トレーニングで勃発したある問題点

コメント(0) (0)

トレーニングは当初予想していた以上に速いペースで推移している。

まず基本的な生計を支えるための東京マーケットでの手法はできるだけ単純化しているが、今日もこちらの記録にあるように +4万円。

83万円の資金(信用取引)でのトレードとしては上出来だといっていいだろう。

連日予想通りの成果でまずは磐石の体制が整ったといっていいだろう。

 

で本命の米株トレーニングだが、トップランナーのトレーダーがリアルティックのチャートが更新しないという問題に直面している。

こういうときは、デルの24時間サポートは迅速に対応してくれるので助かるのだが・・

結局PCのハードディスクとメモリの交換で解決したかに見えたのだが、依然ダメ。

で翌日マザーボードを交換することになったのだが、それでもリアルティックを起動させると、依然イベントビューアーでエラーが出るのだ。

明日はビデオカードを交換するのだという。

 

これは5月2日から始まった現象で、リアルティックの1分足チャートが更新されなくなるのだが、マーケットが始まってからこの現象が始まると、F4キーとOKボタンのクリックでチャートを更新するしか手がなくなるのだ。

だが意外なことに、4銘柄ホールド体制でも確実にチャートをチェックすることになるため、チャートの循環監視という意味では、見落としがなくなるわけだ。

その思わぬ効果のためだろうか、こうしたトラブルを抱えての昨夜のトレードでは、何と +1900ドルオーバー。(笑)

だが当のトレーダーにとっては、かなりの負担になるわけだが・・

見方を変えれば、訓練の甲斐あってこうした不測の事態に遭遇しても、慌てず対応できる能力が備わってきているという証だと言っていいだろう。

 

それはともかくとして、「オフィスの他のPCを使う」という手もあるのだが、本人曰く、強制的なチャートの循環監視ができるので、今夜も F4キー 叩きの強制チャート更新でのトレードをやってみるという。

さて今夜はどうなるか?

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2009年5月

« 前月 翌月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2009年5月

月別アーカイブ