ガンと血液

コメント(3) (0)

0218blood.gif

 

こんな記事を見つけました。というメールを、さいたま市JUNさんからいただきました。

  

森下敬一博士の「がん理論」リンクより紹介します。

 

         ☆ ガンは「血液の汚れ」 ☆

 

ガンの正体を一言でいうと、「血液の汚れ」である。

血液に中にガンウイルスやその他のウイルスが入り込んで汚してしまっている、それ自体がガンなのだ。

 
すなわち、本当のガンは、一般にガンと呼ばれているオデキを体の中につくらせた「バックグランド」である、というふうに私は考えている。

血液が汚れてきた時、その人の体の中の一番敏感なウィークポイントに、ガンというオデキができるということなのである。

 
本人も要求しないのに、ウイルスが体の外からいきなり入ってきてガンができる、などということはあり得ない。

ガンというオデキができるのは、目的があってのことだ。

 

すなわち、血液が汚れてきたのを浄化する、という目的である。

 

         ☆ ガン腫は浄血装置なり ☆

 

そうなると、ガンというオデキは一種の浄血作用をするものである、と解釈しなければならなくなる。

悪魔の創造物であるというのは、考え違いもいいとこで、本当は、ガンというオデキは、その人にとって、まさに救いの女神なのだ。

 

つまり、血液が汚れてしまって、このままではどうしようもないという時に、ガン腫ができて血液をきれいにする働きをしてくれるわけである。

最近、フランスの学者が、ガンのオデキの中に「抗毒素」が生産され、血液の中に分泌されているということを発見した。

 
今までは悪魔の創造物だから、切り取るとか、放射線をかけて火傷をさせるとかして、やっつけなければならないと思っていたものが、最近の研究で、ガン細胞は抗毒素を分泌して毒素を中和するばかりか、血液の中に抗毒素を送りこんでいることがわかったわけだから、ヨーロッパのガン学会はあわて始めた。

 

この問題を解決するためには、ガン腫は浄血装置である、という私の理論をもってこなければならない。

そうでなければ、ガンのオデキの中から抗毒素が分泌されているという事実を、説明することはできない。

 

浄血装置なら、そのような働きがあって当然だ。

血液の汚れは、毒素が血液の中に入りこむことであって、その毒素は腸の中でつくられる、ということについては前述したが、その結果できるガンとというオデキは浄血装置なのだ。

 

体というものはまったくうまくできている。

ガンができたということは、むしろ喜ぶべきことなのである。

 

そこのところをよく理解し、くれぐれも考え違いをしないように頭を切りかえなければならない。

  

  

         ☆ 敗血症はなぜ姿を消したか ☆

  

昔は、敗血症という病気がたくさんあった。

血が腐る病気で、まず腸の中が腐って毒素や老廃物ができ、それが血液の中に入り、血液に中でウイルスやバクテリアが繁殖する。

 
ウイルスだけならばなかなか腐らないけど、ウイルスがバクテリアに変わるので、血はどんどん腐っていく。

そのため敗血症になると、二、三日か遅くても四、五日くらいで死んでしまう。完全な命取りであった。

 

こういう病気が、三、四十年ぐらい前まで相当あったが、ここ二、三十年来、まったく姿を消してしまった。

私は、敗血症がどうして無くなってしまったのか、不思議で不思議でしようがなかった。

 

それについて私なりに考えて思いついたことは、体がガンという浄血装置をつくることを覚えはじめたためだということである。

敗血症では二、三日で死んだ人たちが、ガンになって1年なり2年なり生き延びるようになった。
ガンという病気でガン・センターなどに入ると、半年ぐらいで死ぬが、なにもしなければ二,三年は生き延びるのである。

  

有名な方たちが、ガンになってガン・センターに入る、すると皆六ヶ月ぐらいで死んでしまう。

私が不審に思うのは、入院する時はその人たちのガンの病状はそれぞれ違っていたはずであるのに、きまったように六ヶ月ぐらいで死んでしまうことだ。

 

ということは、人為的に殺しているということではないか。

大量の制ガン剤を与えたり、放射線をかけたりの治療法をやっているから、申し合わせたように半年ぐらいで死んでしまうのである。

 

それに対して、何もしなければ二、三年は生き延びられる。

それというのもガンというオデキが、浄血の役割をはたしてくれているからである。

 

敗血症だったら二、三日で死ぬべき人が、ガンというオデキをつくることによって、二、三年生き延びられるのだから、ガンに対して感謝しなければバチがあたる、というものだ。

ガンになったということは、非常にお目出たいことだから、赤飯を炊いてお祝いしなければならない。

それも一回ぐらいでは申しわけない。365日やってもいいくらいのものである。

  

恐ろしいのは、ガンの腫瘍をやっつければそれで解決する、と安易に考えている愚かしさのほうだ。

  

     森下敬一著「ガンを食べ物で治す法」
     1978年11月 海南書房刊から引用

  

 

「この意見に対しての反論意見」

 

『ガンは浄血装置であり非常の排毒機能「長年自然医学の発展に貢献してきた森下敬一医学博士によれば、ガンは、血液の汚れを浄化している装置だという。」毒素をコンクリートのように細胞で固めて、全身から隔離して全体を守っているのがガン細胞の正体。ガン細胞はもともと正常細胞が多量の毒素を吸収して、一点集中化させて捨てる準備をしている。』

 

ガンは血液の浄化装置 > 間違い

ガンは血液の酸化装置 > 正しい

  

ガンは血液の浄化装置。

ガンは血液の毒素を一点集中させて、全体を守っている細胞。

 

だからガンを切ったり、焼いたり、攻撃してはならない。

最近は、こんな考え方がネットで氾濫しています。

 

抗がん剤などの極悪なガン治療を批判している点は、良いと思います。

ガン細胞を攻撃してはダメです。

 

しかし「ガンの正体」を正しく伝えるためには、間違いは正したいです。

ガン細胞は、ミトコンドリアが機能不全を起こして、解糖系が作ったピルビン酸・乳酸を処理できなくなった細胞です。

だから必然的に乳酸が溜まって酸化します。

  

そして処理しきれなくなった乳酸は、細胞外に排出されます。

ガンは毒素を溜めている細胞ではなく、毒素を作って排出している細胞です。

  

ガンは血液の浄化装置ではなく、ガンは血液の酸化(汚染)装置なのです。

まったく「逆」なのです。

  

ワールブルグは、ガンはミトコンドリア病による乳酸アシドーシスであることを、90年ほど前には発表していました。
しかしガン産業の発展の為に、隠蔽され、封印されてきました。

お陰で抗がん剤のような猛毒が正式な治療薬とされ、抗がん剤で苦しんで亡くなる人が続出し、ガンは恐ろしい病気であるという洗脳ウソ話が世界中に蔓延しました。

  

ガン細胞から分泌される乳酸は、人体の酸化現象を起こし、ガン・慢性病を引き起こし、悪化させていく恐ろしい物質です。

しかし対処法さえ理解できれば、言われるほど恐ろしくはありません。

  

製薬会社・医者・抗がん剤などが、ガンの恐ろしさを何十倍にも増幅しています。

ガン細胞は血液を浄化している良い細胞、というのは間違いです。

  

ガンは苦しんで高確率に死に至る病気、というのも間違いです。

ガン細胞は人体の酸化・人体の電子不足を引き起こす怖い細胞ですが、乳酸をエネルギーに変えたり、乳酸を除去したり、電子を与えたりすれば治る病気です。

  

ガンの本質を正しく理解してください。

ガンは良い細胞でも無いし、死に至る病でもありません。

  

間違った食事や、汚染された環境によって発症しますが、対処法さえ理解していれば、簡単に予防・治療できるスタンダードな病気です。

ガン細胞が分泌する乳酸が、生活習慣病の根本原因になります。

  

ミトコンドリア機能不全→乳酸の大量分泌による酸化→慢性炎症→ガン・慢性病という事実を理解して、見くびるのもダメ、怖がりすぎるのもダメです。

ガン宣告されたら、人体が酸化していることを自覚して、今までの生活を改めましょう。

 

酸化を還元、電子・水素を与えることを意識して、食事や生活を改善しましょう。

ガンの放置もダメだし、毒を以て毒を制す、という考えもダメです。

 

ただ淡々と、酸化した細胞・血液の還元を重視して、生活すれば良いのです。

ガンは侮ってもダメ、怖がり過ぎてもダメ、な普通の病気です。

 

という2つの意見に対してJUNさんは・・

 

2つの考え方を聞いて、血液を浄化すればガンは治るのだろうかと考えましたが、反する意見の、ガンは血液の浄化装置ではなく酸化装置であるという意見。

興味深く読んだ次第です。

  

と結ばれています。

ネットでは様々な意見や見解が書かれていますが、鵜呑みにすると、正しい対処法とは真逆の方法を選択してしまうというリスクが存在します。

  

上の文章では最後の方で・・

ただ淡々と、酸化した細胞・血液の還元を重視して、生活すれば良いのです。 

と書かれていますが、まさにその通りではないでしょうか。

 

何故そうなるのかを、正しく理解することです。  

 

炭水化物などの糖質を摂取すると、体内で炎症を起こし、細胞や血液は酸性化します。

しかもガンの場合、糖質や炭水化物は、絶好のガンのエサとなるわけです。

 

ですから、アルカリ化ドリンクで血液を酸性からアルカリ性にすることをお勧めしています。

    

タカダイオンは、酸化したプラス電子へマイナス電子を送り込み、マイナス電子化することで、細胞を健康な状態にすることができます。

CS60は、酸化したプラス電子を引っこ抜いて、細胞を健康な状態に戻すわけです。

 

ソマチットとミトコンドリアでも書きましたが、ソマチッドが結合して、大きくなってゆくことで不調が起こるわけですが、これは電子が不足して環境がプラスの電荷に傾いているからです。

そこへ、AWGライフ治療器で電流を流すと、電子はマイナスのため結合が解け、病原性の強い形態から、多両方向性の形態を経て、非病原性の形態に戻ってゆきます。

 

細胞の中で問題があるところは、電気的にプラスを帯びた状態になつています。

電気的にプラスであるということは、物質が電子を失った状態です。

  

物質の最小単位である原子は、プラスに荷電した原子核とマイナスに荷電した電子で、バランスをとるようにできています。

しかしほとんどの原子が単体ではバランスがとれないので、ほかの原子とくっついて分子単位でバランスをとっています。

    

しかし、そのバランスが崩れることがあります。

物質レベルでは、電子が1個足りない酸素イオンと化合して電荷がプラスに傾いた状態、もしくは電子が1個多い水素イオンが奪われてやはり電荷がプラスに傾いた状態です。

     

CS60はこのプラス電子を引っこ抜いて、デトックする機器。

そしてタカダイオンは、細胞を正常化させるマイナス電子を送り込む機器。

      

CS60による施術時の痛みの原因は、私たちの細胞内にあるミトコンドリアに関係しています。

通常のミトコンドリアはATP回転してマイナス電位を発電していますが、不具合がおきている個所では、このATP回転がスムーズにおこなわれていません。

     

この回転をスムーズにするのがCS60。

強力な吸引力で細胞内のプラス電位(細胞が固まる作用)を引き抜きます。

     

すると、ミトコンドリアが大慌てでクルクルとATP回転を始めようとしますが、細胞が酸化し硬化しているので、ミトコンドリアはスムーズにATP回転できず施術箇所に痛みが生じる事になります。

CS60で暫らく施術すると、マイナス電位の発生により細胞の軟化、消炎、鎮痛効果によりATP回転がスムーズになり痛みが和らぎます。

    

そういえばCS60が手元に来てから、あることを試しているのですが、それはタカダイオンでマイナス電子を体へ送り込みながら、CS60で施術時すると、何故か痛みが大幅に緩和されるという現象です。

例えば大腿部の痛みのある部分をCS60で集中的に擦って痛い部分がある場合、タカダイオンを通電させた銀布を首に巻いてから同じように擦ると、痛みは大幅に軽減されます。

    

そのため、より強い力で、奥まで擦ることができるのですが、強く擦っても痛みは明らかに少なくなります。

気のせいかとも思うので、何度も試していますが、これはカミサンも同じ意見です。

   

つまり早くほぐれるようなのです。

      

CS60の施術では凄い痛みが出ても、継続して擦っている、マイナス電位の発生により細胞の軟化、消炎、鎮痛効果によりATP回転がスムーズになるにつれ痛みが和らいでゆきます。

タカダイオンでマイナス電子を体へ送り込むと、ミトコンドリアのATP回転がより強力に促進されるため、急速に痛みが緩和され、痛みが大幅になくなったかのように感じるのではないか?

と睨んでいます。

 

    

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(3)

メールに対するコメント有難うございます。
ガンは血液の浄化装置か酸化装置か?
自分では判断に苦しむ内容でしたので、hatchさんにお聞きした次第です。
母は糖尿病から膵臓癌になりましたので、癌が糖を浄化してくれるのか?
と思うこともありました。確かにガンは糖をえさにしていますが、癌は糖を取り込む
ために存在しているのか?そうではないと考えてます。

「ただ淡々と、酸化した細胞・血液の還元を重視して、生活すれば良いのです」

今は自分もその意見に同意しています。
母は明日退院となりました、十二指腸ステント手術も無事終わり
2週間の入院生活でした。何とか食べ物が通るようになりひとまずはほっとしてます。
入院中は4人部屋で他の患者さんも全てガン患者のようでした。
時々、主治医の先生と隣の患者さんが抗がん剤の投与について話している声が聞こえました。まだお若い女性の方です。
母も抗がん剤投与をすれば、あと2週間の入院を余儀なくされますが、家に戻すことをお願いしての退院です。家の近くの大学病院に紹介状を書いてもらうことになります。
主治医の先生は、都内まで通うのは大変だから、近くの病院での抗がん剤治療でも良いと判断されたのだと思います。
自分としては、紹介先の病院には行きますが、血糖値が高いのでその手当てと、いざという時受け入れていただける病院の確保という意味での紹介だと思っています。
やはり抗がん剤だけは体に入れてはいけないという思いが強いです。
母は入院で筋力も衰え、体重も減ってしまったので、まずは体力の確保に努めていきます。来週辺りからCS60とAWGの施術を考えております。
どちらを先にすれば良いのか迷うところではあります。
タカダイオンは購入済みですので、まずはマイナス電子を取り込む作業からです。
平熱も上がると思います。もちろん糖質制限とアルカリ化も同時進行ですね。
本当に日々感謝することばかりですね。

 

JUNさん、お母様が順調に退院が決まって良かったですね。

>やはり抗がん剤だけは体に入れてはいけないという思いが強いです。

すい臓癌の抗癌剤治療を受けている身内から副作用を聞いていますので
JUNさんの判断は正しいと思います。
抗癌剤の点滴治療を受ければ「下痢」と「白血球の減少」で、今よりも更に痩せて筋肉が落ちることだけは確かです。

タカダイオン、CS60、AWG、それに食事療法、そしてお身内の前向きなサポートが加われば、担当医が描いたものとは違う明日になる事でしょう。

まずは退院おめでとうございます。


ゆうさん、ありがとうございます。
とにかくお腹の張りや痛みから解放されてほっとしてます。
でも、これからが大切になりますよね。
毎日大切に過ごしていこうと思います。

コメントする

2019年2月

« 前月 翌月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

2019年2月

月別アーカイブ