アスパルテームは何故認可されたのか?

コメント(0) (0)

最も論争を呼んでいる人工甘味料

aspartame.jpg

アメリカの医学関係者の間では頭痛、吐き気、心臓病、精神不安定、、等数々の副作用が多く、アスパルテームを気軽に摂るのは危険という意見が多い。

では何故こういうものが認可されたのだろうか?

 

FDAによる承認課程では最初にアスパルテームを承認しなかったJere E. Goyan(FDA長官在任期間1979/10/21 - 1981/1/20)はロナルド・レーガン大統領が就任した直後にFDA長官を解任されている。

後任のアーサー・ヘイズ(FDA長官在任期間 1981/4/13 - 1983/9/11) は翌年にアスパルテームを承認。

ヘイズは直後の1983年に辞任、人工甘味料製造会社「G. D. Searle & Company」に就職。

「G. D. Searle & Company」はNeutraSweetの商品名でアスパルテームを販売し、同社CEOのドナルド・ラムズフェルドと共に莫大な利益を得ている。

  

三好基晴医師(ホスメック・クリニック院長)が興味深い資料を示している。

アメリカ・ノースイースタン・オハイオ大学のR・G・ウォールトン医学博士が全世界のアスパルテームをめぐる論文を検証したもの。

アスパルテームをつくっている企業から研究費をもらった74論文で「脳腫瘍などの有害性」の指摘はゼロ。

すべて「安全である」の結論。

企業から研究をもらわない90論文では「脳腫瘍などの有害性を指摘」は83論文。

「安全」は7論文。

 

京都府立大の北條康司助教授(食環境安全性学)によると「アスパルテームを毎日1回投与したマウスと水だけを与えたマウスを比較したところ、形が正常で直進する「元気な精子」の率は、水だけのマウスが平均25%だったのに対し、投与したマウスは16%前後しかなかったという。

しかも動物に影響がないとされるレベルの1000分の1の量で精子に障害が起きているのだ。

同じ哺乳類の人間の精子の場合にも、ごく微量で影響が出るだろうということは予測できるはず。

教授は早急に使用基準を設けるべきだと提言している。

アスパルテームはこれまでにも消費団体などが頭痛やめまい、脳腫瘍などの危険性を訴えてきたが、厚生労働省では「問題ない」と許可している。

食品添加物の危険性

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2012年3月

« 前月 翌月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2012年3月

月別アーカイブ