三脚穴付スマートフォンホルダー

コメント(0) (0)

動画撮影の壁とは?で書いたように、iPhone5s 用の三脚穴付ホルダーを購入。

0921iphoneholder10.jpg

車載カメラホルダーにセット。

 

0921iphoneholder11.jpg

スマホを外した状態。

  

0921iphoneholder12.jpg

ホルダーはバネでホルダーの長辺方向へ伸びる。

なので、大体の位置はネジで決めておけばOK。

5DMarkⅢ EF16-35mm F2.8L USM  

 

0921iphoneholder05.jpg

iPhone6 plus 対応! iphone & Smartphone Holder

アマゾンで1180円ナリ。

     

0921iphoneholder06.jpg

スマホの液晶画面は手前に向けて装着。

     

0921iphoneholder07.jpg

三脚用の穴がちゃんと付いています。

    

0921iphoneholder08.jpg

このタブを引っ張ると、バネで伸びるので、スマホを挟む。

     

0921iphoneholder09.jpg

スマホの短い辺を挟み込むという使い方。

スマホと接触する部分は、スマホ本体が痛まないような材質でできている。

FUJIFILM X-20

  

0921iphoneholder03.jpg

後席からのショット。 

   

0921iphoneholder01.jpg

車載カメラ用ホルダーは一眼レフの5DⅢでもOKだから、軽い iPhone5s なら全く問題なくホールドしてくれる。

   

0921iphoneholder04.jpg

さて、こうしておくと運転に集中しながら撮影できるわけです。

5DMarkⅢ18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM / DC MACRO HSM

    

というわけで、早速ホルダーを使って撮影。

一時停止させながらの一発撮り。 

念のため、iPhone5s 側で、自動ロックをしないように設定。 

音楽・タイトル・字幕の合成は「動画の管理」から YouTube のメニューで簡単に設定できるのであります。

    

 

  

カメラの位置は一定なので、手持ちの時のように、カメラをうっかり暗いところへ向けたりすることがなくなります。

なので途中で露出オーバーになったりすることは皆無。

  

ただiPhone5s は動画だと手振れ補正がないのです・・

ですが YouTube では、アップしたあと、自動的に補正してくれます。

素晴らしい!

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2015年9月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2015年9月

月別アーカイブ