98歳父のプロテイン摂取作戦

コメント(1) (0)

dad.jpg

     

    

介護老人ホームに入所している父は、ここ1か月ほどの間、食が進まなくなっているという。

ヘルパーさんいわく、半分くらいしか食べないことが多いらしい。

   

気をつけたい「高齢者の低栄養」

  

栄養の摂取量はシニアの健康状態によって異なるが、厚生労働省発表の「食事摂取基準(2015年版)」によると、70歳以上のシニアは「BMI(体格指数)」を「21.5~24.9」に保つのが望ましいとされている。

BMIの計算方法は、「体重(kg)÷{身長(m)×身長(m)}」。

この計算式で求めたBMIが「21.5~24.9」に収まっていれば食事量は適当。

  

「お歳がお歳ですから老衰でしょうか・・」ということだったが、現在の体重は36キロ前後。

食事の週間メニューを見ると、圧倒的にタンパク質が少ないが、まあどこでもこんなものだろう。

    

parking.jpg

   

こうなったら、何とかしてプロテインを飲ませなくては・・

というわけで、iHerb で2種類ほど、錠剤のプロテインを見繕ってみた。

   

だが送られてきた錠剤は、とにかくでかい。

ピル・クラッシャーもアマゾンで購入したのだが・・

 

aminoacidtablet.jpg

 

ヘルパーさんが試しに、砕いて飲んでみると、とても飲みにくいという。

錠剤だと味がないしねえ。

 

なので二の足を踏まれているようで・・まあ仕方なし。

   

だがプロテインパウダーだと、毎食事ヘルパーさんがプロテインドリンクを作らなくてはならない。

なので、錠剤の方が手間がかからないだろうと考えたのだ。

  

困ったなあ・・

というわけで、施設長さんに相談してみることに。

  

すると、何と施設長さん(男性)は普段からプロテインを飲まれているという。

ワオ!ラッキー!

  

というわけで、当然タンパク質の重要性はよくご存じだ。

ビーレジェンドの話で盛り上がったりして、強力な追い風であります。(笑)

     

ビーレジェンド管理栄養士、布目さんと対談しました

 

施設長さんにはヘルパーの方に、負担をかけまいと、錠剤にしたのですが・・と経緯を説明。

   

ヘルパーの皆さんには、手間をおかけしますがが、よろしくお願いします、とまずは

ビーレジェンド ホエイプロテイン お試しパック 29g 7種セット

スタンダードセット (ナチュラル+チョコ+りんご+バナナ+パイン+キャラメル珈琲+ベリー)  

  

の中から、父が気に入った味のものを探すことになり、さっそく注文。

  

施設長さんいわく、「まずはお父さまに飲んでいただけるかどうかですね。」

御意!

  

 

プランB

 

飲んでくれない場合の「プランB」も一応用意。

パウダーをホイップクリームと豆乳で割ったものを製氷機で凍らせた、アイスプロテインを作り冷凍保存。

 

1週間分を作って届けるという作戦だ。

だけどそうなると、手間がかかるよなあ・・(笑)

   

おまけにヘルパーさん曰く、父は冷たいものは、好きじゃないという。

だけど、いざとなったら、背に腹は代えられないからねえ。

  

1週間後。

   

ヘルパーさんに話を伺うと、お試しパックの1袋サイズ(29g)を一日1袋飲んでくれるという。

36キロの体重だと一日36gなので、最初からこれだけ飲めれば御の字だ。

 

ヘルパーさんたちも味見されたようで「意外においしいですね」と好評だった。

よかったあ!

  

いやあ、肩の荷が下りました。

  

D3carwash.jpg

気分がよかったので帰路は燃料補給がてら、久しぶりの洗車。

だがホイールのブレーキダストは、拭き取らなくてはならない。

しかし、炎天下の作業は暑かった・・(笑)

  

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(1)

お父様のお口に合って良かったですね!

コメントする

2019年7月

« 前月 翌月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ