2020年03月04日 のCoolに過ごそう

coronavirus.jpg

  

  

《衝撃あるいは安心》最新の遺伝子解析により、新型コロナウイルスは、台湾、アメリカ、日本ですべて完全に異なる遺伝子を持っていることが判明

 

そして昨年以来、何度も日本に入り、多くの日本人がすでに感染・治癒済みである可能性が・・

 

日本と台湾とアメリカの新型コロナウイルスは「すべて異なる遺伝子」

CDC も新型コロナの解析を進めるうちに、「すでに大流行している」ことに気づいたということかもしれません。

  

インフルエンザの大流行だと思っていたものが、実は「新型コロナウイルスの大流行だった」と。 

この解析が正しければ、日本に関しては、という意味ですが、これまでのようには新型コロナウイルスを恐れる必要はないのかもしれない。

 

これは「日本の場合」の話であり、日本の新型コロナウイルスは、極端にいえば、他の国で流行しているものとは「違う」といってもいいようなもののようですので、現状の日本では、高齢者などを別にすれば、重症化率は低いように思います。

 

Genome phylogenetic tree analyses revealed evidence that the
severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 had been
introduced to Taiwan, the United States, and Japan several times

ゲノム系統樹分析により、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2は、台湾、米国、および日本に複数回導入されたという証拠が明らかとなった

 

「新型コロナウイルスの発生源がひとつではなく、複数存在する可能性」があるということになるという解釈になります。

現時点としては、他の国はともかく、日本においての新型コロナウイルスは過度に心配しなくてもいい可能性が少し出てきました。

 

 

日本や世界や宇宙の動向

  

メイカさんの情報を知れば知るほど日本がいかに世界から取り残されているかがわかります。

軍隊や諜報機関がしっかりしている国々の政府は、チャイナコロナウイルスが中国共産党の生物兵器でありいかに危険かということを知っているためきちんとした対策をとっています。

 

日本人には真実の情報が入りにくくなっています。

中国共産党の飼い犬と化した政治家、官僚、マスコミが中国共産党に都合の悪い情報は流しませんから、ネットで確かな情報を得る人でない限り情報弱者のままです。

 
情報弱者は突然とんでもないことが起きたらパニックになってしまいます。

急にではなく前もって徐々に備蓄もしましょう。

 

しかし憲法9条を守る左翼に忖度し軍隊もなく諜報機関も機能していない日本政府は何も知らされずに後手後手です。

今でも中国から大量の物資が日本に到着しているでしょう。

 

それらにはウイルスが付着している可能性があります。

また、日本人にはなるべく外に出ないようにと言いながら、中国からの渡航者を今でも受け入れ街や観光地を歩きまわらせています。

 

どの国が世界で最初に滅びるかは、このような体たらくになった日本ではないでしょうか。

  

 

現在、武漢市には重篤患者が40万人以上いる。

彼らは自宅や収容所に隔離されているが薬もマスクも与えられず死を待つだけ。

 

中国の刑務所に投獄されている800万人以上の囚人が感染している。

武漢の製鉄会社は工場を稼働し続けているため空気がかなり汚染されている。

 

同時に大量の死体焼却で空気がさらに汚染されている。PM2.5の汚染もひどい。汚染された空気の中で住民は武漢肺炎に感染しやすくなっている。

現在、中国国内の企業の3分の1がビジネスを再開している。しかし再開した企業では次々に社員が感染している。北京、上海などの大都市に戻った労働者は仕事を再開した後に感染し隔離されてしまった。

 

習近平は春節で里帰りをしていた労働者を呼び戻し3月から働かせることにした。

しかし習近平や幹部は誰にも会わずにテレビ会議をしているだけ。

 

中国では3月中に500万人が失業する恐れがあるため、習近平は人民に仕事を強制的に再開させ経済を回復させようとしている。中国の財政は大赤字。

 

中国林業局は昨日、緊急発表を行った。昨日4000憶匹のバッタがチベットに入ったため緊急対策を講じるよう指示した。

今年、中国は食料危機になる。バッタはさらに増えるだろう。そしてチベットから中国本土に入ってくるだろう。対策は難しい。

 

北京などでは住民らがスーパーで米、ラーメン、乾燥食品、保存食品などを大量買いしている。60年代に大飢饉があったが、その時代に戻ると言われている。

昨日、米国政府は米国で情報活動?している60人の中国共産党記者(情報操作しているスパイたち)を10日間以内に中国に強制送還させると発表した。

 

国外で活動している中国人記者の3分の2は中国共産党のスパイである。日本も同じ。次にドイツやイギリス、他国も中国人記者(共産党のスパイ)を強制送還させるだろう。日本はどうするか。

米国には500万人くらいの中国人が暮らしており、そのうちの100万人が帰化したが、その中の半数が隠れ共産党員や幹部でありスパイである。

 

また、中国共産党幹部の家族の殆どが米国や他国で永住権をとって暮らしている。

 

米国には多くの共産党幹部(スパイ)がおり、米国政府は全米各地にいる共産党幹部を捜索している。見つけたら彼らを強制送還する。

 

日本にも大量の中国共産党スパイがいる。日本の政治家の多くが中国共産党のスパイである。

二階は中国にちょくちょく行っている。

 

トヨタのトップが中国共産党によほど洗脳されてしまったのか、中国に巨額の投資をすると発表した。

中国から世界中の企業が撤退しているのに日系企業は撤退せず。トヨタはさらに中国に投資をする。

 

トヨタは中国共産党によほど騙されているに違いない。

トヨタは危ない。もったいない。

米国が中国に対する強硬姿勢を世界に示せば、日本人は目をさますだろう。

 

 

7000億匹の巨大バッタが中国に到達!在米の中国記者60人を国外退去命令

 

欧米諸国(米国、ドイツ、他)の専門家の発表によると、武漢肺炎のウイルスは感染を繰り返し今では4代目、5代目になっている。

その間、かなり変異し、かなり強力になっている。

 

潜伏期も最長3か月間となっている。隔離期間は2週間ではなく1か月間必要。

感染してもしばらくは症状が出ないため普通の生活を続けるため、本人は気づかずに他の多くの人に移してしまう。

 

感染しても発症せずに2,3日後に他の人に移す。感染速度が非常に速くなている。

米国はこれを警戒しており、ニューヨーク市では1000台のベッドを用意した。

 

北京には簡易収容所が19棟完成した。100台の救急車を使って感染者を収容所に送りこんでいる。家庭内で次々に感染している。

北京市内の復幸病院(患者が多い)では、医師や看護師が全員(34人)感染した。院内感染が広がっている。

 

このウイルスは非常に強い。効く薬がないため感染者は隔離されるだけ。北京の収容所でも、感染者は閉鎖された部屋で隔離されるだけなので死ぬのを待つだけ。

マスクだけでは意味がない。ドアノブにもウイルスが付着する。金属などの表面に付着すると数日間生きている。

  

北朝鮮では7000人が感染した。消毒せずに中国から荷物を北朝鮮に送りこんでいるため感染が拡大している。

日本は今でも中国からの荷物や品物を日本に輸送しており、それらにウイルスが付着しているため消毒しないと感染が広がる。他の国々は中国からの物資、飛行機、船、渡航者を禁止した。

  

今後、米国は日本、韓国への渡航を禁止するだろう。

春は季節的に感染しやすくなるので外出しないように。気温には関係ない。

  

免疫力が低い人は感染しやすい。

家の中にこもることが最も安全。人込みに行かないようにして。

 

 

2020年3月

« 前月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ