98歳の父は無事退院

コメント(0) (0)

hospital.jpg

     

     

98歳の父は、「完全房室ブロック」という病名のため、体内にペースメーカーを装着することになりました。

 

pacemaker01.jpg

 

テンポラリペースメーカー装着での結果がよかったため、比較的早いタイミングでの手術が行われました。

    

pacemaker02.jpg

父の場合、体内の心臓を動かすペースメーカー細胞からの電気信号を、心臓に伝えるところが完全に働かなくなっているため、「完全房室ブロック」という病名がついています。

だが、ペースメーカー細胞からの信号が完全にブロックされると、代わりにバックアップをする細胞が働き、20-30回/分くらいの心拍になるため、脳への血液が不十分となり、いろいろな不具合が出ていたのです。

 

pacemaker00.jpg

通常使われるペースメーカーはこのように、コードが2本出ているタイプ。

  

pacemaker05.jpg

だが父の場合は、コードは一本だけ。

  

hospital5.jpg

主治医からの説明で見せてもらった現物。 

左側のサイズのものを使用する予定でしたが、実際にはその半分の大きさの最新型を入れたそうです。

  

pacemaker03.jpg

この写真で大体の大きさがわかるはずです。  

    

pacemaker04.jpg

父のケースでは、このようにペースメーカーから出ているコードは一本だけ。

コードが1本だと、縦の大きさはさらに小さくなるというわけです。

   

手術は1日に無事終わり、夕方病室へ見に行ったら、薬のせいでよく眠っていました。

monitor.jpg

2時間ほどの予定だった手術は1時間ほどで終わり、経過はとても順調だとのことでした。

       

術後の経過も順調で、ナースの方いわく、年齢を考えると、とても速い回復だそうです。

普段から入所しているホームでは、タカダイオンを使い、プロテインや十分な水分補給などで、体調に気を付けていたため、術後の回復力が強くなっていたからだろうと推測しています。

       

monitor2.jpg

6日には持参した次郎柿を「おいしい」と喜んで食べてくれました。

その時にはすでに心拍をモニターするディスプレイは撤去されていましたから、安定した状態なのでしょう。

    

たぶん心拍を監視する必要はない状態にまで、回復しているためだと思われます。

というわけで手術は無事終了し経過も順調!

  

2019年10月23日に救急搬送されたときは、一時はどうなるかと心配したのですが・・

心臓の不整脈による危機の峠は、何とか越えたようで、まずは一安心です。

  

というわけで、昨日11月13日の午前中に無事退院しました!

   

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2019年11月

« 前月 翌月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ