難しいマーケットでどう勝つのか?

コメント(0) (0)

最近のナスダックマーケットは、なかなか難しい動きが続いている。

直近での難しさは、今月末のバーナンキFRB議長の講演結果待ちのため、マーケットメーカーが積極的には動かないからだ。

米国ナスダックマーケット28(火)で概要を掲載している。

だがこういう難しいマーケットで手堅く勝てるかどうかだ。

トレードフロアのトレーダー達はなかなか良い仕事をしてくれている。

たとえば彼だ。

前回も紹介したが、彼のよさは、デコボコがあまりないという点だ。

負けが非常に少ないのだ。

この日のトレードは Executioner Internal という内部ブログへアップされているが、下記はその転載だ。

image

◆総括

・オープニングから方向感がないマーケットだったので、早めにロスカットしていった。Unshortableが多かったのであまり仕掛けず、終盤ロングトレンドに切り替わったところで、Panlにうまく入れたのが良かった。反省箇所は、単発エントリーが多いこと。他、候補がなかったか要検証。



◆相対比較

 <39/3> Hold 0 / Total -33

image

■判定
先物に方向感がなく、単独エントリーだったので、反転してきたところで途中脱出。

■結論
昨日のマーケットでは粘らないのが正解だった。

■脱出後のチャート
image



<45/5> Hold 0 / Total -113

image

■判定
先物・指数が236を超えるかという位置だったので、Longを仕掛けたが抜きそうになかったので、途中脱出。

■結論:OK

■脱出後のチャート
image

image

■判定
SNDKと同様に仕掛けたが、上に行きそうになかったので、マイナスになる前に脱出。

■結論:途中脱出で正解だった。

■脱出後のチャート
image



<60/10> Hold 0 / Total -146



image

■判定
Unshortableが多い中で仕掛けたが、もみ合ってすぐに反発してきたので途中脱出。

■結論
判定はOK。ただ、複数でエントリーできないのなら、仕掛けないほうが良かった。

■脱出後のチャート
image



<09/13> Hold +60 / Total -146

image

■CL記入:△△

■判定:ホールド

■結論:OK



<12/14> Hold +180 / Total -146

image

■CL記入:○○

■判定:ホールド継続

■結論:OK



<15/15> Hold 0 / Total +344


image

■判定
1分足で陰線になりかけたところで利益確定

■結論
伸びる銘柄が少なかったので、確実に利益を獲る方針で正解だった。

■判定時の1分足チャート
image



いかがだろうか。

最初のユニットでの負けを出来るだけ抑え、その後のユニットで手堅く獲っている。

2ユニット目の3銘柄の手仕舞いの位置も、手堅くルール通り。

言うのは簡単だが、コンスタントに「できる」トレーダーは、なかなかいないのが現実。

彼のトレードを継続して見ているが、一時のスランプを乗り越え、ここまで到達するための努力は並大抵のモノではないはず。

実運用チームへの参加へ、最も近いポジションに位置する優秀なトレーダーだといっていいだろう。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2012年8月

« 前月 翌月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2012年8月

月別アーカイブ