CS60とセルフケア 

コメント(1) (0)

0208cs60W01.jpg

   

 

早いもので、CS60を入手してから約1週間が経過しました。

手元にさえあれば、様々なことを試すことができます。

 

そのためこの1週間、自分のカラダを実験台にして、擦りまくってきました。

というわけで、今日はCS60をセルフケアで使う場合の、具体的な例をご紹介。

      

CS60は、身体に余分な物質、特に静電気や電磁波などを抜き取ることができます。

その結果として、不調は、ほとんど消えてしまいます。

  

  

まず側頭部から

     

多くの人が持っている、イライラなどの、メンタルな不調を引き起こす原因となっている、異常波とも呼ばれる迷走電流を身体の中から抜き取ると、怒りっぽかったり、イライラなどという感情を消すことができます。

こうした特性を考え、まず頭の特に側頭部を揉みほぐしました。

  

今から9年前の2010年の2月頃に回転指圧コロコロ棒についてこちらで書いています

0214korokoro01.gif

今まではこのコロコロ棒を使って側頭部をケアしていました。

0214korokoro02.gif

  

さらに側頭部を揉め!で書いていますが、若石ローラーも動員し、コメカミから側頭、耳の上あたりを揉み倒していました。

ですが、CS60を使うと、その効果はまさに別格。

 

 0214head.jpg

コメカミと側頭部が緩むと、カラダから余計なチカラが抜け、時間の経過がゆったりと感じられるようになります

集中力が高まり、やる気やモチベーション向上へと繋がるのです。 

 

 

腹部も大事

 

人間の血液はほとんど腸内、とくに小腸で作られます。

そのため筆者は今までの体験から、腹部を徹底的にCS 60 で活性化する効果について注目しています。

 

つまり腹部を重点的に施術することで、血液を若返らせることができるのではないか?

というわけです。

 

当然その影響で、腸内にいる微生物たちも元気になるはずです。

免疫力の7割は腸内細菌にあると言われていますからね。

    

  

足の三里と大腿部

 

0214legs.jpg

 

ソファに座って足を曲げ、足の三里や、太ももの外側や内側を、圧を掛けながら経絡に沿って流すように擦ります。

さらに足の裏側でもある、ふくらはぎや、大腿部の裏側にある殷門(いんもん)も、セルフケアで手当することができます。

   

     

腕の肘周り

0214hands.jpg

 

曲池と手三里は揉みやすいため、その効果は抜群です。

もの凄く痛い場所ですが、このツボの周りをしっかりと擦り、痛みがなくなるまで約1週間ケアし続けました。

 

筆者は映画を見ながら、このようなポイントとなるゾーンをCS60で、毎日じっくりと塗りつぶしています。 

一本の映画は大体1時間半から2時間の長さですから、少なくとも一日2時間はこうしたケアを丸々1週間続けています。

ですが映画を楽しみながらですから、こうしたケアを続けるのは、造作もないことです。 

  

車で、カミサンの買い物のため待機しているときや、信号待ちや渋滞時にも、CS60を使えば、太ももの外側や内側さらに腕や側頭部を適時、好きなだけ擦ることができるのです。

       

    

黄金の人生とその価値

20年前に黄金の人生とトレードでも書きましたが、40台から50台にかけての、いわゆる人生の転機といえばいいのでしょうか、ちょっと乱暴ですが人生を100年までとすると、50歳というのはちょうど半分ですね。80年としてもあと30年。

 

ここから、第二の人生が始まるのですが、20歳から30年で50歳になります。

  

その50歳から30年で80歳。

どちらにしても、第一の人生?にも匹敵するこの第二の人生・・私はこれを「黄金の人生」と呼んでいます。

  

何故か?

 

それまでの第一の人生が順調かそうでないかは別として、多くの人にとってのこの転機を大きくプラスサイドへ振るための、絶好のチャンスだと考えてもいいのではないでしょうか?

もしそのまま、60歳を過ぎれば、それまでとは全く違った人生になってしまうのは、目に見えているのではないでしょうか。

ですが、ここで積極的に自分の意志で第二の人生に取り組めば、、第一の人生より第二の人生の方が、成功する確率は高いのです。

  

なぜなら、第一の人生の始まりの20歳くらいでは、ほとんど何もわからないまま、仕事を選択して社会人になっている人が圧倒的に多いと思います。

そのうえ、社会人になる前には、その社会の「仕組み」も知らないことが多いはずです。

そうした、「成り行き」で参加せざるをえなかった、仕事やいろいろな人間関係で抜き差しならなくなり、漠然と自分が希望していた人生との大きな違いに、愕然とした経験をお持ちの方もきっと多いでしょう。

   

では、第二の人生を「黄金の人生」にするためには何が必要なのでしょうか?

 

 

団塊の世代は、まもなく後期高齢者になります。

昭和22年から24年生まれの団塊の世代は、合わせると700万人以上。

  

2025年の日本は国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という、超高齢社会を迎えます。

そのとき国の社会保障費は、今の状態でいけば100兆円を超えるはずです。

  

今年度の一般会計は約100兆円ですが、社会保障費だけでその数字になると国は破産しかねません。

国が破産すれば、戦後と同じ状況となり、まず食糧難に陥ります。

 

一方、この熟年の人たちはバブルを形成してきた人たちでもあり、仕事能力が高く、やる気もあります。

こういう人達が元気で過ごすためには、健康な精神と肉体が必要です。

  

 

毎日を良いコンディションで過ごすには、人間も車と同じで定期的なケアが必要になります。

そのためには、多くの場合、週一回のケアに通わなければならないはずです。

   

一般的なケアとして、2時間で6千円というコストで計算すると1ヶ月で2万4千円が必要になります。

交通費を含めると一年間で約30万円ほど。

2年続けると総コストは約60万円。

   

ですがクマチャンのように相当腕の良い指圧やマッサージを見つけるのは至難のワザです。

たとえそれができたとしても、そうした腕の方に一回2時間を掛けて手当てをして貰っても、得られる改善度はCS60とは比較になりません。

  

こうして考えるとCS60のポテンシャルと同列に語ることができるアイテムは、他に存在しないのではないかと考えています。

まさに唯一無二。

         

加齢と共に残りの時間が減少して行くにつれ、一定時間に対しての価値は高くなってゆきます。

毎日をどのような状態で過ごすことができるのか、という価値観は人それぞれでしょう。

   

ですが、病気とは無縁の幸せな毎日を過ごしたい、という願いは皆同じはずです。

そのためには、何が必要で、そしてそれを実現するためには具体的にどうすれば良いのか

   

このコラムが、そうしたことを考えるための叩き台になればと願っています。

   

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(1)

馬渕様
いつもタメになる情報、ありがとうございます。
毎日、拝見させていただいております。

本日、「兼好」の丹下厚子先生に母の出張施術をお願いいたしました。
本当に、丁寧に施術してくださり、ありがたかったです。

丹下先生と色々とお話をしておりましたら、馬渕様の話題が出ました。
私が、馬渕様のサイトのファンで、毎日楽しみに拝見しているといううことをお伝えしましたら、丹下先生も馬渕様のことを本当に研究熱心な方で、温厚でお優しい方ですよ、と仰っておられました。

こちら西日本で、馬渕様が中心となってCS60を広めるための組織などがあれば良いですね~申し上げたら先生も私と同じ意見でした。

私自身母の介護があり、出来ればこちら方面で(大阪や神戸など)でCS60の研修があればなあと思っております。

母、気持ちよさそうにウトウトしております。
本当にご縁をいただくきっかけとなりましたサイトで情報発信をされておられる馬渕様がおられたということにとても感謝しております。

これからも有意義な情報発信を楽しみにしております。
そして、難病などを抱えておられる方や家族様にとり希望の情報発信サイトであり続けることを心から願っております。 

コメントする

2019年2月

« 前月 翌月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

2019年2月

月別アーカイブ