2009年11月 のCoolに過ごそう

新しいサービスへ!

コメント(0) (0)

さて、今年も明日で残すところ、あと一ヶ月となりました。

というわけで今日も一日テストを繰り返し、いよいよ明日から新しいサービスが始まります。

premiumdaytradeRedRound.gif

まぐまぐの無料メルマガ配信は11月で終了し、この新しいサービスへ移行します。

詳細はこちらからどうぞ

スイングスキャンプロを使ったハイローバンドギャッププレイ銘柄一覧

2日

SS1102.gif

15分足チャートとクアトロセットアップ

コメント(0) (0)

金曜日の米国ナスダックマーケットは、大きくギャップダウンして始まったが、典型的なギャップダウンリバーサル。
ボトムスキャンを使って、ロングサイドへ指示を出したのですが見事にヒットしましたね。
多くのトレーダーがプラスで終了。

2009-11-28 00:29:32 katurou >> 今日はプラス650でした。
2009-11-28 00:29:40 ぶらーびあ >> 今日は6勝2敗、プラス440ドル
2009-11-28 00:29:56 wooo >> プラス1700ドル
2009-11-28 00:30:31 kotaro >> プラス730
2009-11-28 00:30:50 かわら >> だめだめです。 マイナス1000を越えてしまいました。
 

この日の詳細はチャート付きでこちらでご覧いただけるのですが、15分足チャートでクアトロセットアップとの関係を見ると面白いことがわかります。

間違いだらけの FX取引 

コメント(0) (0)

マーケットでの経験の少ない人に限ってFXや先物をトレードしたいと考えるようで、メールや電話で問い合わせが結構ああります。

特に円高になると FX が注目を浴びるようなのですが・・

FXをやりたいという理由のほとんどは次に集約されます。

資金が少なくてもレバレッジの大きなFXなら大きく儲ける可能性が高くなる。

手数料がタダのところが多いから手数料分が有利。

本当でしょうか?

米国ナスダックは半日マーケット

コメント(0) (0)

27日(金)の米国ナスダックマーケットは半日マーケットです。

終了は通常より3時間早くなります。ご注意ください。

 


 

26日の米国マーケットは休場!

コメント(0) (0)

感謝祭・ Thanksgiving Day のため26日(木)の米国ナスダックマーケットでのトレーニングはありません。

良い休日をお過ごしください。 

  
 

セットアップと確率

コメント(0) (0)

今日の東京マーケットでのセットアップは見事に嵌りました。

今日の記録がこちらにありますが、ブレイクスキャンとボトムスキャンどちらかに表示された銘柄から選択。

その結果5銘柄が対象となったのですが・・

それぞれを15分チャートで表示するとこういうことになります。

 

米国マーケットでのセットアップ

コメント(0) (0)

昨夜の米国マーケットはこちらにあるように、良いパターンものが少なくゲインも少なめ。

ロングサイドは渋く、ショートサイドへ転換したときにはある程度下がっていたので仕方なし。

というわけでコマンダーの成績は・・

18トレード 13勝1敗4引分けで +3,995ドル 

800ドルくらい獲れた人はまあOKかなと・・

というわけで代表的な銘柄のチャートを下に挙げておきます。

基本へ戻れ!

コメント(0) (0)

ダブルセットアップ・トリプルセットアップ・クアトロセットアップ、という言葉をご存知の方は、かなり長い間このWEBサイトをご覧いただいているはず。

過去ログを見ると、2002年には登場しています。

最近ではボトムスキャンを使ったトレーニングをしているのですが、基本になるのは、やはりこのセットアップなのです。

今日の東京マーケットでは、これを使ったプレイを解説しながら、実演したわけですが・・

では、最近このWEBサイトをご覧になり始めた方のために、その詳細を改めて、解説しておきましょう。

 

勝つためのトレード回数

コメント(0) (0)

こちらに23日夜の米国マーケットでのトレーニングの詳細がある。

今までと違うのはトレードの指示回数が少ないという点だ。

何と全部で12回。

こうしたコマンダーの指示によるエントリーでは、勝てる銘柄とタイミングであっても、トレードの指示回数が多過ぎると、保有している銘柄が手一杯の間は、エントリーできないのだ。

だが、コマンダーとしてはエントリーをしそびれたトレーダーのために、多めに指示を出さざるをえない、というジレンマが存在する。

この折り合いをどうつければいいのか?

マイクロバブル風呂

コメント(0) (0)

こちらで書いたマイクロバブルですが、その効用を享受できるのがいわゆる「マイクロバブル風呂」。

使用を始めてから10日間が過ぎたので、その経過を兼ねてどうなのか?

を日記形式で日々記録したものです。

マイクロバブル体験日記

トレーニング後の温泉通いの代用にもなるという優れもの。

動かないマーケット

コメント(0) (0)

米国ナスダックマーケット、週末の金曜日はレンジの狭い、いわゆる動かないマーケット。

コマンダーのパフォーマンスレベルで、2000ドル台のゲインという珍しい展開。

ロングサイドにもショートサイドへも動かないため打つ手なし。

オープニングから1時間経過しても、レンジアベレージの70%を越える銘柄がなかったということからもその渋さがわかろうというもの。

マイクロバブル

コメント(0) (0)

神戸は午後から良い天気。今週もあと一日。

今週末は久しぶりのセミナーですが、今から楽しみ。

新しいノウハウがギッシリ濃縮された内容ですからね。^^

ところで、交流磁気治療器との相乗効果が期待できるモノに出会いました。

対照的な日米マーケット

コメント(0) (0)

左側が日足チャート

1116comp.gif

上は米国ナスダックマーケット

下が日経平均指数

1117JNKC.gif

普通は東京マーケットと米国マーケットは同じように動くのですが・・

日足を見る限り逆に動いているように見えます。

大きなトレンドを掴む条件

コメント(0) (0)

こちらにある銘柄選択のパフォーマンスでゲインの大きかった銘柄には共通する「ある条件」が存在する。

私はコマンダーなのでこうした条件をチェックして指示を出している。

チェックポイントは

0.236との位置関係

移動平均線によるトレンド

トレーニング雑感

コメント(0) (0)

こちらにある銘柄選択のパフォーマンスを見ると、ある傾向が伺える。

10月19日から2分チャートを使ったトレーニングに切り替え、11月3日からはこのトレーニングにあわせた表示ができるボトムスキャンをリリース。
トレーダーの成績は、この組み合わせによって確実に向上している。
ネトエイドでの書き込みを読んでも、トレーダー全体のパフォーマンスがハッキリとよくなっていることがわかる。

面白いのはコマンダーのパフォーマンスの数値自体は落ちているにもかかわらず、トレーダーの成績が向上しているという点だ。では、その理由はどこにあるだろうか?

日本株で手堅く勝つには?

コメント(0) (0)

2009-11-11 08:54:50 はっち
2分足チャートでギャップと40MAが一致した銘柄が0.236のガイドラインを越えたらエントリーする

2009-11-11 08:54:56 はっち
これが必勝法です

http://www.daytradenet.com/hiloband/archives/2009/11/111752.php

本当か?というわけで検証を・・

トヨタF1撤退

コメント(0) (0)

私が言いたかったことも含め、車好きならではの視点で表現されているコラムをご紹介。

1106ToyotaF1.jpg

トヨタF1撤退で一言! 「涙は打ち込んだもののためにだけ流される

御意!

米国マーケットは11月から冬時間になりましたが、「RealTick 損益計算」を使用して集計する場合、時間が12時を跨ぐことになります。

もし12時までにその日のトレードをすべて終わると、ファイルは一つのままですから問題はないのですが、ほとんどのケースでは12を過ぎてもトレードを継続することになるはずです。

RealtickCalc.gif

そのためPCの設定時間(ライムゾーン)が日本時間のままだと、12時前と12時の後との2種類のファイルが自動的に作成されることになります。

そのためその日のトレードの結果を集計しようとしても、2種類の集計に分かれてしまいます。

これを一つのファイルに集計する方法を、念のためにここで書いておきます。

日の出

コメント(0) (0)

今日はまさにこういう気分!

1107sunrise.jpg

その理由は? あるトレーダーから送られてきたメール・・
 

いつもお世話になっております。
やっと2000ドルの壁を超える事が出来ました!
15トレードでプラス2079ドルです。
今日、一日限りの結果ですが、ここ数日自分で考えた仮説がうまくゆきました。
これからも精進していきます!

ボトムスキャンと日本株必勝法

コメント(0) (0)

日本株での資産運用のためのロジックについては、すでに何度となく書いていますが・・
今日のマーケットでもさらに検証してみましょう。

ルールです。

1・ボトムスキャンの2分の時点の銘柄に絞る。
2・ギャップ方向へエントリーする。(ギャップがなければMAの方向へエントリー)
3・株価が40MAより上にある。
4・236のガイドラインを越えた位置がエントリーポイント。
5・カットロスは同値撤退。

1106BS0902.gif

では上の5銘柄はどうなったのか?

私がゼオライトを飲むようになったのは、予防接種に入っている水銀が原因で自閉症が発症することを知ったからなのです。

ワクチンと自閉症の切っても切れない関係

http://www.daytradenet.com/Cool/items/zeolite/NCD01.htm

vaccine2.jpg

そのため、カミサンにも、予防接種は絶対にダメって言い聞かせています。

今回小野沢さんからの続報メールを読んで、一層その思いを強くした次第です。

ホールドのためには何が必要か?

コメント(0) (0)

2分足を使ったトレードの特徴は何でしょうか?

ホールドしやすい。

体感速度が半分になりゆっくりとトレードができる。

ノイズが吸収されてトレンドラインがわかりやすくなる。

この3点に集約できるのですが、昨夜の米国マーケットでの例を挙げておきます。

ボトムスキャンの使い方

コメント(0) (0)

新しいバージョンのボトムスキャンはどう使えばいいのか?

2分足でのチャートを組み合わせているのは、ホールドの時間を長くするため。

3日の米国ナスダックマーケットを例に挙げると・・

1103BScan2335.gif

世界的に拡大している新型(H1N1型)インフルエンザの、唯一の対抗策だと言われているのがワクチン接種だ。

vaccine.jpg

日本でのワクチン接種に対する一般国民の認識はどの程度なのだろうか?
マスコミを巻き込んだ政府の広報活動により、全く危機感を持っていない人が多いようだ。
だが欧米ではそのワクチンの副反応で、死亡や重病になる例が欧米で相次いでいる。
そのため市民団体や医療関係者は「ワクチン接種の危険性」を呼びかける広報活動やデモを繰り返している。

ダブルスキャンシステムの使い方

コメント(0) (0)

前回、こちらの日記で次のように書いたのですが・・

今回の銘柄選択のためのスキャンシステムを新体系へ移行するという「無料バージョンアップ」を行ったのは、この成果を記念したトレーダーの皆さんへのプレゼントだと捉えていただければ幸いです。

すべてのデイトレーディングのための銘柄選択ツールに、スイングスキャンというスイングトレードのツールを加え、2種類のタイムフレームのスキャンシステムを「ワンセット」にすることで、より多くのトレーダーが利益を享受できるようになるはずです。

 

ということで、ダブルスキャンシステムを米国マーケットで使うことができるいわゆる初日となる昨日2日(月)の米国ナスダックマーケット。

わかりやすくいえば、「ボトムスキャンを使う契約をしたら、スイングスキャンが無料でついてきた!」ということになるわけです。

ですが大事なのは、これをどう組み合わせ、どう使うのか?なのです。

ではその使い方の一例です。

ボトムスキャンの新機能

コメント(0) (0)

過去ログを素早く表示したり、資金の少ない方のための銘柄選択機能について解説をしておきます。

これは分単位での過去ログを、トレー中に素早く参照する機能で、正式にはファースト・ボタン。

私は呼びやすいので勝手にフリーズ(凍結)・ボタンと呼んでいますけどね。(笑)

下の表示はマーケット開始後3分の時点で、2分の時点の「過去ログ」を表示させたものです。
 

1102JBScanQLog01.gif

オープニングでは特に、株価の上げ下げが早く変化することがあり、銘柄名チャートへ表示させている間に、銘柄が入れ替わってしまうことがあります。

このボタンはこうしたときに便利なのです。

ただし、過去ログの表示モードではこのボタンは表示されません。

新しいボトムスキャンの概要と使い方

コメント(0) (0)

新バージョンはどこが変わったのか?

今までのボトムスキャンとの最も大きな違いは表示機能の部分で、状況と目的に応じた最適のゾーンを表示させることができるようになりました。

まず最も大きな特徴は、左から Fib・Top・Daily と並んでいるボタンが追加されたlことです。

これが今回のバージョンアップの最も大きなポイントとなります。


世の中の多くの「予測」は「過去を延長したところ」にあるため過去の解説は上手でも「将来」を予測することができないというジレンマを抱えています。

100年に一度と言われている今の不景気は、誰も今までに体験したことがないわけですから、これからどうなるかの予測は不可能だといえるでしょう。

つまり収入は上がらない前提で、どう暮らして行くのかの、設計図をどう描くのか、が問われているのです。

2009年11月

« 前月 翌月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2009年11月

月別アーカイブ