父が再入院

コメント(0) (0)

nisseki1-2.jpg

    

    

父が1週間ほど前から、日赤病院へ入院しています。

入所している施設は、トイレの水は使用後に勝手には流せないようになっていて、使用後は回収して定期的に検査するシステムになっています。

  

常に医者がチェックしてくれているので、安心なのですが、今回はこのシステムが機能して不具合が発見されたようです。

入院の理由ですが、大動脈弁狭窄症という、大動脈弁の性質が硬化し、血液の通過できる面積が狭くなる症状のため、肺に水が溜まっている状態。

  

そのため、2週間ほどの入院で、利尿剤などの薬を使って排水をする予定となっています。  

根本的な改善のためには手術が必要だそうですが、高齢と痩せている条件では難しいとのこと。

 

担当の主治医は、ペースメーカーが順調に動作しているので、安心していたそうですが、まあこの1月末で99歳になりますからね。

   

とりあえずは、肺に溜まっている水を抜くための投薬で様子を見るということで、4日ほどで、薬の効き具合が分かるとのことだったため、昨日様子を見に行ってきました。 

肺に溜まっている水は薬がよく効いているとのことで、減少しているようで、まずは一安心。

   

nisseki2-2.jpg

   

足のむくみはまだありますが、尿はしっかり出ているとのことで、元気そうでした。

持っていった、リンゴの切り身を美味しそうに食べてくれました。

  

肺に水が溜まっていると、起きて歩き回ったりすると、しんどいはずだと言うことですが、寝ていると自覚症状は全くないようです。 

投薬だけなので、基本的に元気な状態。

 

本人はどこも悪くないといっていましたが・・(笑)

       

      

関連記事

   

98歳の父は無事退院

  

   

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2019年12月

« 前月 翌月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ