2018年08月10日 のCoolに過ごそう

NAET

コメント(0) (0)

NAET.jpg

     

8月8日にNAETを受けに静岡まで行ってきました。

WIKIを読むと根拠がないような記述箇所がありますが・・(笑)

      

施術を受けたのは、静岡の増田カイロプラクティックセンター

日本のNAETの総本山のようです。

  

電磁波・化学物質などの各種過敏症患者さんもおられるため、香料・洗剤・柔軟剤・シャンプー・整髪剤などのついていない状態で、直前には手を洗い、治療を開始しました。

 

施術はNAET専任の斉藤友美恵先生(オーストラリア政府公認カイロプラクター)。

アクティベータ専任の佐藤留美子先生(カイロプラクター・鍼灸師)ともう一人の助手の方が代理人でした。

  

あらかじめメールで概略を送り、当日は10時から1時間ほど施術。

せっかくなので、午後は2時からもお願いしました。 

  

まず代理人の方が、上向きで横になります。

あるものを右手に持ち、カラダの頭から腹部にかけて手をかざし、先生が左手を倒すように力を入れ、もともとの筋力のままか、それとも弱く変化するかを先生が検査します。

その反応によって、パワー(エネルギー)の流れを判定するようです。

    

そして次は施術です。

今度は代理人の方がうつ伏せになり、筆者は代理人の左手に触れます。

   

そして背中を、先生が電動の振動を与える道具で、調整するようです。

これは気持ちよさそうでした。

     

これを繰り返し、原因を追い込み、施術します。  

    

筆者は代理人の腕に触れているだけ。

なので、何の刺激や痛みもなく、もちろん快感もありませんでした。(笑)

    

砂糖や糖質はカラダに悪影響があるとのこと。

血糖値うんぬんではなく、エネルギーの流れを阻害するそうです。

      

病院の IgE検査 では、ブタクサにアレルギーがあることも伝えてあったのですが、麦も同じ種類だそうです。

すでに小麦は避けているので、これは正解だったようです。

   

結論から言うとアドバイスは・・

  

電磁波にはさらに気をつける。

タンパク質と塩をさらに摂取する。

 

そして尿のPHを計測し、できるだけアルカリ性になるようにする。

これは重曹+クエン酸水を1日5、6回摂ればいいそうです。

  

あと、エネルギーの流れをよくする方法も教えていただきました。 

特別何かにアレルギーがあるということは、なさそうだとのことでした。 

   

また、お金、事業、一生懸命に仕事をし過ぎる、などという欲も、エネルギーの流れを悪くすることが多いそうです。

あと自分に「ご褒美」を与えるのも大事だとのことでした。

  

メールで・・

 

お仕事の都合があると思いますが、日帰りで施術もして神戸往復はちょっとキャパオーバーかと思います。

翌日はこちらは休診日ではありますが、体調によっては無理せず、どうぞ静岡でも、名古屋でも、どこかで1泊してお帰りいただければと思います。

  

とお気遣いをいただきました。

ありがとうございます。

 

結局朝5時に神戸を出発、夜8時には無事神戸へ戻ることができました。

帰宅したあとも、いたって元気でした。

    

例のセットがありますからね。(笑)

     

    

Drtrobot01.jpg

    

クイックチャージをDRTロボットの上で、うつ伏せになり、揺らしながらやってみました。

クイックチャージというのは、10センチの木製ボールを銀布でくるみ、タカダイオンに接続し、左右の腎臓と肝臓に圧をかける方法です。

   

右側の肝臓のゾーンをチャージする場合、DRTロボットの上にうつ伏せになるのですが、体重は反対側の左側にかけます。

ロボットを動作させながら、体重を左側から右側へ徐々に移動させます。

  

最初は内臓にあまり圧迫感を感じない程度の圧力をかけます。

つまり体重を左側9:右側1位の割合でかけて始めます。

 

Liver-animation.gif

             肝臓の位置

  

ほぐれ具合を見ながら、体重を左側から右側へ徐々に移動させてくだだい。

    

DRTロボットの音がするので、内臓がほぐれるときの音は余り聞こえません。

やがて空気が抜けるように緩み、しかも「むくみ」がなくなるので臓器は奥へ引っ込んでゆきます。

 

肝臓が終わったら。次は左側の腎臓ゾーンも同じようにして、ほぐします。

 

kidneyimages.jpg

 

このように、圧をかけるだけではなく、同時に左右へ揺らすと、ほぐれ具合がマイルドに感じられるはずです。

肝臓や腎臓だけではなく、周辺部の腸などへも広げるように拡大することができます。

  

タカダイオンを使うと、絶縁されている体が一種のコンデンサ(蓄電池)となり、マイナス電子が人体に蓄積されます。

体に電子が供給、蓄積されると、血液中の免疫抗体である「ガンマーグロブリン」がその電子を受け取り活性化します。

   

そしてその効果は全身に拡散し、全身の細胞内からナトリウムイオンやカルシウムイオンが細胞外の血清に流れ出し、カリウムイオンが細胞内に移動します。

これによって免疫が強化され、細胞も活性化するのです。

   

血清中に流れ出したナトリウムイオンやカルシウムイオンは血清中の腐敗物を中和します。

そして血液は正常な弱アルカリ性に保持されます。

 

また、万病の原因と言われる活性酵素や過酸化物質を還元、無毒化させることで、体内に発生した活性酵素や過酸化物質が正常な組織を老化(酸化)させることを防止し、酸化した細胞の還元効果も期待できます。

免疫系の強化、細胞の酸化の防止、細胞の若返りの効果により、自然治癒力が強くなるというわけです。

  

おなか周辺が柔らかくなると、血行が良くなり、とにかくカラダが凄くラクになります。

お試しあれ。

   

    

 

QuickMagicAll - 09(木)

コメント(0) (0)

QMALL Watch

757fc1865ae1d03ff28dc78cedcdeb4e6a72dd08.jpg

米国ナスダックマーケット QMALL 昨夜の成績は?

    

ボトムスキャン ・ マーケット開始2分後の表示

0809bs2.gif

ボトムスキャン無料ユーザー登録 で 1週間無料トライアル

基本メソッド カットロス幅の基準は▼150ドル前後

  

 

ロングサイド

  

   

ntap.gif

NTAP 500株 ▼90ドル

3分足でのプルバックは230ドル

下は30秒チャート

ntap30.gif

3分足での手仕舞いだとロスは240ドル増加する

 

 

roku.gif

ROKU 1000株 +2770ドル

 

 

aapl.gif

AAPL 200株 +390ドル

 

 

stx.gif

STX 1000株 ▼210ドル

3分足でのプルバックは330ドル

下は30秒チャート

stx30.gif

3分足での手仕舞いだとロスは120ドル増加する

 

 

msft.gif

MSFT 500株 ▼120ドル

 

 

ショートサイド

 

 

esrx.gif

ESRX 500株 ▼160ドル

 

 

ctrp.gif

CTRP 1000株 +10ドル

3分足でのプルバックは190ドル

下は30秒チャート

ctrp30.gif

3分足での手仕舞いだとロスは200ドル増加する

ラッキー!

 

 

amat.gif

AMAT 1000株 +210ドル

 

 

biib.gif

BIIB 100株 +110ドル

 

 

avgo.gif

AVGO 200株 +220ドル

  

      

QMALLは10銘柄へエントリー

ロングサイド +2740ドル

ショートサイド +390ドル  

合計 +3130ドル

すべて3分足での手仕舞いだとロスは560ドル増加する  

 

ボトムスキャンのゲインの 約84% のパフォーマンス。    

   

ボトムスキャンのパフォーマンスは +3710ドル。

  

ロングサイド2勝

ショートサイド4勝

 

ロングサイドのROKUがMVP銘柄

この銘柄は美味しい

ただ、やられるときも大きいので気をつけたい銘柄だ 

 

というわけで3千ドルオーバーの大勝!

さて今週はあと一日!

  

  

2018年8月

« 前月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2018年8月

月別アーカイブ