マリカー

コメント(0) (0)

0206cart01.jpg

  

CS60を受け取りに東京へ行ったとき、青山通りの渋谷方面を走っていたら、マリカーと遭遇。

     

0206cart02.jpg

カートには「任天堂は無関係」「Unrelated to Nintendo」と表記されていた。

   

公道カートサービスの「マリカー」が商標を巡って問題になり、任天堂が「マリカー(株式会社MARIモビリティ開発)」を提訴。

東京地裁の公判で、不正競争行為の差し止めと1000万円の損害賠償命令を言い渡されたが、著作権侵害判断は見送りということになったようだ。

株式会社マリカーは「マリカー」という商標を2016年6月に登録しており、対して任天堂は異議申し立てを行っているという。

 

0206cart03.jpg

楽しそう!

 

マリカーのサイトを見ると、英語と日本語が併記されていますが、メインのターゲットは、外国人観光客のようです。

必要な免許証についても詳細に解説されていますが、日米地位協定により、在日米軍が発行する米軍の車両操縦許可証でも、運転することができるようです。

日本の免許証を持っていない場合、パスポートと国際免許証が必要。

 

 

リアルマリオカート 【渋谷・原宿・表参道】 Real Mario Kart

 

  

アキバカートの場合は、1時間2700円・2時間3800円。

駐車場でのレクチャーがあるようですが、一般的なレンタカー同様に、時間内であればどこに行ってもOKだそうです。

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2019年2月

« 前月 翌月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

2019年2月

月別アーカイブ