父のDRTを再開

コメント(0) (0)

0818dad05jpg.jpg

 

0818dad03jpg.jpg

水分補給は大事で書いたように、父(97)が廊下で転んでからは、腰が痛いというので寝たきり。

7月27日から、22日間つまり約3週間寝たきりなのだ。

  

もちろん1週間ごとに様子を見に行っている。

調子は?と聞くと、あまりよくないという。

   

なので17日(金)にヘルプしながら何とかベッドへよじ登ってもらい、DRTを1セット。

そして足も軽くもみほぐす。

急に動かすのも何なので、DRTはとりあえず1セットだけ。

 

0818dad01.jpg

 

タカダイオンは、白いコードは枕へ。

そして黒いコードはDRT用の短冊状銀布へ接続している。

このようにスプリッターで分けると、差し替える手間がなくて便利。

    

0818dad04jpg.jpg

昨日も訪問すると、やはり調子がよくないという。

痛いからといって、寝たままで動かないと、余計にカラダが固くなるし、つらくなるからと、ベッドへ誘導。

  

一人ではベッドへよじ登れないので、足を持ち上げるときにヘルプしながらだ。

DRTを3セットに加え、足を約5分もみほぐす。

 

終わると、気持ちよくて動けないらしい。(笑)

3週間も寝たままで動かない状態と、施術後との気分を、比べるとその落差は相当なものだろう。

     

なので、しばらくそのままで、うつぶせのまま寝ていた方がいいというと、素直に言うことを聞いてくれた。 

上の写真はそのときのショット。

   

手動DRTだと3セットで15分と、足のもみほぐし5分で合計20分。

    

ロボットだと10分×3セットで30分。

その間に足もしっかり揉めるからね。

 

という皮算用で、DRTロボットの導入を検討中。 

   

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2018年8月

« 前月 翌月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2018年8月

月別アーカイブ