CS60と好転反応

コメント(1) (0)

reaction.jpg

 

 

子宮頸ガン・放射線と抗ガン剤効果なしに、「かえで」さんからコメントをいただきました。

ありがとうございます。

  

こんにちは。

いつも有益な情報のブログありがとうございます。

 

このブログでcs60が紹介されていて興味を持って本部と県内で開業してる人のところで受けてみました。

   
違うところでそれぞれ1回ずつ受けたのですがどちらとも好転反応がつらかったです。

本部で受けた時は1週間ひどい倦怠感でなおかつうまく眠れなくなりました。

  
1週間というのは1週間後に毎月通っている整体があってそこで調整してもらったらおどろくほど元気になりました。

それでcs60はすごいのかもしれないけれど、施術後のあの不調はどうなんだろう、もやっとしたものが残ったので2回目は県内の近場に行ってみました。

  

本部で受けて丁度1ヶ月半後くらいです。

驚いたのは結構やり方が違うなということ。

   

丁度時期的に頭痛が頻繁にでていたので頭を念入りにやってもらいました。

痛かったです。

   

そしてその帰りに電車の中で頭痛が!

痛み止めはいつも飲まずに漢方で対応しているのですが、今回は4日間程どの手持ちの漢方を飲んでも痛みが治まらず苦戦しました。

   

4日目からお灸をしたらおさまってきました。

そしてそれ以来今のところ頭痛はおきていないので、またもやcs60はなんなんだろうと興味がわいて、受けにいこうか迷っているのですが、サロンによってやり方は結構違うものなのでしょうか?

 

施術側からしたらあっちこっち他のサロンをジプシーするのは快く思われないのでしょうか?

   
個人的には本部の方が力加減とかが良かったのでまた行きたいのですが、他のサロンも気になるのです。

もちろんはっちさんの所にも行ってみたいのですが、なんせ遠いので旅行がてらにいつか行けたら!と思っています。

  

CS60で擦ると、サボっていたミトコンドリアが働き出すので、施術後もその効果は続きます。

好転反応がつらいというのは、それだけ効いているということだと思います。

 

つまり身体の状態がよくなってゆきます。

そのため、そのあと整体での調整がうまく働いたのではないでしょうか。

 

頭痛が頻繁に出たときに、頭を念入りにやると、そのあとの反応が強く出るというのは、理にかなっていますね。

そのあと頭痛が起きないということは、はやり効果あり!ですね。

   

他のサロンをジプシーするのは、とてもいいことだと思います。

自分に合った施術師さんと巡り合えれば、それこそラッキーですからね。

  

CS60は施術する人と受ける人の組み合わせによっては、結果が大きく変わることがよくあります。

 

施術する側にとって、はじめての方は、どれくらいの塩梅で施術すれば、どれくらいの好転反応が出るのかはわからないわけです。

ですから初回は、強さと痛みについて各部位ごとに、尋ねながら施術するようにしています。

 

とはいえ、誰がやってもそれなりに効果があるのが、CS60の素晴らしい点です。 

     

2回目の施術のときに、最初の施術後の好転反応や、その後の調子についてどうだったのかを聞かせていただければ、施術者は施術の塩梅を調整することができます。

こうした理由から、サロンをジプシーされるときは、少なくとも2回ば受けられた方がいいと思います。

 

つまり同じ施術師さんで2回は受けてみないと、本当の効果はわからないのです。

 

そうはいっても、往復の交通費や時間という対費用効果を考えると、お住いの場所に近いところで、継続して受けることができるようになるのが、ベストではないでしょうか。

   

筆者のところでも、人によっては三日ほど痛みが続く場合もありますし、ほとんど出ない場合もあります。

それだけ、個人差が大きいということでもあるのです。

サロンによってやり方は結構違うのかどうか?

ですが、かなり違うと思います。

 

講習を5回受ければ、一応施術サロンを開くだけの最低限のやり方はわかるようになります。

ただどういう受け方をするのかで、どれだけ習得できるのかの容量は、大きく変わるのではないかと考えています。 

 

あと、やはりある程度の経験が必要です。

   

CS60講習5回目で書きましたが、本部のエキスパートの施術師の皆さんは、講習で習った基本的なやり方にプラスして、自分なりの工夫をされています。

その工夫によって、施術師さんの個性が際立つことになるのではないでしょうか。

   

ですから、CS60を手元において自分でスリスリしたい方は、被施術1時間+研修5時間+被施術1時間というパターンで参加されることをお勧めします。

   

   

CS60と好転反応

  

私は、調子よくなるだけのことがほとんどで、好転反応のような痛みが数日続くことはまずありません。

唯一好転反応が出たのは、本部の島崎先生のときだけでした。

    

CS60講習4回目

ですが、島崎先生の場合、最初ソフトに始まるのですが、やがて針で一点を突き刺すような、激痛が走り始めるのです。

まさにプロレスラーが、マットを叩いて、やめてくれ、とギブアップするような事態が施術中継続して勃発したのです。

   

施術を受け慣れてくると、あちらこちらでサロンをジプシーされると、その違いがよく判るはずです。

それもまた、CS60で施術を受ける楽しみというか醍醐味でもあるわけです。

     

 

ひどい好転反応が出にくいカラダにするには?

 

では、強い好転反応ができるだけ出ないようにするには、どうすればいいのでしょうか。

   

施術を受ける側の体のコンディションがよければ、好転反応が出る確率はそれだけ少なくなるのではないか?

筆者は、そう考えています。

      

そのための即効性のある方法ではありませんが、何といっても、やはり毎日の食事の改善が基本になるのではないでしょうか。

ですが、食事だけで必要な栄養素を十分に摂取するのは至難の業です。

 

人間は肉食動物です。

そのため完全食品であるや、タンパク質の豊富な肉を十分に摂取する必要があります。

 

とはいえ現実には、それを実行できている人は少ないはずです。  

ですが、必要に応じてプロテインやアミノ酸、ビタミン類などのサプリメントで摂取することで、毎日の食事内容をパーフェクトに近い水準に近づけることができます。

  

糖質制限の効果をパワーアップする方法で書いていますが、まずどのような栄養素が不足しているのかを突き止めることです。

  

supplement.jpg

キッチンのサプリメントゾーン

カミさんから邪魔にされていますが・・(笑)

 

加齢とともに不足するであろうプロテインなどの栄養素をここで補うわけです。

そして、時には一日断食をやったりしながら調整します。

  

今の食事が未来を引寄せるのです。

CS60の効果を高めるためにも、食事は大事ですぞ。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(1)

詳しい解説ありがとうございます!
好転反応がひどく出ないように日々の食事を見直してみます。
cs60の施術方法もそれぞれ人によって違うのですね。なんとなくみんな同じなのかと思っていたので2件目のサロンの時はとまどいました。
自分に合うサロンを見つけるという考え方はサロンジプシーをする後ろめたさがなくなるのでいいですね。

コメントする

2019年7月

« 前月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ