最新UFO情報

コメント(0) (0)

ufo.jpg

 

 

最近のUFOの数々!:すでに米軍では米軍製円盤の合同訓練が行われていた!?

動画5本!

UFO caught on tape! UFO sightings 2017 

Alien UFO Encounters! UFO sightings 2017

Secret Video: 100% Proof Of Alien Civilizations Exist On The Moon 

Classified: What The Hell Lives On The Moon NASA, What Did Our Astronauts Really see

Blue Angels and a UFO

  

  

ついに謎の「フィラデルフィア実験」と反重力円盤TR3Bの秘密が暴露された!?

TR3Bとか地球製反重力円盤の原理がぽつぽつと巷に出回ってきたようだ。

このように、内と外に電圧をかけ、中心部に垂直に磁場を持ってくると、容器の円周方向に電場?磁場(=E?B)のローレンツ力(F=q E?B)が働く。これにより、水銀が押されて回転する。

実は電場?磁場(=E?B)というのは、電磁気ではポインチングベクトルS(S=E?B)と知られているものでもある。一種の電磁場の持つ角運動量のようなものである。この方向に電磁エネルギーが流れるのである。エネルギーは質量だといったのはアインシュタインだが、電気を帯びたものを押し出す力や引き寄せる力を生み出すわけだ。

 

 

「ウチュウジンよ、よく聞け!われわれはちきゅうじんだ!」→地球製UFOに王手か!?

一番最初のサイトは2018年の8月のものだから、すでに欧米白人層はすでに半年近くこの円盤模型の研究を進めているわけだ。

だから、徐々にこの反重力円盤模型のサイトができつつある。

かつてのフランスのノーディンの発明であるリフターの次に来た発明と考えられる。

リフターは超高静電圧の電気双極子と考えられる。そこにBB効果が現れて浮遊できた。

今回のチェカーコフの模型のエンジンは、基本的には次の回路であるようだ。

(あ)一枚の下の円板に数個のネオジウム磁石が乗ってそれがDCモーターで回転する
(い)その上にもう一枚の円板があり、DCモーターで逆回転する
(う)その二枚の円板の間にもう一枚の円盤が挟まれる→これが決めてのようだが材質は未知
(え)その上下の回転円板にそれぞれ上をプラス電圧、下をマイナス電圧の電圧を加える
(お)そして真ん中の一番大きな円板にテスラコイルの高電圧を単極で加える。

たったこれだけで、この重いシステム全体が空中浮遊するというのである。

原理は謎だが、模型は確かに浮いている。

熱力学の場合もそうだった。スチームエンジンの原理はわからなかったが、現物が動いている。そういう状況から、それを研究するうちに熱力学の原理が誕生したわけだ。

だから、原理は未知でもそれを解明しようとするうちに新しい原理や新しい物理が生まれる可能性がある。

いずれにせよ、これまでこういう技術を暴露できなかった当事者たちも高齢になってどんどん暴露してくるように、これまでこういうものを発禁扱いにして極秘にしていた方の支配者層もみな高齢になってどんどんこの世をおさらばしていく。

因果応報。猛者もついには滅ぶのだ!

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2019年2月

« 前月 翌月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

2019年2月

月別アーカイブ