リーマン・ブラザーズの倒産から学ぶ

コメント(0) (0)

 

15日に倒産した米国の証券会社リーマン・ブラザーズの影響で、15日夜の米国マーケットは大きく下げ、投資家による心理連鎖により、16日の東京マーケットは3年ぶりの安値水準まで下落。

リーマン・ブラザーズを見捨てた政府の措置は正しいのか?」という記事からは、米国内での様々な反応を知ることができる。

どちらにせよ、こうした規模の金融危機になると最終的に、政府による資金注入しか手がないわけだ。

 

では何故、リーマンに対して資金注入をしなかったのか?

こちらに、「なぜ米政府はサブプライムで銀行救済に乗り出さないのか」という記事があるが、内容を要約するとこういうことになる。

メリルリンチは、バンクオブアメリカが救済したが、こうした民間からの救済が得られなかったリーマンを、もし今の段階で公的資金より救済すれば、高給取りの証券会社社員を何故公的資金で救うのか?という事になってしまう。

このように大規模な金融危機になると「世論」を味方に付ける必要があるため、金融当局としては国民から反発を喰らわないように、注意深く事を進める必要があるわけだ。

つまりリーマンは、事をスムースに進めるための「生贄」になったということになる。

 

また記事によると、日本のバブル崩壊後の処理があれだけモタついたのは、タイミングの悪さが原因だとも指摘している。

1992年に宮沢首相が公的資金注入をほのめかしたとき、日本国民は猛反発。

1997年に銀行の貸し渋りで、世論が逆方向へ傾くまで、6年もの歳月が流れることになったというわけだ。

今回の米国金融危機を乗り越えるためには、日本の失敗を分析し「人のフリ見て我がフリ直せ」方式で対応しようということのようだが・・

 

確かに何事もタイミングというのは大事だ。

私たちの身近にある物事への対処も、迅速に動いた方がいいのか、それとも少し待った方がいいのかによって、大きく結果が変わってくるというのはよくあることだからね。

トレードの世界では、基本的に「起こってしまった思わしくないこと」については、慌てず少し時間を掛けて対処する方が、事態はよくなることが多い。

逆に良いと思ったことに対しては、早く動いた方が良い結果となりやすいのだ。

緩急をケースバイケースで使い分ける、そのためには心理的な余裕と、日頃からのたゆまぬ訓練が不可欠になる。

というわけで、158年の歴史を閉じたリーマン・ブラザーズの倒産からも学べることはたくさんあるというオチで、今日は締めさせていただきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2008年9月

« 前月 翌月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2008年9月

月別アーカイブ