ナスダックマーケット初日雑感

コメント(0) (0)

休みが続き退屈し始めていたタイミングだったため、マーケットが待ち遠しいという気分だったのですが、開始前の先物は大きなギャップアップ。

オープニング直後はリバーサルが懸念された動きもあったのですが、その後は非常に強い展開でした。

こちらに4日のガイドの記録と検証がありますが、オープニングは不発気味。

 

良かったのはNIHDとBUCY。

この2銘柄だけで2600ドル以上のゲインとなったわけですが、入りそびれた方も多かったようです。

2010-01-04 23:36:53 hatch NIHDがトップ


0104NIHD.gif

1000株で +1310ドル

  

当然どちらもしっかりホールドできます。

例のラインを引けば、ホールドできるのは当たり前、ということがわかるはずからね。

   

2010-01-04 23:38:01 hatch BUCY

0104BUCY.gif

500株で +1365ドル

伸びない銘柄は見切って、ボトムスキャンのトップ銘柄を必ず組み入れて保有する。

これができれば、大きくゲインを伸ばすことができます。

多少エントリーが遅くても積極的に伸びているトップの銘柄にエントリーすべきなのです。

「これだけ上がったのだから、今更エントリーしてもダメだろう」と勝手に思い込まないことです。

この日のNIHDはレンジアベレージの2.5倍近くまで伸びたのですからね。

そのためにはゲインが伸びない銘柄は早く見切ることが大事。

今週一杯最後の調整のため参加されたあるトレーダーのコメントです。

 

約半年ぶりに神戸のトレーニングルーム。

年末以来のトレードとあって少し緊張、感覚が思い出せない。

ボトムスキャンのトップ5の銘柄を236越えた位置でエントリーして、ホールドすれば勝てるのだけど、気付いたら全部上がってる。

指示あった銘柄に入り、何トレードかしてやっと落ち着く。

1人でトレードしてたら諦めていた展開でしたが、やはりチームでのトレードは良いもんです。

銘柄選択は自分でしなくて良いので非常に楽。

最後のNIHDに救われました。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2010年1月

« 前月 翌月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別アーカイブ