薬物と社会

コメント(0) (0)

WIRED VISION の記事から「薬物と社会」という特集記事をご紹介。

drugs2.jpg

薬物は精神的あるいは肉体的ななモチベーションを、飲むだけで手軽にアップさせたいという目的のための、いわゆるショートカットの手段だといっていいだろう。

その現状と社会現象との関わりについての読み物としても、なかなか面白い内容となっている。

主な内容

drugs.jpg

M・ジャクソン急死:米国人に広まる「処方薬中毒」とは

「人間を善人にする薬物」:道徳心は薬で強化できるか

「脳を活性化する薬」が米国知識層に蔓延:読者からも多数の使用報告

抗欝剤を飲みながら闘う米軍兵士たち:身体強化薬も普及

科学者の2割が向精神薬を使用:『Nature』の調査

急死したヒース・レジャー氏:「6種類の睡眠薬や安定剤」が原因か

一般層に広がる「ドーピング」:高学歴の若いホワイトカラーが中心

風邪薬を原料に覚醒剤を密造

覚醒剤の助けで戦闘に臨む米軍兵士たち

『エクスタシー』が苦しみをもたらす

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2009年8月

« 前月 翌月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別アーカイブ