フォステクス「HP-P1」

コメント(0) (0)

いわゆるヘッドホンアンプ搭載D/Aコンバーター。

iPod や iPhone で音楽を高音質で楽しむことができるバッテリー内蔵の高音質なポータブル ヘッドホンアンプだ。

HP-P1.jpg

CDプレーヤーは、いかにハイエンドの製品であろうと、回転振動などによる光学的な読取りエラー補正の発生から逃れることはできない。

だが iPod や iPhone へ保存されているデジタル化されたデータはメモリやHDDに保存されている。

そのため、CDプレーヤの読み取りエラーとは無縁のため、構造上音質的に有利な仕組みとなっているわけだ。

 

ポータブルオーディオ界の激烈パラダイムシフト

ポータブルヘッドフォンアンプは次のステージへ

iPodデジタル接続採用高級モデルの実力はいかに!?

価格.com レビュー

CarHP-P1-1.jpg

iPod 、iPhone  iPad などのヘッドフォン出力の前には、デジタル信号をアナログ信号へ変換する部分が存在する。

当然音質はそこへ投入されたコストと比例することになる。

言い換えれば音質のレベルを左右する、いわゆる決定的な役割を担っているわけだ。

その部分に十分なコストをかけ、専用に設計されたこの製品を通したヘッドホン端子からのサウンドは、まさにオーディオ界のパンドラの箱と呼んで差し支えないだろう。

iPod や iPhone からアナログ出力している以上、HP-P1 を通した音質に太刀打ちできる、スピーカーを含めた高級オーディオシステムの構築には、少なくとも3桁台の1万円札が必要になるはずだ。

CarHP-P1-2.jpg

とにかく、情報量が多く密度の高い、透明感溢れるサウンドには、呆れるばかり。

音量をどんどん上げいっても、うるさく感じないのだから恐れ入る。

難聴の心配をしなくてはならないレベルまで、音量を上げてしまうと、意識が音の世界に没入するため、車を運転しながら使うのは危険だとさえ言えるだろう。

なぜなら注意力がすべて音に奪われてしまうからだ。

思考力が停止し、無意識に音を聴いてしまうかのような感覚に陥るのだ。

 

あたかもレコーディングの録音スタジオでモニタースピーカーを聴くかのような、高い解像度のサウンドが、ヘッドフォンから流れてくるのだから堪らない。 

CDにはこれだけの音が、録音されているのだという事実に驚愕する体験によって、すべての曲をもう一度聞き返したくなってしまうのだ。

私の場合 iPod や iPhone へのリッピングは、CDと同じ、圧縮をしないWAVE形式だったことを感謝することにもなったわけだ。

音が間引かれた、ロスレス圧縮や mp3 などでリッピングしていた人は、すべてをリッピングし直すハメになる製品ではないだろうか。


 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2011年11月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ