Vincent Ingala

コメント(0) (0)

vincentIngala.jpg

 

最近のヘビーローテーションは ヴィンセント・インガラ Vincent Ingalaの最新アルバム。

 

最新アルバムPersonal touchから、タイトル曲。

Vincent ingala - Personal touch

イントロのリフが印象的。サックスのメロディーラインが美しい。

 

Vincent Ingala - Wish I Was There - Live on Breakfast with Gary & Kelly

Breakfast with Gary and Kelly というテレビ番組。

ライブなのでギターの腕前を堪能できる。  

 

Vincent Ingala: Personal Touch (Behind The Scenes)

 

 

ヴィンセント・インガラは、2010年に最初のアルバムをリリース。

2013年には、Billboard「Smooth Jazz Artist of the Year」と Sirius XM Watercolors「Breakthrough Artist Of The Year」を冠している。

2012年にリリースされた「Can not Stop Now」の Coast To Coast には、2015年にリリースされたビルボード・コンテンポラリー・ジャズ・チャートで第1位のシングルが2曲収録されている。

     

パーソナルタッチはヴィンセント・インガラ Vincent Ingala  の5枚目のアルバム。

10曲中8曲までは彼のオリジナル。

  

楽器はすべて彼が演奏し、多重録音で制作されている。

素晴らしい才能だ。

   

これだけの才能を持つだけに、すでにクリス・ボッティ、ジョナサン・バトラー、ピーター・ホワイト、キム・ウォーターズなどのアーティスト達とコラボレーションしている。

  

アルバムを通して聴くと、キャッチーなメロディーラインと繰り返されるバッキングのリフのコンビネーションが印象的だ。

  

シンプルでスイング感溢れるSweet なメロディのオンパレード。

まるでベストヒットを並べたポップチューンアルバムのようだ。

   

   

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2018年8月

« 前月 翌月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2018年8月

月別アーカイブ