頭部の擦り方

コメント(0) (0)

diary.jpg

    

     

まずうつ伏せで後頭部

 

超カンタン脳脊髄アプローチ・後頭部

  

後頭部のラムダ縫合を意識して、動画を参考にして擦ります。

縫合部分を意識して縫合を跨ぐ方向へ擦ります。

アタマは結構堅い人が多いので、痛すぎないように、痛さ加減を訊ねながら圧を決めます。   

   

   

顔面部

 

全身ユルユルになる脳脊髄液アプローチ

  

おでこの中心にある前頭縫合を、仰向けで横方向へ擦ります。

この部分が堅くなると、全身が緊張するため、緩めると効果的です。

 

ビデオでは指で左右に擦っていますが、CS60を使って擦ると、より効果的です。

擦り続けると、前頭筋全体が緩みます。

   

CS60では頭部をくまなく擦りますが、縫合部分を意識して行うと、より効果的です。

  

   

30秒で頭痛を解消!"側頭骨"調整法

   

そして忘れてはならないのが、側頭骨部分を緩めておくことです。

動画では手を使って回旋させるように擦っていますが、CS60で行う場合は、非常に良く効きますので、最初は痛くないように、「こめかみ」の部分を意識して、丸い円を描くように擦ります。

こめかみ部分は結構痛いので、痛すぎないように、痛さ加減を訊ねながら圧を決めます。

     

 

視力や頭痛がみるみる回復

   

その他の顔面部分は、10分30秒あたりで擦る頭部の位置を覚えてください。

11分30秒あたりを見ると眉毛の下あたりを擦っていますが・・

そして目の下のポイントも擦ります。

 

CS60だと動画のように指は使わないので、こうした痛みを与えることなく、効果的に緩めることができるので、目の周りは特に効果的です。

13分55秒あたりでは鼻骨の周辺も擦っていますが、CS60では必ずこの周辺は擦りますよね。

15分40秒あたりからは、こめかみ周辺も擦っています。

  

この動画では、手で施術されていますが、この手技の応用ですので、CS60を使って擦ると、どうなるかは、言わずもがなですね。(笑)

参考になれば、幸いです。

    

   

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2019年12月

« 前月 翌月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ