2009年08月 のCoolに過ごそう

民主党圧勝効果

コメント(0) (0)

月曜日の東京マーケットは、大きくギャップアップしてオープン。

当然のことながら、ボトムスキャンで表示された銘柄が+0.236のガイドラインを抜けたら買い。

それもASAP。できるだけ素早くだ。というわけで素晴らしい結果だったわけですが・・

だが良かったのはアタマだけ。

スイングスキャンプロを使ったハイローバンドギャッププレイ銘柄一覧

3日

SS0803.gif

サポートを意識しろ!その2

コメント(0) (0)

昨日「サポートを意識しろ」で書いた+-0.236ゾーンでの反転だが、昨夜のマーケットで検証するとどうなるだろうか?

まずドアタマの指示銘柄BUCYだが、これが獲れなかったとなるとねえ・・

BUCY.png

獲れなかった原因は2パターン。

指示通りに入らなかった。

あるいは途中で出てしまった。

サポートを意識しろ!

コメント(0) (0)

トレーニングの検証を見ると最も多いエントリーパターンは+-0.236のガイドラインを抜ける位置。

特に最初のユニットの銘柄はほとんどがこのパターンだ。

そして時間が経過すると、出遅れた銘柄がこのガイドラインを抜けてくるわけで、2から3ユニット目のエントリーで多いパターンだといえるだろう。

ボトムスキャンの標準の表示も、0.236のガイドラインの前後で色が変わるようになっているのも、この位置を重要視しているからだ。

そしてそれ以後はさらなる高値ブレイクアウトを狙い、そしてその後はガットボトムパターン狙いという推移で一時間が経過する。

今日の前場前半の東京マーケットは強かった。

ココでの結果についての読み方ですが・・日足の形の良い銘柄を探し出すのが、HATCH3つまりスイングスキャンプロ。

0825Jhatch3.png

その銘柄をボトム・スキャンで監視して、フィボナッチのガイドラインを抜けるところでエントリーするというのがトレーニングでの基本のトレードフォーメーション。

タイトルの「惜敗」というのはメルマガ用に9時5分の時点で表示された銘柄を、前場終わりまで保有すればどうなるかという結果のこと。

トレーニングでのトレーダーのサポートが目的なので、1000株のタマを3発撃って、1日1万円というのがターゲット。

これをどれだけ低リスクで行えるのかがポイントです。

X デイ

コメント(0) (0)

ついにその日がやってきました。

21日金曜日は、トレーニングで鍛えたトレーダーの実トレードデビュー初日。

startB.jpg

で、ご本人のコメントです。

銘柄選択の工夫

コメント(0) (0)

トレーニングでは銘柄選択に、テスト中の新しい3分足チャートの20MAのトレンド表示機能つきボトムスキャンを使っているのですが、とても便利。

昨夜20日(木)のマーケットは、オープニングから先物がロングサイドへ動いたため、ショートサイド銘柄からもロングサイド銘柄を選択したのです。

こちらにあるように、オープニングでの、ロングサイドのパフォーマンスが良かったのは、この機能のおかげだと言っていいでしょう。

その際の銘柄選択の優先順位としては次のようになります。

1・日足が20MAの上 & 3分の20MAの上

2・日足が20MAの下 & 3分の20MAの上

ですが、ちょっと困ったことが起こりました。

ボトムスキャンの新機能をテスト中

コメント(0) (0)

Change の右側にあるマークが新機能のマーク。

0820JBottomScan.png

20MAの上では青、20MAの下では赤、20MAのそばだと表示無し。

フィルターは「L」が下向きを非表示、「S」は上向きを非表示。

ではこれをどう使うのか?

「考え」には習慣性がある!

コメント(0) (0)

わかりやすくいえば、成功した人の考え方の習慣をマネすれば、成功できる確率はアップするということになるわけだ。

「成功に近道はない」のだから、一発逆転を狙わず、コツコツと積み上げることが大事なのだが、この基本的なことを、なかなかできないのが現実。

brainB.jpg

現在行っているトレードのトレーニングでも、これは大事なポイントとなっている。

薬物と社会

コメント(0) (0)

WIRED VISION の記事から「薬物と社会」という特集記事をご紹介。

drugs2.jpg

薬物は精神的あるいは肉体的ななモチベーションを、飲むだけで手軽にアップさせたいという目的のための、いわゆるショートカットの手段だといっていいだろう。

その現状と社会現象との関わりについての読み物としても、なかなか面白い内容となっている。

先週末金曜日の米国マーケットの「写真相場」の様相を呈した月曜日の東京マーケットは軟調で推移。

こちらのチャートを見ると、後場もギャップダウンで始まり、終始下げ続けて終了。

0817Jhatch3.gif

スイングスキャンプロでの5ティック銘柄は、第一三共(4568)が、唯一ロングサイドへの指示。

墓参りデイ

コメント(0) (0)

お盆ですから、この時期に墓参りに行かれた方は多いはず。

summersky02B.jpg

16日(日)は父と一緒に墓参り。

適度に雲があったうえ、今の時期にしては、それほど暑くなかったのがラッキーでした。

問題はお盆のUターンラッシュ。

引っかかるのがいやなので、渋滞情報をWEBでチェックしてから出発。

 

暑中お見舞い申し上げます

コメント(0) (0)

下の写真は、エレベータの鏡に向けて、適当にシャッターを切り撮影した筆者近影。(笑)

summerB.jpg

台風一過、夏真っ盛りという感じで、14日(金)は朝からとても良い天気。

ですが神戸は意外と蒸し暑くなく、ちょっと不思議。

summer2B.jpg

今週も今日で終わり!

明日から週末なので2日間休み、といっても12時間毎に温泉を楽しみながらという毎日を過ごしているので、週末だからといって特別にどうのということはないのですが・・

それでもWEBサイトの更新や各種サービスの配信のためのモロモロの作業がないので、開放感は100%アップ!というわけです。

ナスダック総合指数の日足チャートを見ると、前日13日のマーケットが終わった時点では、高値をテストする位置まで上昇したていたわけです。

いやあ、わからないものです。

トレーニングの記録を見ると、ギャップダウンで始まったため、まずはロングサイドへ指示を出したものの不発。

だ2ユニットのがショートサイド銘柄も余り下げず。

マーケット開始から10分近く経ってからの3ユニット目のショートサイドがビンゴ!

APOL・GILD・CELGなどは、長時間ホールドできるパターンで、ジリジリ下げ続けたのですが、この日は3ユニット目までのトレードで大きなロスを出さずに凌げたかどうかが、キーとなりました。

ゲインを伸ばせ!

コメント(0) (0)

11日(火)の米国ナスダックマーケットでは、1時間が過ぎてみると、全体に成績が悪かったようだ。

アタマのユニットは、SCHNに入れそびれると、あとは伸びない銘柄ばかりだったのでゲインが伸びず、その後のトレードに悪い影響が出るというパターンに嵌ってしまったからだろうか。

この日は先物が弱かったので、AMZN・SINA・VRTXなどのショートサイド銘柄を、しっかり獲れたかどうかで、トータルのゲインが大きく変わることになる。

コマンダーのトータルの成績を見ると、4千600ドルほどだったから、少なくとも900ドルは獲れるはず。

お盆ウィーク

コメント(0) (0)

といっても、日常生活は変わらず。

渋滞の高速道路に嵌るのはバカらしいしね。

トレーニングも手ごたえ十分、というわけで充実した毎日を過ごしているのだから、このサイクルから外れるのもねえ・・

summer.jpg

それに神戸は、いわば「リゾート地」。

その真っ只中にいるわけだし、大いに楽しまなきゃ・・

原子爆弾

コメント(0) (0)

 8月6日の広島、9日の長崎と、8月は原爆記念日が続いた。

原爆投下は予告されていた

atomicbombB.jpg

シリーズ戦争と平和・セミパラチンスク18年後の現実

動画で番組の一部を視聴できます。

ランチカフェ

コメント(0) (0)

前回紹介したランチレストランの続編で、今回はハオス ダイニングルーム

haus01B.jpg

場所はいわゆる海岸通り、という神戸ではかなりお洒落なゾーン。

前回のレストランもそうだったけれど、ここも普通のレストランとはちょっと違い、いわゆるカフェスタイルの店で、オリジナルなランチを提供しています。

ちょっと変わっているのは「手拭い」を展示しているという点です。

東京では、こういう店にはなかなかお目にかかれない。ありそうで、ない。

マーケットに振り回されるな

コメント(0) (0)

エグゼキューショナー養成トレーニングでは、その日のコマンダーの指示の記録を日々公開している。

直近の記録を並べてみると・・

8月
7日・41トレード 30勝2敗9引分けで +8,477ドル
6日・47トレード 32勝6敗9引分けで +6,282ドル
5日・33トレード 18勝3敗12引分けで +5,550ドル
4日・31トレード 22勝2敗7引分けで +5,154ドル
3日・41トレード 29勝6敗6引分けで +5,534ドル

  

7月
31日・38トレード 27勝6敗5引分け +4,367ドル
30日・40トレード 35勝4敗3引分け +11,517ドル
29日・26トレード 24勝2引分けで    +5,626ドル
28日・21トレード 13勝4敗4引分け  +2,734ドル

 
最近は、トレード数が40レード以上のケースが見られるが、これには理由がある。

ランチ

コメント(0) (0)

東京マーケットの前場が終わると大体11時頃になるわけですが、その頃には朝のトレーニングも一段落。

11時過ぎには、ランチへと出かけるわけです。

LunchB.jpg

ですが、リーズナブルな値段で、なおかつおいしいランチを楽しめる店、というのは意外と少ないもの。

星の数ほどあるレストランの中から、気に入った店を探すためには、日頃からのマメなリサーチが必要になります。

こうした努力を続けることで、おいしいランチを楽しめる店を、そのときの気分で選択することができるようになるわけです。

カットロス

コメント(0) (0)

昔からこのサイトをご覧になっている方には懐かしい「チャートで見るマーケット」。

2000年1月から6月までのバックナンバーの、1月31日ではカットロスについて書いてます。

cutloss.jpg

ほぼ10年前に書いたものですが、カットロスの説明で、この頃からシミュレーションを通じて説明しています。

この頃は「ペーパートレード」という表現をしていますけどね。

最多記録

コメント(0) (0)

3日夜のナスダックマーケット、後半は渋い展開で我慢が必要なユニットもあり、そういう意味では少々難しい展開でした。

そのためトレード数は、41トレード!という多さになったわけですが、じゃあ成績は悪かったのでしょうか?

脱出がうまくなれば、トレード数は多くても問題ないのです。

トレード数が多くても、この日のコマンダーの成績は5500ドルオーバーですから決して悪かったわけではありません。

 

手数料負けするのは、大きく負けるトレードが多いからであり、そうなるとトレード数を減らして・・と考えてしまうのですね。

ではトレード数が少なくなるというのはどういうときでしょうか?

トレード数が減るのは、どんどん上がる良い銘柄に遭遇してホールドする場合です。

結果としてトレード数が少ない割に利益が出るため、トレード数は少ない方がいいように思えます。

みなとこうべ海上花火大会

コメント(0) (0)

8月1日は、東京から神戸へ引っ越してちょうど一年。

去年は引っ越しでクタクタの時に、花火の上がる音だけを聞いたことを思い出す。

fireworksB.jpg

というわけで一周年記念?も兼ねて自宅でトレーダーたちと、花火を肴に飲み会。

メリケンパーク沖海上から打ち上げられるため、少し遠いのだが・・

 

温泉三昧の醍醐味

コメント(0) (0)

前回「温泉に嵌っている理由」では温泉と閃きの関係について書いたが、温泉にはこうした精神的な部分だけではなく、肉体的にも良い影響があるようだ。

まず温泉が身体に与える温熱効果は「副交感神経」に作用し、リラックスした状態となり、循環器系の動きが穏やかになると同時に、関節などの動きも滑らかになる。

また浮力によって、体重は10%ほどになるため、普段は動きにくい関節や筋肉が動きやすくなる。

筋肉も緩むため血管圧迫が軽減され、その血管を通る「酸素」と「栄養」は疲れた筋肉へ届きやすくなり、疲労が回復しやすくなるというわけだ。

さらに身体全体にかかる水圧のため、肺に入る空気量が減ることで呼吸数は増え、心肺機能の強化にもつながる。 

2009年8月

« 前月 翌月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別アーカイブ