素晴らしいショートデイ

コメント(0) (0)

7月1日(木)の米国ナスダックマーケットは素晴らしいショートデイ。

こちらに記録がありますが、3000ドルは獲れる日でした。

そのためには、長時間ホールドできないとダメ。

最初のロングサイド候補はAPOL。

2010-07-01 22:31:49 はっちshadow ロングサイド APOL
2010-07-01 22:31:51 はっちshadow 陽線が長い

 0701APOL.gif

最初のローソク足の終値を、次のローソク足の始値が抜かなかったので、ルールではエントリーできないわけです。

ですが時間が経過して、+0.236ライン(緑の水平線)の位置で下げ止まったら、再エントリーのチャンス。

0701APOL2.gif

1000株で +1540ドル

 

以後の銘柄合計はこちらの記録を見るとわかりますが・・+7755ドル

だから3000ドルは獲れるはず。

獲れなかった人は何が原因かを追究すること。

まずはエントリー方向と反対サイドのローソク足が出たら脱出するということを、全トレードでできないとダメ。

ここが出発点。

これができないと、7000ドル勝てないのです。

つまり余裕のある精神状態でなければ、トレンドラインを見ながら複数銘柄をホールドするなどというのは、夢のまた夢・・となるのです。

そのためにはチェックシートを使い、エントリー方向と反対サイドのローソク足が出たら脱出するということを、全トレードでできるように訓練すること。

これを5日間連続でできなければダメ。

トータルのゲインは気にしなくてもよいので、とにかくエントリー方向と反対サイドのローソク足が出たら脱出するということを、全トレードでできること。

一日だけでも、これはなかなかできないはず。

というのはそういう目的でトレードをしたことがないから。

こrができれば、どこでもエントリーできるようになります。

つまり再エントリーが、恐怖心なしで、できるようになるのです。

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2010年7月

« 前月 翌月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ