ネットエイド終了間際からの銘柄選択・米国株

コメント(1) (0)

ボトムスキャンを使い銘柄を探す方法ですが基本的な考え方は、日本株でも同じです。

エントリー方向と逆に動き続けて十分に「しゃがんだ」あとそのトレンドラインブレイクし、元のトレンドへ戻り「飛び上がる」力がありそうな銘柄を探します。

パターンとしてはこれも +0.236ライン・-0.236ライン・レンジアベレージ手前というように3パターンがあります。

上はネットエイドが終了した時点でのボトムスキャンの表示です。

下は4月9日(木)の東京マーケットの10時ちょうどの時点でのボトムスキャンの表示。

マーケット開始から1時間が経過し、ネットエイドが終了する時間です。

BS2330All.gif

 

アップトレンド銘柄を選択したのは単純に数が多いことと、指数の日足チャートがアップトレンドだからです。

 

BS2330Up.gif

 

強い銘柄の場合、つまりこのリストではトップから2銘柄です。

 

BIIB1.gif

500株で +500ドル +400ドル

 

COST1.gif

500株で +325ドル

 

BS2330Down.gif

 

下げている銘柄からの選択です。

 

RIMM1.gif

500株で +280ドル +235ドル

 

PCLN1.gif

500株で +460ドル +200ドル

 

GOOG1.gif

100株で +203ドル +108ドル

 

5銘柄で +2,711ドル

 

5銘柄ホールドする甲斐のあるゲインだといっていいでしょう。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(1)

今日は一旦しゃがんだあとブレイクしてきたらすごかったですね。
ほとんど監視銘柄上がってました

コメントする

2009年4月

« 前月 翌月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2009年4月

月別アーカイブ