30秒チャートでロスを減らせ

コメント(0) (0)

roku30.gif

  

ntap.gif

NTAP 500株 ▼110ドル

3分足でのプルバックは220ドル

下は30秒チャート

ntap30.gif

これだけの幅の陽線が続いた後で陰線が出ればその後で手仕舞いだ

基本的なパターン

33分というのは3分足での2本目のドアタマに該当銘柄する

そこで反転のサインが出ればまずダメ

  

  

momo.gif

MOMO 1000株 ▼160ドル

3分足でのプルバックは570ドル

下は30秒チャート

momo30.gif

1000株銘柄なので監視は必須の銘柄だ

これも典型的な3本フォーメーションのあとの陰線

  

3分足の長さを見ると神風ギャッププレイパターン

にもかかわらず、下げ始めたらダメというサインなのだから

わかりやすいフォーメーションだといっていいだろう

  

  

ctrp.gif

CTRP 1000株 ▼60ドル

3分足でのプルバックは340ドル

下は30秒チャート

ctrp30.gif

これも1000株銘柄なので監視必須銘柄

これも典型的な3本フォーメーションのあとの陰線2本目

同じトレンドが続くのであれば陽線が出て当然のパターンなのだ

おまけに30秒チャートの20MAの下へ潜ってしまっている

   

   

roku.gif

ROKU 1000株 ▼10ドル

3分足でのプルバックは400ドル

下は30秒チャート

roku30.gif

ちょっとラッキーな展開

長い陽線のあとの長い陰線がサポートラインを切ってしまっている

さらに30秒チャートの20MAの下へ潜ってしまった

典型的なダメパターンなのだから逃げないとね

  

  

nflx.gif

NFLX 100株 ▼80ドル

3分足でのプルバックは240ドル

下は30秒チャート

nflx30.gif

陽線5本のあとのDOJIはトレンドの転換サイン

これはここで逃げないとね

これもわかりやすい基本とあるフォーメーションだ

これを危ないと思えないとね。

 

 

mar.gif

NFLX 100株 ▼60ドル

3分足でのプルバックは180ドル

下は30秒チャート

mar30.gif

わかりやすい反転パターンだ 

  

唯一ショートサイドで30秒チャートを使わなければならない銘柄だった

最初の長い陽線2本のあとは出来高が少ないことがわかるはず

  

つまり値が飛びやすいわけだ

危険なパターンでもある

  

これだけ厳しい展開でもロスを少なくできれば、千ドルオーバーの利益を出せるわけだ。

このように30秒チャートを制することができれば、QMALLを制することができるのだ

 

 

トータルで勝てなかった人は、30秒チャートでのワンクリックシミュレーションだ。

少なくとも毎日やってみてはどうだろう。

1週間だけという期限を切ってもいい。

  

先の展開が読めるようになれば、とても簡単で、危ないことがすぐにわかるようになる。

基本はフォーメーションパターンなのだから、3分足チャートでも30秒チャートでもおなじことなのだ。

  

ただ30秒チャートは、3分チャートに比べると、6倍の速度で動くわけだ。

落ち着いて、30秒チャートを見ることが出来ているかどうかがポイントだ。

誰もが負けるような展開で、大きなロスをどれだけ減らすことができるのか。

ここが問われるわけだ。

  

銘柄の適切な株数の認識や執行ツールへの打ち込みなどは、数をこなすことで、ある程度の場数を踏めば、誰でも出来るようになるはず。

そこの切り分けだが、まずはエントリー記録のバックグラウンドがオールグリーンになっていないとダメ。

 

あとはチャートの読みがキモとなるわけだ。

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2018年3月

« 前月 翌月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2018年3月

月別アーカイブ