Feedly拾い読みWatch

コメント(0) (0)

FeedlyWatchLogo.jpg

間違いと失敗は我々が前進するための訓練である - チャニング

  

脳科学者が実践する「人前で話す」ための練習方法

2000万回再生された、ジル・ボルト=テイラー博士が「TED」で行ったプレゼンテーション「洞察の発作」は、TEDのプレゼンテーション動画の中で最も人気の高いものの1つです。この講演を行ったことで、ハーバードで神経解剖学を学んだ博士は、『Time』誌による世界で最も影響力のある100人の1人に選ばれました。また、オプラ・ウィンフリーがスピリチュアル系のゲストと対談する「Soul Series」にも出演しました。

私はボルト=テイラー博士に実際にお会いしたことがあります。そのときに博士は、「講演」を行うときはとてもたくさん練習をすると話していました。TEDの場合は、実際にステージに立つ前に200回リハーサルしたそうです。博士はどうやら、仲間の脳科学者が勧めていることを正確に実践していたようです。

失敗せずに生涯最高のプレゼンテーションを行う最善の方法は、プレッシャーを受ける状況下で練習することだという結論に至りました。

音楽にお金を出させるのではなく、払いたい人が払えるようにしてあげればいいんだとアマンダ・パーマーは言います。「2メートル半の花嫁 (!)」として帽子にお金を集めていたストリート・パフォーマー時代で始まる情熱的な語りを通して、彼女はアーティストとファンの新しい関係を考察しています。

 

    

デービッド・ロックフェラーの死によって分かる事

世界の富裕層1%が持つ富の総額が、残る99%の人々の資産を上回る。たった62人の大金持ちが人類36億人より多くの金を独占している。

①自然療法(ナチュロパシー)
②整体療法(オステオパシー)
③心理療法(サイコオパシー)
④同種療法(ホメオパシー)
⑤薬物療法(アロパシー)

ロックフェラーは、自然治癒力によって病氣を治す①-④の治療法を徹底的に弾圧。

⑤の「薬物療法」中心の偏った医療を近代医療として推進した。

デビッド・ロックフェラーは水道水を飲まなかった。

 

彼が食べていた食品は、有機栽培の物であり、ホメオパシー、アーユルベーダ、ファステイング(断食)、ヨガ、瞑想などの自然療法を取り入れていた。

「食べ物で治せない病気は、医者でもこれを治せない」

世界に出回っている医薬品の3分の2強が危険で無効な毒物にすぎない。

厚労省の担当者曰く・・

 
「抗癌剤が癌を治せないのは常識」
「抗癌剤は大変な毒物」
「治せない癌患者に、猛毒抗癌剤を打つのは現在の癌治療」
「それで、大勢の方が亡くなっている」
「抗癌剤はすべて大変な発癌物質」と認めている。

 

ロックフェラー氏の長生きの秘訣は、「薬を飲まないこと」だったのである!

 

 

病名は「偏執病のナルシスト」? 米国で広がるトランプ大統領弾劾の動き

トランプ大統領の暴言が止まらない。「オバマが選挙戦中にトランプタワーを盗聴した」(3月4日)と爆弾発言をしたが、その証拠は示されていない。

トランプ大統領の「盗聴」発言だが、法律専門家によれば、「大統領職を利用して"虚偽告発"するのは権力乱用にあたり、弾劾訴追の根拠となるだろう」という。

トランプ氏はすでに利益相反問題で提訴され、ロシアとの不適切な関係で調査を受けている。

疑惑は膨らみ、3月1日にはトランプ陣営の幹部だったジェフ・セッションズ司法長官が昨年7月と9月に駐米ロシア大使と面会していたことが発覚。ちょうどハッキング疑惑が問題になっていた時期だ。同長官は上院の公聴会で、「選挙戦中にロシア当局者と面会したことはない」と証言していたため、野党・民主党から「偽証罪にあたる」と辞任を求められたが、拒否した。

  

 

ウィリアム・クーパー講演パート9:「JFK暗殺の真相」と「真の宇宙計画」

この中で初めて、「JFKの暗殺」の真相が明らかとなる。ケネディーを撃ったものがその運転手ウィリアム・グリアであったことが明らかになる。その真相とは、今やデービッド・アイクやジョン・コールマン博士らにより明らかとなった、「300人委員会」や「ビルダーバーグ・グループ」や「MJ?12」の名を持つ人々がシークレットサービスを使って暗殺したというものである。 

また、ケネディーの「アポロ計画」と陰の世界政府の「真の惑星探査計画」が語られる。ケネディーが「月に人を送り込む」と宣言した1960年初頭にはすでにMJ?12が「月面基地を作っていた」という事実が語られる。それをアポロ宇宙飛行士たちが発見する。NASAが火星に探査ロボットを送り込んだ時には、すでに「米ソ・エイリアンの火星基地ができていた」。潜水の減圧技術を使えば、人は真空状態でも宇宙服なしで歩くことができる、もちろん月面でも宇宙服なしで短い時間なら歩くことができるとクーパーは説明する。 

 

 

ウィリアム・クーパー講演パート7:「ジェーソンスカラー」と「研究グループ」

宇宙人研究の大きな発見とは、一般大衆は教えられるべきではない、というものでありました。それは、このことが経済崩壊を引き起こし、宗教構造の崩壊を引き起こし、無政府状態を引き起こす国民的パニックになると信じられたからであります。こうして秘密が保持され続けました。この見解の分岐には、もし公衆に伝えられないのであれば、議会も伝えられることはない。こうして、プロジェクトと研究のための資金は政府の外部から来なくてはならないということでありました。

何かがその場所に降りてき始めました。宇宙人問題なしに、44年間に起こっていたことのどんなことにもつじつまを合わせることができないのです。もしすべての中心に宇宙人問題を置いた時のみ、あなたはそれらの1つ1つの答えのすべてを得ることができるのです。

その会合の間、お金は軍事予算やCIAの極秘の無目的資金から得られました。

彼ら(宇宙人)は、彼らが自身の遺伝子構造を改良できなければ、彼らの種族はまもなく存在できなくなるだろうと述べました。我々は、彼らの説明を非常に疑いの目で見ました。我々の兵器は宇宙人に対してはまったく役に立たなかったので、MJ-12は、我々が軍事的に彼らに立ち向かうことができる技術を発達させることのできるその時が来るまで、彼らと外交関係を和平的に結ぶことを決定しました。予備交渉が、人類の生き残りのための軍事力を結集するために、ソ連やその他の国々と為されなくてはならないということでありました。その間に、うまく行けば我々を一致団結させる通常兵器や核兵器を使って、2つの兵器を研究し構築するという、計画が発展しました。

   

  

言い残したこと

1770年代に始まった「イルミナーティ」がユダヤ人の世界統一国家(ダビデの王国)を作ろうと思い立ち、それが欧米に引き継がれ、そこに宇宙人と遭遇し、計画を見直すはめになった。計画はイルミナティーだけのものからエイリアンを含むものに変更された。しかし基調は同じである。と同時に、太古の西洋においてYHWH(YeHWeH)」と呼ばれた"存在"(=神)(「われ、われあるがうえにある」というような意味で、ヤーウェーという発音に近いが、日本では「ヤハヴェ」とか「エホバ」と呼ばれる)が、モーゼの民から「ユダヤ人」を作り、それがその後の西洋史を作って行った。このユダヤ人がイルミナーティになり、世界の主導者になったころあいを見計らって再び20世紀の現在に降り立った。

なぜなら、「YHWH」と呼ばれた"存在"がモーゼが率いた最初の人民と混血して「ユダヤ人」を作ったという可能性があるからである。そして、旧約聖書の中には「YHWH」の姿かたちは人間とは全く違ったとあることから、この「YHWH」こそ今でいう「ロングノーズグレイ(鷲鼻のグレイ)」ではなかったか、という可能性があるからである。このグレイは非常に頭がいいがかなり陰険とされ、その点他のグレイとは異なるとされる。ユダヤ人の中には確かにこの性格を受け継いでいるように見える人々もいる。もちろんすべてではない。もちろん、他の人種にも同じような人々はいる。日本人の中にもいる。

そんなわけで、私は、この「YHWH」とは何ものだったのか、という疑問に興味がある。また、新約聖書に出てくる「イエス・キリスト」とは何ものだったのか。この問題にも興味がある。

なぜならイエスの予言、ヨハネの黙示録、ファティマの予言、こういうものにもUFOや宇宙人の陰がちらつくからである。しかし、今度は「銀色に輝く円盤」や「長身容姿端麗の金髪碧眼の人間型宇宙人」である。俗にいう、「プレアデス人」タイプ、「ウンモ星人」タイプ、「アーリア人型」タイプである。このタイプの人々が宇宙人だったとすれば、これらの宇宙人に共通する哲学、一種の「宇宙哲学」がある。それは、宇宙で共生すること、霊的に躍進することなどである。そして、我々人類にもっと精神的霊的に高い段階に進み、核兵器などの殺戮兵器を捨て、宇宙と調和して生きろ、というようなメッセージを我々に送り続けている。これはイエスキリストが行ったこととまったく同じ発想である。

この人々はゼカリア・シッチン博士の「ニビルの神々」、「惑星X」、「惑星ニビル」の宇宙人「アヌンナキ」とは異なる。姿は似ているが一致してはいない。むしろ、ニビルの神々はグレイとプレアデス人のハーフに近い。かなり残虐である。

グレイ?ユダヤ連合軍に対して、「アーリア人型」宇宙人が空からやってきて「最後の審判」の日(Dooms day)がやってくるのだろうか。本当の「地球の歴史」とはどんなものだったのか。本当の「宇宙の歴史」とは何なのか。本当の「物理学」とは何なのか。私の興味は尽きない。いずれにせよ、現在我々が知っているものはすべて「隠蔽工作された後のもの」である。すなわち、本物ではない。今後の研究を末永く待つ他ないのかもしれない。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2017年3月

« 前月 翌月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2017年3月

月別アーカイブ