2015年01月04日 のCoolに過ごそう

正月雑感

コメント(0) (0)

年が明けて、寒い日が続いている。

0103bluesky01.jpg

水汲み以外は外に出ていないけれど、ひたすら自宅でのんびりモード。

 

0103water.jpg

正月は何かと水の消費量が多いので、水汲みの頻度は高くなる。

   

0103peacockstore.jpg

マンションの地下にあるスーパーは、年末年始も通常通りの営業。

 

0103peacockstore02.jpg

営業時間も昨年秋に延長され、朝8時から夜11時までというのは何かと便利。

  

0103peacockstore03.jpg

福袋もあったが、タオルセット。(笑)

 

0103peacockstore04.jpg

   

娘とカミサンは、昼間早速デパートへ行ったようだが、もの凄い人出のため、早々に退散したようだ。

さらに夜はかみさんが「おとめ塚温泉」へ行ってきたようだが・・

子供連れでもの凄く混んでいたので、ゆっくりできなかったという。 

 

オレは外出は明日まで我慢。

もっぱら映画三昧。 

 

今年はカレンダーの関係で、休みは今日までのところが多いようだ。

ということは、今日は一日帰省ラッシュ?

 

ライフ

コメント(0) (0)

正月早々に、スターチャンネルで放映された「LIFE」。

よく出来た作品だった。

mitty01.jpg

原題は The Secret Life of Walter Mitty

   

冒頭で展開される、いわゆる「つかみ」での妄想シーンは高いレベルの映像クオリティの連続。

視覚的な映画の醍醐味を、しっかりと楽しませてくれる。

mitty04.jpg

メインのストーリーは、写真家ショーンのあとを追いかけるというアドベンチャーの要素がメインとなっている。

そのため謎解きの推理や恋愛の要素も取り入れられ、観客を飽きさせない工夫が随所に見られる。

 

さらに、i映画全体を流れるテンポのよさは、どうだろう。

グリーランドからヒマラヤまで、美しい景観をバックに、小気味よいテンポで次々と繰り広げられるストーリーは、観る者をワクワクさせてくれる。

 

ライフという伝統を持つ雑誌がネットに押されて休刊するという、今の時代ならではの現実感も、ぬかりなく題材として取り入れられている。

      

mitty02.jpg

    

映画は、主人公が出会う様々な人々との出会いと、人と人との絆や、助け合うことが生み出す魅力を丁寧に描きながら、物語は進んでゆく。

ハリウッドの作品は、ともすれば派手なところばかりに目を奪われる作りのものが多い。

   

一見平凡な生き方であっても、誰もが見習うべき長所を持っている。

という、地味で忘れがちな点を、しっかり見つめることで、魅力として感じるレベルまでクローズアップして描かれている。

   

このことを、映画を通じて改めて教えてくれるのも、この作品の素晴らしい点ではないだろうか。

        

2014年の日本は、嘘や欺瞞に満ち溢れたニュースの多い一年だった。

だからこそ、この映画を見終わって感じる、心洗われる気持ちよさは、格別だったのかも知れない。

  

mitty03.jpg

       

主人公のその後の人生を示唆するかのような、謎解きと同時に疑問が氷解するラストのシーンが、また素晴らしい。

よりよい人になるため、常に自分を向上させたいと考えている人にとっては、必見の作品ではないだろうか。

   

観終わったあと「オレの人生も変えることできるかもしない」と思わせてくれる。

そういう意味で、まさに「心を打つ」希有な映画ではないだろうか。

    

 

おまけ

The Secret Life of Walter Mitty [Behind the Scenes II]  メイキングオブ映像の動画

 

2015年1月

« 前月 翌月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年1月

月別アーカイブ