幸せを呼ぶCS60

コメント(1) (0)

hapiness.jpg

 

 

以前、重症の変形性股関節症Mさんからいただいたメールをご紹介しましたが、そのあとご主人の左腕が上がらなくなり、来られたのですが・・

全身のケアの後で、首肩腕を重点的にケア。

特に特殊なことをやったわけではなく、首肩腕へかけた時間を少し多めに調整しただけ。

 

そのあとすぐに連絡をいただき・・

      

帰りにスーパーでお買い物したのですが、左腕で荷物を持つのでビックリ‼️
今は痛みもなく変に明るくて元気です!

 
明日はどうなっているか楽しみです。

やっぱりCS60の効果は凄い(´・н・`)

       

とその日すでに7割がた治った感じだったようで、現在は完治されているとのこと。

よかった!

 

で、先日今度は娘さんがお母様のMさんに連れられ、いらっしゃいました。

      

歳は30歳代前半とお若いのですが、立ちっぱなしの仕事のため足が痛く、そのうえさらに、いわゆるスマホネックで首が痛み、その影響でしょうか、偏頭痛もあるとのことでした。

 

なので、40分ほどで全身をケアしたあと、気になる部分やもう少し擦って欲しいところを訊ね、10分ほど集中ケア。

こうすることで、ほぼ気になる点は解消されてしまうことが多いためです。

 

で、早速ラインで嬉しいコメントが・・

 

昨日はありがとう御座いました。

娘は運動していた割に扁平足ぎみで施術中から今日も足の裏が痛いと言っています。

変わってきていますね!

 

ビックリしているのは昨日の仕事中にすねを打って青タンができていたところ直ぐ黄色くなって痛みもなくなったそうです。

若いので早く回復したのですね!

 

家族が元気に過ごせるように、食べるものも気をつけていきたいと思います。

また色々教えてください。

ご報告まで(´・н・`)

  

そしてMさんの、重症変形性股関節症もほぼ完治。

左右の足のバランスも日々改善しているとのことでした。 

今では痛みとは無縁の毎日を過ごされています。

 

主婦であるMさんの変化は、予想以上の波紋を、家族にもたらしたようです。

   

以前は、あまりの痛みに耐えかね、病院での手術に同意され、すでに手術の日程も決まっていました。

家の中でも壁を伝って痛みに耐えながら移動しなければならず、当然のことながら、家族は心配は手術の日が近づくにつれ、大きくなっていました。

    

家事も家族全員が負担することになるうえ、手術後は3ヶ月ほどのリハビリが必要になります。

そしてさらに、片方の足がある程度回復した時点で、反対側の足も同じように手術が必要になるため、家の中は重苦しい雰囲気になってしまっていたそうです。 

  

あれから半年が経過。

家の中は見違えるように明るくなり、毎日笑いの絶えない日々を過ごされているとのこと。

 

Mさんはもともと、根が明るい方なのですが、体調が良くなった今では、さらに明るく光り輝いているはず。

    

ウチもカミサンが元気だと、家の中が明るくなります。

幸せは、明るい笑いにつられて、やってくるものと相場は決まっていますからね。

 

というわけで、この話題を書き進めているウチに、どんどん幸せな気分になってきました。

凄い!

 

CS60が取り持つご縁に感謝です!

  

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(1)

お母さんは家の中の太陽ですからネ(^^)

きっとその方は素直な方なのでしょうね。
代替治療は受ける側が素直かどうか?もキモの様な気がします。
素直な方が効果を実感すればそれがまた、同じように素直な方へと広まっていく・・・
素直の輪の広がりの中にいればワクワク感が止らなくなりそうですね。

読んでる私も楽しい気持ちになりました。
いつもありがとうございます♪

コメントする

2019年7月

« 前月 翌月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ