2011年11月10日 のCoolに過ごそう

ゴッコ国民の限界

コメント(0) (0)

シアトルの友人である小野沢さんからは、ほぼ毎日のようにメールが送られてきます。私からはほとんどメールを出さないのにもかかわらずです。^^;

というわけで、今日は罪滅ぼし?!を兼ねて彼のメールを下記へ転載させていただきます。

小さい子供さんをもつ母親の多くは、真剣に情報を集め、アクションを起こしているので、それが救いでしょうか。原子力保安院は、子供にさえ「ホアンインゼンインアホ」などと揶揄されているくらいですからね。まともな国民は「またか」という程度の受け止め方をしているようです。

ですが多くの日本人はTVや新聞の垂れ流す偽の情報に晒されているわけです。ああいうメディアの連中もアタマの中も「全員アホ」。こういう「あほ」に伝染されないためには見ないのが一番。(笑)

 

東電の責任もさることながら、東電などに安全性を厳しく徹底させるべき原子力保安院が機能していなかった責任、最も語られるべき点だと思うのだが、この部分が語られることがない!
なんでやの?  不思議でならない。

メディアは就職先としてメディアを選んだ連中ばかり。マックス・ウェーバーに言わせれば、職業としてのジャーナリストであろう。それは、政治家と政治屋の違いと同じで、真のジャーナリズムの要素を持たない連中のこと。カレラの駄目加減は今までにもアラユル面で見せ付けてくれているから期待はできないが、政治的無関心な国民よりも意識は高い筈だがナンもでてきやせん!

そうでないジャーナリスト達、テレビや新聞で痛烈な発言をしてきた自称ジャーナリストは何故なにも言わないのだろうか?カレラはなぜ行動を起さないのだろうか?ベトナム反戦運動の時代には、知識人が先頭に立っていたが、今や、日本の知識人はタレントとしての知識人に堕落状態なのだろう。彼らが行動を起すことはない。軍隊ゴッコをやった三島由紀夫の行動力の方がまだマシである。

今回の放射能問題の責任に言及するならば、東電の責任以上に、東電などの私企業に安全を徹底させるべき機能を麻痺させていた原子力保安院、彼らの責任に全てが集約されている。それなのに、何故、誰もこのことを問題にしないのだろうか?不思議でならない。

補償問題回避、そして行政内の身内相互保護の立場から、政府の側は、問題を隠蔽しながら、低めの数字、安全基準の変更、統計数字の誤魔化しなどのトリック、即、姑息な手段を使って国民を騙し続けてきたし、これからもそれを行うだろう。騙されていた方が楽!と思う国民がそれを支えている。メディアも、余計なことを詮索するよりも、御用メディアになり下がった方が
それでなくとも広告主が少なくなった経営事情もあって余計な仕事をやらなくてすむ。

東電や政府の手先と化してしまった御用学者たちは学歴や肩書きだけはご立派でも、頭脳のレベルは低劣だ。善悪判断力を軸とする知恵(能力)が機能していない。こんなカタワな連中が日本の頭脳としてのリーダーなんだからほんとに、この国のエリートのレベルは低い。彼らは、受験学歴エリート職価値観を学生時代から刷り込まれてきた国民、そんな日本国民の力量を代表しているような気がする。

期待できるのは国民か?否!高校時代の屈折した灰色の受験生活を払拭するかのように、大学に進んでから革命・内ゲバゴッコで"青春の"憂さ晴らし肩書きを得てからはゴールドカードやプラチナカードで、お金持ちゴッゴ、奴らは他に達成したものがないから学生時代、いかに自分たちが革命的で意識が高かったかを今でも自慢する。革命とは体制的価値観を破壊するところにあるのに、そんなことも知らないのかしらん!彼らの日常会話に出る学歴肩書き主義が体制的であり、それが革命の信義に矛盾していることにも気がついていない。博識を良しとするように訓練されてきたから、知識人ゴッコは大の得意技。中には、坂口安吾や永井荷風などの自堕落な小説家を気取った放蕩三昧小説家ゴッコもいて酒に呑まれオンナ遊びをすることが文学的なんだ!と大きな勘違いをしているというのもいる。

みんながみんなこうではないが、大学の文系を出た奴らの中にはロクでもないコノ種の馬鹿が目立つ。イロイロと知的なことばかりを演説しているくせに、また、革命的な学生運動を今でも語り続けるくせに、東電・保安員・無能政府に日本国民が直面している今、コイツラは何の行動もおこさない。日本には国民による自浄能力がないのだろうか。シーシェパードのあの激しさに通じる自浄機能が対東電と対政府に求められているというのに。

知識計算能力だけで頭脳優秀!としてきた日本は、能力とは、それだけはない!ことに気がついてこなかった。善悪判断力を軸とする知恵という能力が同等にあって、それではじめて優秀な頭脳!ということに気がつかなかったのだ。だから、日本を運営する政治と行政レベルにおける日本の頭脳は、完全にカタワ!なのである。こんなカタワ頭脳だから、放射性物質蔓延の日本が安全だ!と平然としてノタマウのである。

関東地方の子供のいる家庭は、思い切って九州などへ引っ越すべきである。参考までに、風向きの関係で、放射性物質は九州よりもシアトルを含むアメリカ西海岸の方が、多量に計測されているようです。

http://cerea.enpc.fr/en/fukushima.html

上から三番目のMapで風の流れがわかります。上のリンク右横にあるリフレッシュ・ボタンでリフレッシュすると更新されます。

おのざわ

 

 

たしか、ゴジラは水爆実験によってエネルギーを得たモンスター。この映画が作成された頃の日本には原爆、水爆のトラウマという時代背景があった。放射能が何でも巨大化させる!と僕ら子ども達も思っていた。そんな中のゴジラだった。

本日、大阪の友人から、彼の会社の敷地に巨大クローバーが!という報告が入ったので写真をごらんあれ。

clover.jpg

その他にも、つい最近の新聞ニュースでも船橋の家庭菜園での巨大サツマイモ
http://funabashi.keizai.biz/headline/60/
今年の五月に苗を植えたようです。

別の場所でも五月に苗を植えた巨大サツマイモ、、
http://kokusan-marukajiri.net/pub/maruphoto01169.html

 

りそな総合研究所が、止まらない東京圏からの人口流出というレポートを出していますね。

とにかく今は、政府・ほあんいん・東電よりも、自衛が最優先。

以前書いたように、飯山一郎さんがWEBで書かれているように、米のとぎ汁乳酸菌液を作り、スプレーで霧状にして鼻から吸引する。

私はマイクロバブルの風呂に入りながら、吸引しています。

食品は焼き塩を溶かした水道水の中に30分くらい入れておくと、放射能や農薬を無害化できます。

http://www.tenemos-ier.org/pg51.html

http://pekepekedan.blog.fc2.com/blog-entry-22.html#comment35

ビニール袋に入ったままの食品でもOK。

強アルカリ(極陽性)の焼き塩が入った水中では、吸引エネルギーの場が発生、放射能等の極陰性の崩壊系のエネルギーは中和されて消滅するという理屈。

飲料水は、1リットルにつき、1グラムの焼き塩を入れると、細胞を増やす水に変化します。

室内では、ペットボトル空気清浄機で水をフィルターにして有害物質を除去可能。

http://youtu.be/D9cgdyRfwxs

http://pekepekedan.blog.fc2.com/blog-entry-23.html  

 

2011年11月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ