砂糖・糖質ゼロアイス

コメント(0) (0)

市販のソフトやアイスには必ず砂糖が入っている。

icecreamMaker01.jpg

そこで時短&冷凍庫のスペース確保不要のアイスクリームメーカーを購入。

砂糖・糖質ゼロのアイスクリームを作ることができる!

    

温める調理家電はあるが、冷やす調理家電というのは意外と少ない。

   

事前冷却なし!材料を入れるだけで作れるアイスクリームメーカー『アイスデリ』のお手並み拝見

アイスデリはアイスクリーム、デザート、ソースなど幅広く使える調理家電。

 

最大の特徴は、小型冷却装置内蔵のため冷凍庫のスペースが不要になるという点だ。

しかも、専用ポットを冷凍庫で約8時間冷やすなどの事前準備が不用という便利さ。

   

icecreamMaker02.jpg

  

冷蔵庫メーカーのハイアールが、冷却技術や冷却装置のノウハウを駆使し開発した製品。

同社のワインクーラーにも使用されているペルチェ素子を使った冷却装置を採用。

   

ペルチェ素子とは2枚の金属の間に電流を流すと、片側からもう片側に熱が移動するという効果のある半導体。

冷媒ガスを使う必要が無いため、軽量、無振動、無騒音。 

とはいえ稼働中は、それと分かるモーター音がする。

     

icecreamMaker03.jpg

   

前冷却式だと事前冷却の時間を含め約8時間から9時間が必要。

だがアイスデリは、事前冷却の必要がない。

そのため、運転時間の約40~120分のみでアイスクリームができるという。  

    

この高機能モデルは温度調整の機能も搭載し、6段階の調整が可能。

かため、やわらかめ、シャーベット、フローズンの凍らせる4モード。

 

さらに約0℃のジュレモード、約5℃の冷スープの冷やす2モードがある。

アイスクリームマシンというより「フリージングクッカー」?。

    

icecreamMaker09.jpg

蓋の部分にモーターがあって、攪拌する仕組み

 

icecreamMaker10.jpg

蓋にはモーターへ電源供給する端子がついている。

 

icecreamMaker11.jpg

電源コード

   

icecreamMaker04.jpg

「▲」で固めのできあがりを選択、稼働中のショット

     

材料は、付属レシピによると・・

卵黄3個、グラニュー糖大さじ4、牛乳100ml、生クリーム200ml、バニラエッセンス1滴

    

だが糖質を避けるため、グラニュー糖は使わずラカントを使用。

牛乳も使わず、かわりに豆乳を代替え材料にしてみた。

     

早速作って試食すると・・うまい!

  

砂糖のエグい甘さがないため、実に上品な甘さだ。

おまけに豆乳のマイルドさが加わることで、飽きない美味しさになっている。

     

面倒だったのは、材料を鍋に入れて沸騰しない程度に加熱し軽く「とろみ」が出るまで加熱するというくだり。

アイスデリが動作中は、どのみち、機会の中で攪拌してくれるわけだからね。

  ↓

icecreamMaker05.jpg 

なので2回目は、いきなり材料を全部ボウルへぶっ込んでみた。

ボウルの中では軽くかき回すだけという、大ショートカット。

   

icecreamMaker06.jpg

1時間ほどでこういう状態になる。

 

icecreamMaker08.jpg

1時間半ほどで完成。

   

完成したアイスはタッパに入れて冷凍庫で保管。

堅くはなるが、それでもおいしさに変わりなし。

   

自宅で砂糖抜き、糖質ゼロのアイスクリームを、簡単に作ることができる!

これからの季節が楽しみになるアイテムだ。

    

   

関連記事

 

人工知能と通信機能を搭載したファミリーイナダのマッサージチェアのお手並み拝見

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2017年6月

« 前月 翌月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2017年6月

月別アーカイブ