テーマを増やせ

コメント(0) (0)

面白い日記というのは、書く技術がなくても、知識として面白さを知っていさえいれば、書けるものなのでしょうか?

その前に、ブログや日記が面白いかどうかを知るための、いわゆる検証する技術が必要になります。

その手立てとして、アクセス解析や、コメントやペタの数をチェックするわけです。

 

 

どうせ書くのなら、読んで面白いと感じるものを書きたいですからね。

ただ、面白い日記がどういうものかを、知識として知っているだけでは、面白い日記を書けるようにはなりません。

面白さにはいろいろな種類があります。

 

読む動機も人それぞれ、書き手の魅力も多岐に分かれるわけです。

 

日記を定期的に読みに行く場合、必ずしも書き手に興味があるから、というわけではないでしょう。

書いてる人がどのような人なのかは殆ど知らなくても、内容さえ面白ければ読みたいと思うわけです。

そしてそうした積み重ねが、書き手への興味へと繋がってゆくことになります。

それが書き手の魅力となるわけです。

 

面白いと感じる日記を書くには、ある程度の技術が必要です。

時々、面白いモノを書くことができても、毎日コンスタントに書くためには、ある程度の技術がなければ書けないはずです。

私は少なくとも一日3つは書きますから1か月で100本は書いていることになります。

 

面白くない日記というのは、いつまでたっても人気のない、客のあまり来ない店のようなもの。(笑)

メニューに魅力がない、味付けがまず、読んだあと立ち去るときの気分がよろしくないない、などと原因は様々です。

さらには、こうした「魅力のなさ」に加え、書き手の問題として「需要のないテーマ」を選択しているケースが多かったりするもの。

テーマ自体が面白くないと、読んでもつまらないし、ためにもならないし、つまりは得るものが少な過ぎることになり、また読みたいと思わなくなるわけです。

    

そうなると自分がなぜ書くのか、という理由がよく判らなくなってきます。

まあ、単なる落書きだと思えばいいのかもしれませんが、そうなると書きたいというモチベーションが湧かなくなってしまうはずです。

自分の為に書き、自分の考えを並べなおし、メモするだけの日記が、なかなか続かないのは、こうした心理的な理由があるからだと思います。

    

書く対象となるる素材や題材の選択は、とても大事な部分です。

私のテーマは、16分野に分けていますが、素材を選択するとき、ネタがないときは特にですが、この16分野にザッと目を通すことにしています。

書きたい、あるいは書くネタがあるのは、どのテーマなのかを決める際に、テーマとその記事数は意外と役に立つものです。

 

テーマは自由に増やしたり、減らしたり、変更することができるはずです。

考えすぎると決まらないので、とにかく10分野くらいに、まずはテーマを分けてみる。

ダメならあとでどうにでもなります。

 

テーマが余りにも少ないと、話題が偏り、日記全体が単調になります。

目先を変える。

これはとても大事なポイントではないでしょうか。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2012年8月

« 前月 翌月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2012年8月

月別アーカイブ