメキシコ州東部の一部に分布するべルム紀盆地で陸上石油・天然ガスの取得、開発、探査と開発業務を行っている。ペルム紀盆地のミッドランド州テキサス州では約24528グロス(15948ネット)エーカーの基礎となる鉱物の利益を所有している。これらの地域の約43%を運営している。

  

  

BMRN0729.gif

BMRN +200ドル

これもギャップアップ + 呑み込みという見逃せないパターン。 

株価的に、ゲインが少ない銘柄。 

バイオマリン製薬株式会社は、医薬品製造メーカー。主力の製品は、5つの認定品と複数の臨床および前臨床の製品候補で構成されている。その承認された製品はVimizim(elosulfaseアルファ)、Naglazyme(galsulfase)、Kuvan(サプロプテリン二塩酸塩)、Aldurazyme(laronidase)とFirdapse(amifampridineホスフェート)など。Vimizimは、米国、欧州連合(EU)で、その後、他のいくつかの国で販売承認を受けている。Naglazymeは、米国、欧州連合(EU)で、その後、他の国で販売承認を受け、Kuvanは、米国、欧州連合(EU)における販売承認を取得している。ジェンザイム・コーポレーション(Genzyme社)と共同開発したAldurazymeは、欧州連合(EU)で、米国で販売のために承認され、その後、他の国でも認可されている。またFirdapseは欧州医薬品庁(EMA)によって承認されている。

 

  

LRCX0729.gif

LRCX +550ドル

ギャップアップ + 呑み込み + 236ガイドラインの突き抜け具合 という3拍子揃ったパターン。 

これを見逃す手はないよね。

利益幅がしっかり獲れる銘柄だ。

ラムリサーチコーポレーションは、半導体業界にウエハー製造設備とサービスを提供するサプライヤー。集積回路(IC)の製造に使用する製品の設計、製造をマーケティングとサービスを含む半導体処理システムを提供している。ラムの製品は、携帯電話、タブレット、コンピュータ、ストレージデバイスやネットワーク機器などの各種電子製品に使用されるデバイスを構築するために設計されている。顧客は、DRAM、NANDメモリとロジックデバイスなどの様々な製品を作る半導体メモリ、ファウンドリおよび統合デバイスメーカー(のIDM)が含まれている。

  

  

CHKP0729.gif    

CHKP +280ドル

3本目エントリーパターン。

手仕舞いはわかりやすい位置。

チェックポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社は該当するマーケットをチェック、情報技術(IT)のセキュリティのための製品やサービスを提供している。製品やサービスは、企業、サービスプロバイダ、中小企業やエンドユーザーへ販売されている。チェックポイントのSoftware Bladeアーキテクチャは、ファイアウォール、仮想プライベートネットワーク(VPN)、侵入防御システム(IPS)、アプリケーション制御、アンチボット、アンチウイルスなど、独立したモジュール式で相互運用され、セキュリティアプリケーション(ソフトウェアブレード)を展開する企業へ共通のプラットフォームを提供している。

 

  

YHOO0729.gif

YHOO +270ドル

ギャップアップ + 呑み込み + 236ガイドラインの突き抜け具合 という3拍子揃ったパターン。 

だが比較的ゲインの少ない銘柄だ。

ヤフー社は、インターネット検索、通信、デジタルコンテンツ等のサービスを提供している。提供している地域は、アメリカ。ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)、アジア太平洋など。Yahooの検索は、検索エンジンをランク付けとクエリとの関連性にベース編成された情報を、インターネットでナビゲートし、検索対象へ到達するするための出発点として機能している。Yahoo Mailのは、携帯電話、タブレットとPC全体のユーザーへ提供されている。Yahoo.comは、Yahoo独自のコンテンツとパートナーのコンテンツを含む、ニュースや情報を提供している。さらにFlickrを通じて、ウェブやモバイル写真管理・共有サービスを提供。

             

 

ギャップダウンで始まったオープニングは当然ショートサイド狙い。

連日の3千ドルオーバーには届かなかったが、トータルゲインで2千ドル弱というのは悪くないパターン。                

                       

                                                                                                   

ロングサイド銘柄は +110ドル

ショートサイド銘柄は +1620ドル                     

マーケット開始後2分の時点での

ボトムスキャンのパフォーマンスは  +1730ドル      

     

        

米国マーケットは続伸。週初に大きく下げて世界的な株安を招いた中国株式相場は29日には反発。米連邦準備理事会(FRB)は連邦公開市場委員会(FOMC)後に公表した声明で、金利を据え置くとともに米経済と雇用市場は引き続き力強さを増しているとの認識を示した。 FRBの声明では、米経済やインフレにも言及。利上げは9月あるいは12月とする一般的な予想通りの内容。事実上のゼロ金利政策の維持も予想通り。

   

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2015年7月

« 前月 翌月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ