足揉みローラー効果は抜群

コメント(0) (0)

rollerandtakadaion.jpg

 

若石ローラーで足を揉むときに、タカダイオンを動作させ、導子を膚に接触させておくとマチャクチャ効きます。

  

rollerandtakadaion02.jpg

 

凝りのある筋肉は、静電気によって筋肉が収縮したままになりがちです。

つまり緊張をし続けている状態になっているのです。

   

ですが若石ローラーで、足を揉むと体内の静電気は、身体中に分散されることになります。

   

すると凝っている局部の凝りはほぐれて行くのですが、分散された静電気が体内にあると、血流の改善や、筋肉を弛緩させる効果は低くなりがちです。

それに一時的に凝りが解消されても、再び静電気が凝っている部分やに戻り、集まってくると、凝りが再発することになるわけです。 

 

さらにPCなどから発生している電磁波を浴び続けると、カラダに静電気が帯電し、それが原因のひとつとなって、肩こりや不眠など、様々な症状が発生することになります。

そのため帯電した静電気をアースをするための枕カバーやシーツが販売されているわけです。

 

アーシングをすると体内の静電気は、必ず減少します。

これは体内の電圧を計ってみるとよく分かると思います。

     

そのため、静電気による症状がキツイ方は、帯電した静電気をアースをするための枕カバーやシーツを使うことで大幅に症状が改善されることがあります。

 

ですがアーシングしただけでは体の電圧はゼロにはなりません。

つまり静電気が完全に除去できるわけではないのです。

 

ですが身体電圧を測ってみたで書いたように、タカダイオンの導子に皮膚が触れると一瞬で体内の電圧はゼロになります。

earthing09-02.jpg

つまり静電気による電圧がなくなり、静電気が凝っている部分やに戻り、凝りが再発する度合いが著しく減少するため、よく効くのではないかと考えています。

若石ローラーとタカダイオンをお持ちの方はぜひ試してみてください。

  

ローラーで凝りをほぐすという効果は、大幅に向上することを体感されるはずです。 

個人差はあると思いますけどね。

 

お試しあれ!

   

 

PS

タカダイオンの販売代理権を取得していますので、私を通じてタカダイオンを購入された方には、誰もやっていないであろう、非常に効果の高い使い方を、伝授します。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2018年4月

« 前月 翌月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2018年4月

月別アーカイブ