2010年07月06日 のCoolに過ごそう

CQG8.2へののバージョンアップ

コメント(0) (0)

CQGユーザの方へは、お勧めです。

CQG01.gif

詳細はこちらで田村さんが書かれています。

 

 

私的には、チャートで検証をする際、前日の始まったあたりで表示させたチャート表示が、シンボルを変えても同じ位置から始まるようになったのが、最もうれしい変更です。

CQG7.gif

特に米国株では、翌日になってから、前夜の米国マーケットの始まった位置あたりを表示させることが多いわけです。

上の縦のラインは22時30分の位置で、2分足だとこういうチャートが多いのですが・・

シンボルをどんどん変えても、時間軸が動かないのです。

米国マーケット東京マーケットでのネットエイドの解説などで張り付けるチャートをキャプチュアするときに、次々と打ち込んだシンボルのチャートが、同じ時間軸の位置で固定されて表示されるのは、超便利!

昔はこういう仕様のバージョンの時もあったのですが、それがなぜかいつの間にか、ダメになってしまっていたのですが、やっと復活です。

 

 

もう一点便利になったのが Auto Scale Without Studies 。

チャートの縦軸(株価)で右クリックすると下のようにメニューに出てきます。

 

2010-07-06 09:06:52 はっち アステラス製薬(4503)

CQG2.gif

今までのバージョンではフィボナッチのガイドラインを表示すると、ウィンドウにこの Studies を表示しようとするため、チャートが扁平になるわけです。

下の画像の右側が今までの Auto Scale。

tokyo.gif

ですが、上の画像左のように Auto Scale Without Studies モードにすると Auto Scale の動作が、チャート表示を上下の画面幅一杯にしようとするため、チャートが扁平になりにくいのです。

左の方が黄色いゾーンが縦長になっています。

右側のチャートの方は、今までの Auto Scale なので、左に比べると、チャートの表示がちょっと扁平ですね。

ネットエイドの時には、2分チャートと1分チャートは、このモードにしていますが、このときに監視するチャートを縦長にする操作が激減。

でも下のように、15分チャートで2本の移動平均線との関係を見たい時などは、今までのタイプの Auto Scale でないと、逆に不便になりますから、今回のバージョンアップは大歓迎であります。

CQG4.gif 

 

あと、まあこれはどうでもいいことですが、今までのバージョンは、シンボルを打ち間違えると、エラーメッセージが下端に表示されていたのですが、新しいバージョンではチャートウィンドウ上端に表示されるようになりました。


2010-07-06 09:07:29 はっち 日本碍子(5333)

CQG6.gif

上はわざと、存在しない銘柄コードを打ち込んだ画面。

Pointerツールはキーボードの「ESC」キーで解除できるようになりました。

値幅を表示するモードのカーソル表示や、イレースボタンを押して表示される消しゴムマークが、エスケープキーを叩くだけで、通常のカーソルに戻るので便利です。

   

でも、困った点もひとつあって、目障りなのが Chart Type 名  

CQG5.gif

黄色いマークのように、Cndl とチャート左上に居座って表示され、どうやっても消せないのですねえ。

使っているチャートはすべてローソク足なので、Cndl がすべてのチャートに表示されることになるわけですが・・

どういうときにこれが便利に思えるのでしょうか?(笑)

まあいいですけどね。

2010年7月

« 前月 翌月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ