酸素カプセル

コメント(0) (1)

エグゼキューショナーの一人から、酸素カプセルの体験談を聞いたのがきっかけ。

まずは電話番号を教えて貰い予約。

お試しのため、まずは40分コースから。

0829-o2capcell-00.jpg

西代整体院は、クマチャンところから至近距離。

0829-o2capcell-02.jpg

川崎製のドリームプラスというハード筐体の酸素カプセルで40分。

酸素カプセル自体のメーカー希望小売価格は357万円なり。

  

0829-o2capcell-03.jpg

左側が30でフルの1.3気圧(水深3メートル相当の水圧相当)。

7分で28まで加圧というペースで、徐々に加圧するわけだ。

そのたびに、空気を耳から抜くため「唾を飲み込む」必要がある。

終わるときは徐々に減圧するのだが、その際にもゴックンが必要。

0829-o2capcell-04.jpg

カプセル内には非常用に圧力を一気に抜くためのボタンやレバーがある。

店の人によると、カプセルに入ると、ほとんどの人が眠くなって寝るという。

私は車の中で10分間だけ寝る、などということは得意なのだが、あいにく眠くならなかった。

暇なので、インナーヘッドフォンでiPhoneの音楽を聴きながら40分を過ごすことに。

ちょっと慣れない感覚のためだろうか、あまり心地よいものではなかった。

 

だが、そのあとの効果が、実は無視できないものだった。

カプセルから出たのが3時半頃。

その日は、夕食時にビールをグラス二杯程度飲んだのだが、普通は眠くなってそのあと仮眠するわけだ・・

だが何故か、一向に眠くならない。

 

仕事の前だから寝ておこう、という状態にならないわけだ。

「寝ておかないと持たないかなあ・・」という心配が無用になる、この気分は、どう言えばわかるだろう。

あたかも「気」が体中に充満しているかのようじ感じといえば、わかりやすいだろうか。

結局ナスダックマーケット開始2時間後の12時半ごろまで一睡もせず起きていられたというわけで、これにはちょっと驚いた次第。

続く・・

  

写真はすべて iPhone4 付属カメラで撮影。

    

酸素カプセルナビ 

酸素カプセル比較情報サイト 

ソフトボディタイプの様々なモデルを一覧 

トラックバック(1)

トラックバックURL:

トラックバック式通販情報 - 酸素カプセル (2012年2月 2日 14:15)

酸素カプセルの情報 続きを読む

コメントする

2011年9月

« 前月 翌月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別アーカイブ