クイックマジックプレイ

コメント(0) (0)

米株でも日本株でもイントラデイのいわゆるデイトレードの場合、クイックマジックプレイでエントリーします。

エグゼキューショナー・トレーニングでも、3分足を使ったクイックマジックがメインとなっています。

「最初のローソク足が形成するレンジを超えたらその方向へ入る」という単純なルール。

 

ですが成功率を高めるため、ハイローバンドをトレンドラインとみなしてチェックしておきます。

トレンドと同じ方向で、ローソク足が形成するレンジを超えたらその方向へ即エントリー。

トレンドと逆方向なら、その逆向きのトレンドが崩壊し、エントリー方向のトレンドが形成された時点でエントリーです。

大事なことは、5分足までを使ったデイトレードの場合、日足のトレンドより、分足のトレンドの方を優先するということ。

最初のローソク足は何分チャートでもかまいません。

1分・2分・3分・5分と技量にあわせて選択してください。

つまり 「n分」のローソク足が形成するレンジを超えたらその方向へ入るというわけです。

 

今日は日本株での例。

2011年5月27日(金)の対象銘柄は以下の通り。

並び順は株価の高い銘柄から安い銘柄です。

Jstocklist.gif

下はオープニングからを3分足チャートで表示しています。

さてあなたならどこでエントリーして、どこで手仕舞うでしょうか?

パッと見てすぐにわかるでしょうか?

よく訓練されたトレーダーなら、エントリーポイントの判定には5秒、脱出ポイントも5秒もあれば十分なはず。

Jstocklist01.gif

Jstocklist02.gif

Jstocklist03.gif

Jstocklist04.gif

Jstocklist05.gif

Jstocklist06.gif

Jstocklist07.gif

Jstocklist08.gif

Jstocklist09.gif

Jstocklist10.gif

Jstocklist11.gif

Jstocklist12.gif

Jstocklist13.gif

さてざっとやってみて、どうだったでしょうか?

日足でのハイローバンドギャッププレイを使った銘柄選択は、いってみれば銘柄数を絞り込むためのもの。

日足で該当銘柄がなければ、その分足のハイローバンドのトレンドにさえ従っておけば大丈夫。

下は、私ならこうするよねというサンプル。

Jstocklist01T.gif 

 Jstocklist02T.gif

Jstocklist03T.gif

Jstocklist04T.gif

Jstocklist05T.gif

Jstocklist06T.gif

Jstocklist07T.gif

Jstocklist08T.gif

Jstocklist09T.gif

Jstocklist10T.gif

Jstocklist11T.gif

Jstocklist12T.gif

Jstocklist13T.gif

というわけですが、どの銘柄に入ってもそれなりに獲れることがわかりますね。

じゃあ日足のハイローバンドギャッププレイで銘柄を選択するのは何故か?

  

銘柄を絞り込むため。

日足的にパニックが起こりやすい。

  

という二つの理由から。

 

日足が上がろうが下がろうが関係なく、どんなパターンが来ても自由にエントリーして利益を出せる。

これこそがトレーダーの夢なのですが、それが現実に可能になっているのです。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2011年5月

« 前月 翌月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ