2019年07月24日 のCoolに過ごそう

フランスのCS60体験会

コメント(0) (0)

francecs60.jpg

  

 

このニュースレターはこちらへメールアドレスを登録するだけで届きます。

 

 

2019/05/16  Newsletter Vol.6

  

フランス・シャモニーとカンヌ映画祭に行ってきます

 
皆様にこのニュースレターが届くころ、ぼくはフランスのシャモニーに向けて旅立っていることでしょう。

ぼくのお弟子さんでシャモニーに移り住んだ女性がいるのですが、まだ始めたばかりなのでうまくいかないことがあるようです。

 
「先生どうすればいいですか」と何回も相談されているうちに、一度ぼくも現地に行って、シャモニーの人を施術したほうがいいと判断しました。

その方には、「現地で体の不自由な人たちを集めておいてください」と話しています。

 

できるだけ多くの人にCS60の効果を実感してもらい、最後に「シャモニーにはぼくのお弟子さんがいるので、みんなで彼女を育ててください」とお願いする予定です。

こんなふうに、お弟子さんのフォローをするのも、ぼくの大事な仕事です。

 

今回うまくいっていない理由は、おそらく施術中に「痛い」と言われると手をゆるめてしまうことでしょう。

CS60は、歩行困難なレベルな人にとっては、激痛です。

 

「ぎゃー!」とか「痛い!」と言われても、ひるまずに、しっかり押さえてしこりをとると良くなります。

例えば、「新宿で男が暴れて、建物を壊しています」という通報があると、パトカーや救急車、消防士みんな集まってきますよね。

 

それと同じで、体の中で悪者が暴れている箇所があるんです。

CS60を当てると、脳から「あそこに悪者がいるから、行きなさい」という司令が出て、免疫細胞がワーッと集まってきます。

  

そのころには悪者はCS60に吸い取られているので、現場にはいい人しかいません。

集まってきたみんなで、傷ついた部分を修復します。

 

口で言ってもなかなか信用できないと思うので、実際に体験してもらうことが重要です。

どんなにガンコな方でも、効果を実感すると、コロッと態度を変えたりしますから。

 

シャモニーに3日間滞在したら、ニースを経由して、カンヌ映画祭に出展予定です。

一般の人は入れない、映画関係者向けのエリアでブースを出して、5日間世界の要人やセレブにCS60を体験してもらいます。

 

きっといろんな言語の「痛い!」とか「これはいったい何だ?」という言葉が飛び交うことでしょう。

このメルマガでもレポートをお届けしますので、楽しみにお待ちください。

 

 

2019/05/23 Newsletter Vol.7

 

フランス人もびっくり! シャモニーのCS60体験会

 
今、フランス東部のシャモニーに来ています。

ヨーロッパの最高峰のモン・ブランのふもとにあるリゾート地です。

 

着いて早々、スタッフ10人とモン・ブランを見に山に登りました。

標高3800mの山頂までロープウェイで一気に行けば、誰かが高山病になるだろうと思ったんです。

 
大学の先生とCS60のケーススタディを集めているので、高山病でも試してみたかったんですね。

案の定、山頂に着いたとたん3人具合が悪くなって、「目の前が真っ白になった」とか「もう、貧血で倒れそう」と言っています。

 
しめしめと思って、首筋と後頭部を施術したら数秒で回復しました(笑)。

その後は、いよいよCS60の体験会です。

 
会場には、野生のマダニに噛まれてライム病になった人や、事故で脚の腱がクロスしている女の子など、さまざまな症状の人が30人くらい集まっていました。

もちろん、誰も信じていません。

 
「眉唾ものだろうなあ」という顔で見ています。

最初に、ひどい頭痛に悩まされている男性を施術しました。

 

原因がわからなくて、精神安定剤のようなものを大量に飲んでいるのに、良くならないそうです。

1~2分施術したら、彼がベッドから起き上がって、「痛みがとれた!」と大声で言いました。

 
そうしたらもう、びっくりもいいところ。

ワーッと拍手されて、「私もやってほしい」という人がどんどん来ました。

 

フランス人は日本人と違ってアクションが大きいので、治ると抱きついたり、キスしたり、泣き出したりします。

最初は信じられなかったんだろうけど、みんなが良くなるのを目の当たりにすると、希望が出てきますよね。

 
みんな、治るとわかったら痛みに耐えるんです。

「今は痛くてがまんできないけど、また後で受けるから」と言って、時間を置いて何度もチャレンジする人もいました。

 

3回目で悪いところが全部とれた人は、すごく喜んで涙ぐんでいましたよ。

3日間の施術が終わったら、「これからはシャモニーにいるお弟子さんを頼ってください」とお願いするつもりです。

 

観光する暇もありませんが、フランス料理は毎晩おいしいものを食べています(笑)。

次回はカンヌ映画祭から、レポートをお届けします。

   

   

2019/05/30 Newsletter Vol.8

 

カンヌ映画祭のレッドカーペットの上を歩きました!

 
シャモニーの体験会が終わったあと、そのままフランスに飛び、カンヌ映画祭へ行きました。なんと! レッドカーペットの上も歩いたんですよ。

特別枠として出られることになり、急遽スタッフといっしょにタキシードやドレスを購入しに走りました。

 

もうバタバタですがスタッフはみんな大喜びです。

僕らがCS60のブースを出展したのは、ハリウッド関係者しか入れないエリアです。

 

俳優や監督さん、映画関係のビジネスマンが集まって商談をしていました。

初日は午後から参加しましたが、40人以上は施術したと思います。

 
カンヌ映画祭のスタッフは、朝から会場のセッティングや、関係者のお世話をしているので、すごく疲れてヨレヨレになっていました。

今にも倒れそうなほどボロボロのおじさんにCS60を当てたら、表情がパッと変わって、元気に帰っていきました。

 

肩こりや腰痛、時差ボケも1分もかからずに治せるので、行列ができるほど大好評です。

「○分後に来てください」とお伝えしたら、みんな商談の合間をぬって来てくれます。

 

こちらは休憩する暇もお昼を食べる時間もありません。

10時半から18時まで出展したのですが、終了時間になってもどんどん人が来るので、「また明日来てくださいね」と言って、あわてて撤退しました。

 

毎日大勢を施術したのですが、とくに印象に残っているのは、1年前にスキーで膝を骨折したという女優さんです。

膝に手術痕が20cmくらいあって、「歩けないんです」と言っていました。

 

手術したところを5分くらい施術したら歩けるようになったのですが、まだびっこを引いています。どうやら股関節をひどく痛めていたようです。

もう一度ベッドに仰向けに寝てもらい、股関節にCS60を置いたとたん、彼女に手をがっと掴まれました。

 

すごく痛かったので、つい押さえてしまったようです。

僕がCS60を置いているだけだとわかると、そろそろと手を離していきました。

 

施術中、目に大粒の涙をためながら、じーっと我慢しています。

欧米人って目が大きいのですごい量の涙がたまるんです。

  

1~2分くらいして「もう大丈夫ですよ」と言うと、起き上がったとたんに、涙がボトボトと音を立てて落ちました。

彼女の後ろ姿をスタッフが見送ったのですが、普通に歩いて帰っていったそうです。

  

たくさんのアメリカ人から「カンヌが終わったら、どこで受けられるんだ?」と聞かれましたし、インドやイギリスの映画監督からも「うちの国にきてほしい!」とお願いされました。

そういう反応が返ってくるのがうれしかったです。

 

最初は「どうなんだろう」という不安があったけど、カンヌに出たおかげで世界中に足がかりができました。

これから、CS60はすばらしい勢いでひろがっていくと思います。

   

  

2019年7月

« 前月 翌月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ